修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

修理屋さん動画 はじめました

2017.04.11 (Tue)
時代は動画配信だ!というわけで、動画にて簡単な作業など公開でもしてみようと修理屋ちゃんねる(?)を開設してみました。
評判がよければこれからも続けていこうと思いますし、評判が悪かったり、気が向かなかったりすれば即やめます。。

記念すべき第一回目、【オイルシールの抜き方】
比較的問い合わせ、質問が多いヤツです。

モーターガイド、ミンコタともにモーター部のプロップシャフトの付け根部にある、防水用のシールです。
新しい状態のよいものなどは比較的取り外ししやすいですが、古い物などになると少々コツと工具がないと作業が進まないと思います。
そのあたりについても惜しげもなく公開しておりますので、DIY派の方はぜひご覧になって、

「たいへん参考になった!」

とか

「こんな程度じゃ満足せんぞ!」

など、感想を聞かせてくださいな。

今日の作業 モーターガイドTE782アナログ

2017.04.02 (Sun)
いつもお世話になります、某ショップオーナーからのご依頼。
年季の入ったアナログツアーTE782V、急に動かなくなったとのことでイヤな予感がしますが、とりあえずお預け頂き作業です。



この写真だけで、おや?となった方は中級者。

動作不良の原因はこちらにありました。







モーターの回転子、アーマーチュアコアに電気を送るブラシの片方、ブラシをアーマーチュアコアのコミュテータに押し付けるスプリングが焼きが入って縮んだままになり、ブラシとコミュテータとの間が接触不良になってました。

比較的レアなケースですが、過度に使いすぎたりしますとこうなることがあります。

やはりエレキは半分から上の高出力で長時間使い続けるのはよくないですね。

最近のお仕事 三連発

2017.03.25 (Sat)
お買い求め頂きましたウルトレックス80、アルミボートでお使いになるとのことで、フロントデッキ真下のバッテリーまで、ビミョーに足りないバッテリーケーブルの延長加工をご依頼頂きました。



ペダル裏のプレートを固定するビスと、コントロール基板固定用のビスのレイアウトも、旧モデルから少しだけ変更されてますが、基本的には同じ。







基板周りの電源の入出力も旧モデルと基本的には同じ、ウルトレックスには各種センサーが追加されてるのと、ステアリングサーボモーター用の小出力の電源出力が追加されてます。

なので、電源ケーブルの基板からの交換についても、旧モデル同様、お好きなように加工が可能です。

完成写真、撮り忘れました…。


続いてこちらは旧モデルとなってしまったフォートレックス。



少し小さめのバスボートでお使いになる、バウも浮きが少なくシャフト長を短くしたい、とのことで不可能を可能にするのが当店です。



ヒジョーにビミョーなシャフトレングスな、38インチ。


最後はいつものレンタルローボートユース。
ナイスチョイスなモーターガイドX3-70ポンド。



関西代表レンタルローボートレイクである津風呂湖でお使いになるとのことで、シャフト長33インチへカット。



電源ケーブルは最近人気の専用コネクタ仕様。
エレキの持ち運び時にケーブルがかさばらず、よりスマートに。
しかしコネクタから先のケーブル自体を忘れてしまうと釣りができませんので、ケーブル自体はバッカンなどに必ず忍ばせましょう。


マウントとバウデッキも定番のウルトラショートX3マウント+サウザーショートバウデッキ。





フルカスタムでご注文頂きました。
ご利用頂きましたお客様方々、誠にありがとうございました。

ミンコタエレキ本体各種入荷しました♫

2017.03.21 (Tue)
久しぶりの雨天となった大阪、本日はエレキ本体やパーツの入荷からスタートです。






皆さんお待たしてますウルトレックスですが、今回は24V80ポンドの52インチが入荷です。
早速検品と動作確認しまして、発送いたします。




今回はめずらしいモデルも。



RTテローバi-Pilotのシャフト長72インチ!
ウルテラではなく、手動でマウントへの上げ下げを行う旧タイプですが、こちらも2017年モデルから嬉しい新機能が追加されてます。



見慣れないこちらの部品、中にゼンマイ状に金属のプレートが内蔵されてます。




プレートはシャフト上の溝に這うように伸び縮みするようになっております。

これは何のため?と言いますと、重たいエレキの上げ下げ時に、金属のプレートの巻き込む力を利用し、上げる際のモーターの重さを軽減させる仕組みです。




80ポンドクラスならまだ重たさもガマンできるレベルですが、今回のような112ポンドはモーターのサイズも爆弾のように大きく、そして重量も筋トレレベルの重たさ。。アメリカ人でも音を上げたんでしょうね。
こんなゼンマイなのに意外なほど、重たさを軽減させてくれてますよ。



ハミンバード2017Newメガイメージ

2017.03.18 (Sat)
滋賀県にありますセブンパームスさんとハミンバード正規代理店の岡田商事さんの、ハミンバードメガイメージ魚探実演会にお邪魔しております。

会場はセブンパームス能登川店ウラの井関貸し舟店さん。



今シーズンの大雪で壊れた桟橋も、立派に復活!


メガイメージですが、従来までのサイドイメージモデルで使われている、455/800キロヘルツという周波数帯からさらに上の、1200キロヘルツという高周波帯を使う、まったく新しいサイドイメージが登場したということです。




周波数帯は従来型の455/800キロヘルツとメガイメージの1200キロヘルツとを切り替えして使用できます。

メガイメージである1200キロヘルツ時と、従来型の455/800キロヘルツとで、同じ対象物を写した際の違いはかなりハッキリしてました。


よく言われる、メガイメージは魚がサカナの形に映るという話。







ちょいとボートを流しただけで、こんなのが映りました。





« Prev  | HOME |  Next »