修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

Gフォースハンドル 取り付け要領

2012.09.19 (Wed)
先日入荷しましたGフォースハンドル
思っていたより案外品質がよく、特にバスボート乗りの方など
大型エレキの上げ下げでロープが傷んで、プッチン!に困られてる方には
定着しそうな商品です

GF_01.jpg

航空機グレードのステンレス編込ワイヤーに樹脂コートされた、
丈夫でしなやかなロープ
手のひらにフィットするハンドルとの組み合わせは文句なしです

取り付けについて問い合わせがありましたが、元々マウントについてる
ナイロンなどのロープは、マウント内部に「結びつけて」ありますが
Gフォースハンドルは違います

ロープ終端にボール状の突起があり、これがマウント内部のロープを
結ぶ穴に「引っかかってるだけ」です

ですので面倒な結びつける作業などは一切ございません


とりあえず既存のロープからの交換要領を写真で説明しますので
ご心配な方は参考になさってください


1.マウントを用意します
写真はMGの21ゲーターマウント
できればエレキ本体はマウントから外した方が作業し易いです
ロープ終端がマウント内部の部品に結ばれてるところを確認します
GF_02.jpg

2.ロープをほどきます
おそらく固く結んでありますので、ラジオペンチやプライヤーなど
用いて徐々にほどいてきます
GF_03.jpg

3.ほどき終わった状態
ここでロープを抜いてしまわないよう、写真の状態でとめます
GF_04.jpg

4.Gフォースハンドルを用意します
ワイヤーの両サイド終端を確認します
片方は何もありませんが、もう片方はボール状の突起があります
突起がある方がマウント内部に引っかかる方になります
GF_05.jpg

5.ワッシャーを通します
付属部品からワッシャーを用意し、ワイヤーに通して
ボール状の突起まで移動させます
ワッシャーとボールがマウント内部のロープを結ぶ部品の穴へ
引っかかっるような仕組みです
GF_10.jpg

6.太めのナイロンラインを用意しワイヤーへ結びます
ワイヤーの何も付いてない終端から約3mmほどの所へ
太めのナイロンラインを結びつけます
GF_06.jpg

7.ナイロンラインの反対側を元のロープへ結びます
3.でほどき終わった元のロープの終端へ、ナイロンラインの
反対側を同じように結び付けます
この状態で、元のロープとGフォースハンドルのワイヤーとが
ナイロンラインを通じて結ばれた状態となります
GF_07.jpg

8.元のロープをハンドル方向へ引き抜きます
いよいよ元のロープとワイヤーとを入れ替えです
ロープを引くとナイロンラインがマウント内へ引き込まれ、
ワイヤーもマウント内へと引き込まれます
GF_08.jpg

GF_09.jpg

9.ラジオペンチ、手を用いて押し込みます
ロープを結ぶ穴付近など、ナイロンラインの引き込みだけでは
どうしても通しにくいです
適宜、ラジオペンチや指で押し引きして通します
GF_11.jpg

GF_12.jpg

10.ワイヤーを完全に引き抜きました
ここまでできればほぼ完成です
GF_13.jpg

GF_14.jpg

11.ハンドルを用意します
ワイヤーの終端をハンドルの中央穴へ通します
GF_15.jpg

GF_16.jpg

12.付属の固定用部品とイモネジ、六角レンチを用意します
ハンドル内を引き抜いたワイヤー終端へ写真のように
部品とイモネジをセットし、六角レンチでイモネジをしっかりと
締め込みし、部品がワイヤーから抜けないように固定します
写真はまだイモネジが締め込みされてません
GF_17.jpg

GF_18.jpg

GF_19.jpg

13.固定部品を格納する
ハンドル部には写真のような固定部品を隠すホールがあります
ここへ部品を隠します
GF_20.jpg

GF_21.jpg

14.晴れて完成!
GF_22.jpg


面倒といえば面倒ですが、簡単といえば簡単な作業
私どもでカメラを撮りながらでも約5分ほどの作業でした
スポンサーサイト