修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

【バサクラ2017展示します】 ハイガーハイパワーハンドコン 各種カスタムについて

2017.09.26 (Tue)
この度、ハイガー産業株式会社様のエレキHS-50710-90の取り扱いを行うことになりました。
TOP50弥栄ダム戦で火が付いた、アレです。

hs-50710-100_3.jpg


メーカーHPはこちらをクリック

前回アップしました、ハイガーの特徴についての当店ブログはこちら


今回はノーマルモデルではイマイチ使い勝手のよくないハイガーHS-50710-90のカスタムについて。

従来より販売を継続してますモーターガイドのFWシリーズ82ポンド/105ポンドハンドコンモデルには、二機掛けリア専用としてフロントデッキから前後進とON/OFF制御が行えるリモートコントローラー仕様を製作、販売をしてきました。
レンタルローボートやアルミボートのトランサムに取り付けしたハイパワーハンドコンと、フロントにつけたハイパワーフットコンを二台同時に動かし、二台の出力でより高速で移動を行うというかなり極端な使い方ですが、主にトーナメントに参加されてる方など一部には非常に当たり前の仕様です。
今回のハイガーについても同じように、こういったリモコンを設けて離れたフロントデッキからリアのハイガーを動かして使えるよう、カスタムが可能です。


リモコンの形状は従来のMGシリーズと同じタイプ。

IMG_7578.jpg

ON/OFFスイッチがあり、OFF時はスロットルダイヤルを回してもエレキは動作しません。
移動を終わり、釣りをしている最中に誤ってダイヤルがフルスロットルになると危険ですので安全のために設けております。

ダイヤルはF(フォワード)で前進、R(リバース)で後退、変速についても無段階変速となります。


リモコンと本体の接続はハイガーのヘッドカバー形状からここしか場所がありません。

IMG_7580.jpg

従来のモーターガイドの時はいわゆるメタコンでしたが、今回は樹脂製の少し凝ったタイプにしました。
差込と抜く際に、ネジを回してロックする方式ではなく、クイックロック式。
その上防水/防塵というタイプです。

IMG_7579.jpg






シャフトカット加工についてももちろん可能です。
元々が約36インチ弱の物ですので、特に加工しなくても不便ではないと思いますが、少しでもコンパクトに、と言う場合は30インチ程度までカットすればかなりサイズが変わりますよ。
一般的なレンタルローボートであれば30インチで十分ですし、先日使ってみたアルミボートパントでも、30インチぐらいがスロットルバーの高さがちょうどいいと思いました。
おそらく標準のシャフト長だと、モーター部がいい高さにセットするとスロットルバーはリアの浮力体に座った操船者の頭の位置辺りに来ちゃうでしょうね。
普通の船外機、リアハンドコン用としてお使いの方にもこれはおすすめのカスタムです。


あと、これは従来のモーターガイドなどではなかった点ですが、ハイガーハンドコンはスロットルバーがかなり長い設計です。
これも普通のハンドコンとして使う場合はかなり邪魔になるケースがあると思いますので、シャフト同様にスロットルバーもカット加工が可能です。
標準長と、MAXまで短くしたものとではこんなにも長さが違います。

IMG_7605.jpg

IMG_7604.jpg

IMG_7603.jpg

これまでのMGやMKのハンドコンのように、スロットルバーは伸縮はできません。


最後に写真などはありませんが、主にアルミボートなどで使われる方向けに、二機掛けリア用と、普通のハンドコンとして使う用とでリモコンとスロットルバーとを併用できる仕様もカスタム可能です。

移動時には二機掛けリア仕様で。
トレーラーランチング時には普通のハンドコンとして。


と言う風に切り替えスイッチを介してリモコンとスロットルバーとを、どちらもお使いになれます。


その他、現在検討中&テスト中なのが、レンタルローボート向けのフロント二機掛け仕様です。
物理的には可能であることは分かりましたし、取り付けできるフットコンマウントも判明しました。
興味のある方はぜひご相談ください。

IMG_7606.jpg


そして最後に、これらのカスタムを施したハイガーハイパワーハンドコンHS-50710-90を、今週末開催されますBasser Allstar Classic2017へ展示いたします。
普段当店商品を販売いただいておりますハーツマリン様出展ブース内にて展示いたします。
当店も例年どおり、お手伝いに2日間とも常駐いたしますので、ぜひご来場の際はお立ち寄り頂ければと思います。

おそらく関東圏では初めての展示となるハイガーHS-50710-90です。
その他、バサクラ出展についての情報は、もうあんまり日数がありませんが後日アップしたいと思います。


いち早く情報をお届けしてるのは当店facebookページ♪いいね!よろしくお願いします
ブログに掲載してないような小ネタも満載です♪



お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします

新規取り扱い開始! ハイガーハイパワーハンドコン

2017.09.21 (Thu)
この度、ハイガー産業株式会社様のハイパワーハンドエレキHS-50710-90の取り扱いを行うことになりました。
TOP50弥栄ダム戦で火が付いた、アレです。

hs-50710-100_3.jpg


メーカーHPはこちらをクリック

スペックを簡単に説明しますと、

24V電圧入力
出力1200W(二馬力相当)
最大消費電流量 50A
推進力 100ポンド
シャフト長 約36インチ


もちろん無段階変速というエレキです。
実際に使用してみた感触で言いますと、モーターガイドの24V82ポンド相当か、それより少し上か、と言う感じです。

先日、釣り場で試した際の動画です。




この時はテストメインではなく、釣りメイン笑
よってタックルはフル満載、おっさん二人乗りの12ftパントにフロントにTR82、リアにハイガー。
バッテリーのみ、横着してボイジャー105Aを2台という、ほぼほぼ実際の釣りでの状況です。
おっさん二人に二機掛け操船など無謀極まりなく落水間違いなし、不可能ですので、この動画の際フロントのTR82は動かすことなく船内に引き上げた状態。
つまり普通の船外機のようにリアのハイガーのみを動かして7.8km/hで巡航できました。なかなか優秀ではないかと思います。



特徴として挙げられます点をいくつか紹介します。

■小型ブラシレスモーターである
最近何かと話題になる、ブラシレスモーター。
ハイガーのエレキはただのブラシレスではなく非常に小型のブラシレスモーターを使っております。
モーターが大きいと電力消費が多くなるだけではなく、エレキ自体の重量も重くなり、船足が遅くなる、持ち運びが不便になるなどします。

■遊星ギア駆動のモーターである
小型化したモーターの出力を補うのが、モーター内にある遊星ギア。
これまで私どもで見てきたエレキにはない、ギア駆動のエレキです。
これまで市販されてきたエレキはすべて、モーターのアーマチュアコアの軸に直接プロップがつき、アーマーチュアコアの回転:プロップの回転が1:1でした。
ハイガーの本モデルは、ギア駆動式になり、この駆動比が異なる上に、ギアが出力とトルクを補う設計となってます。

■モーターハウジング内に水を取り込む水冷式である
モーターの致命傷となりがちな発熱を、これまでにない方式で冷却する方式です。
正確には、ブラシレスモーター自体は水に直接触れない位置にありますが、上記の遊星ギアが収まるボックスについては直接水が冷やすよう、モーターハウジング側面にインテークが開いてます。

■そして何より価格が安い
エレキ本体の価格がメーカー定価73800円税別。
これまで販売してきたモーターガイドの24V82ポンドの約半額程度です。


これまでもモーターガイド、ミンコタ以外のメーカーのエレキは数多く存在してきましたが、こちらのハイガー製エレキのいいところは、メーカーがパーツ供給をしっかり約束してくれているところです。
実際にイジワルで何度か部品を注文してみましたが、基本的な物はすぐに送ってもらえましたし、在庫のない物についても手配してもらえました。

本日より、在庫販売を開始いたします。


次回は、このハイガーHS-50710-90のシャフトカット、二機掛けリモコンなど各種カスタムについて紹介します。



いち早く情報をお届けしてるのは当店facebookページ♪いいね!よろしくお願いします
ブログに掲載してないような小ネタも満載です♪



お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします

絶版モデル用のプロップ入荷

2017.09.07 (Thu)
今でも年に二回ほどは問い合わせのある、20年以上前のミンコタのプロップ。

もちろんメーカー廃番だったのが気がつくと復活してるみたいで注文できるようになってました。



バニッシングプロップという名称のもの。
当店オンラインストアにアップ完了しており、適合モデルも記載してあります。
お困りの方、ぜひご利用ください。

当店オリジナル ウルトラショートマウントシリーズの入荷予定、在庫について

2017.08.29 (Tue)
当店オリジナル ウルトラショートマウントシリーズですが、一部のモデルを中心に長く欠品が続いておりご迷惑をお掛けしております。
今日現在の在庫状況のご報告と、新たにラインナップに加わったモデルの紹介をいたします。

まず在庫状況と、欠品中のモデルの入荷予定です。

ウルトラショートX3マウント →欠品中、9月14日ごろ極わずかな台数が在庫が入荷予定
ウルトラショートエッジマウント →欠品中、9月14日ごろ複数台在庫が入荷予定
ウルトラショート21ゲーターマウント →在庫あり!即納可能



人気のX3モデルはいつまで経っても欠品中・・・作っても作っても、入荷までに予約で売れてしまいます。
次に人気のミンコタエッジモデルについては次回9月頭の入荷分でしばらくは在庫を維持できそうです。
X3/5系となったモーターガイド現行フットコンは、ミンコタフットコンとアウターチューブ径が同一になりましたので、実はエッジモデルが使えるという裏技もあります。


そして、少し前には実用化してましたが、X5マウントについてもウルトラショートモデルを販売開始しました。

USX5-1.jpg

こちらのモデルも、X3モデルやエッジモデルと同じく、マウント全長を500mm以下、バウデッキ取り付けベース部全長を300mm以下とし、市販されてますショートバウデッキにマッチするサイズとしております。
単品販売はもちろん、当店でX5-80/105をお買求め時に新品OP扱いでウルトラショートモデルをご用意もいたします。

本日現在、複数台の在庫がございますのでよろしければご利用ください。

→当店オンラインストア ウルトラショートシリーズカテゴリへGO!

お盆休みのお知らせ & ウルテラトリムモーター交換

2017.08.09 (Wed)
お盆休みのお知らせです。

当店は11日金曜から15日火曜までお盆休み休暇を頂きます。
この間、通常業務は行っておりませんが、当店オンラインストアからの通販利用については頂けます。
ただしご利用頂いた商品の発送業務は16日以降となりますのでご了承ください。

10日午前中までの通販ご注文分については10日中に発送いたします。


さてさて少し前になりますが、高級エレキ、ウルテラの修理をご依頼頂きました。

IMG_7424.jpg

国内で販売されてない並行輸入品モデルにもかかわらず保証つき販売を謳っている不思議なショップさんから購入されたというお客様。
購入後10回ほど使って動かなくなったとのこと。

このモデルのウィークポイントである上下架制御をしてますハウジングのモーター焼きつき、浸水が原因でした。
IMG_7425.jpg

当店なら部品在庫がございますので、すぐに対応できます。
IMG_7426.jpg


お客様には保証があるお店のようだし、購入店で保証修理されたほうがいいのでは?とアドバイスしたのですが、ショップからの返答は本国へ送り返しての修理になるので何ヶ月もかかる、送り返す送料も高い、との返答だったそうで。
なかなか意味不明な感じですね、お客様にとっては気の毒で痛い出費でしたでしょうが、勉強代になったのではないかと思います。

ウルテラのトリムモーターハウジングも在庫せずに売りっぱなしにするようなショップ。
他の商品の説明だと、取り寄せも2週間ほどでできる、と謳っておきながら買ってもらったエレキの返送には時間がかかる?
ウソデタラメの商品説明でユーザーを騙して、て詐欺同然じゃないですかね。
« Prev  | HOME |  Next »