修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

フィッシングショーOSAKAへ行ってきました

2012.02.04 (Sat)
昨日金曜はフィッシングショーOSAKAへ見学へ行って参りました
参加各社が2012年の新商品を軒並み展示してるとあって、気になる方は
本日土曜と明日日曜、南港インテックスへGOですよ

当店はと言いますと、マリン系各社の展示をざーっと見学して二時間ほどで
目的は達成、あとは顔見知りや東京方面からのお客さんと話し込んで
結局朝~終了時間まで一日現場へ、そして夜は利根川のハーツマリンさんが
市内にお泊りとのことですので軽く晩御飯と、一日お休みになりました

当店ブログをご覧のお客様向けの商品としてピックアップしますと
まずはミンコタ&ハミンバード正規代理店の岡田商事さんブース

CIMG0110.jpg

エレキはもちろん低出力ハンドコン~大型フットコンまでフルで展示、
人気のハミンバード魚探も新商品の1198cSIも展示されてました
CIMG0112.jpg

このクラスだけ、従来は日本語モデルが未発売でしたら今年からついに
日本語モデルが登場するそうです
(展示されてたのは間に合わなかったそうで、英語モデルでした)
しかも、よくよく見ると価格も抑え目なのがキーポイントです


国産機の代表、ホンデックスさん
バス用モデルが新型の570Cが展示されていたのと、うわさのワイドスキャンの
デモ機と振動子が展示されてました
CIMG0113.jpg

570Cは200khz専用?かな
5600シリーズの後継クラスと思うのですが、ひょっとしたら振動子の周波数が
5630などみたいに選べるのかも

また気になるワイドスキャンですが、ロランスで言うダウンスキャン、
ハミンでいうダウンイメージにあたる新機能です
残念ながらサイドスキャン、サイドイメージにあたる機能は、昨日の段階では
まだ未定のようで、今後の開発に期待がかかるところです

ワイドスキャンについては現在販売されてる840シリーズなどの内部ソフトの
アップデートをメーカーへ依頼し、専用振動子や振動子切り替えボックス
などを介して本体へ接続して使うようです
残念ながら840などであれば107kHz/400kHzと二周波使ってる片方を
ワイドスキャンの振動子で使うそうで、異なる周波数帯3つを同時に
一台の本体で使い、表示させる、ということはできないそうです

画面上への実際の写りはデモ画面しか確認してませんので何とも言えませんが
琵琶湖の代表的なポイントの実機の写りをビデオで流してるのを見る限り
ロランスやハミンなどに引けを取らない、十分満足できるレベルであると
感じました


最後にラッキークラフトブースであのスキート・リースを発見
CIMG0114.jpg

ちょっとスリムになってました
あのエリートプロに間近に会えるチャンスですよ


あ、そうそう
昨日もブログへアップしましたが、3号館うきうき広場で開催されてる
釣り具即売会の7パームスさん店舗にて、当店オリジナルシーアンカー
修理屋さんの落下傘が二日間限定特価の7000円にて販売して頂いてます
こちらもどうぞよろしくお願いします


二月末まで延長!ローランスHDSシリーズ ウィンターセール開催中!
lowrance_banners_small.jpg

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック