修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ツアーエディションのシャフトカット

2011.12.22 (Thu)
もう二年ほど前から、ツアーTRシリーズはできなくなったんですが、それまではできていた、シャフトを物理的に切断加工して短くする作業

今のモデルはシャフトの構造上、切断加工ができないので別で予め用意してます短いシャフトへ交換する作業になっていて、古いツアーを切断加工する作業も日に日に少なくなってきてますので、ここらで当店の作業精度を支えていたヒミツを公開



こちらのエレキ、切断したシャフトへ取付するピニオンギア固定用の穴がヤケに横に拡がってます

たぶん、マーキングした穴位置にドリルの刃がズレてしまっため、無理に横へ穴を拡げたんでしょうね



こんな感じでマジックで穴位置をマーキング、ドリルかボール盤でフリーハンドで切削って感じでしょうか

当店も初期の頃はこの手順で作業してましたが、ステンレス製のシャフトはドリルの刃が滑って思った位置に穴が確実に空かないことがありました


そんなバラツキのある作業ではお客さんに申し訳ありませんので、こんな治具で一発で確実に穴空けできるようにしました




ツアー初期型とハンドコン兼用でガイド穴が空いており、180度反対側にも同じ位置に穴が空いてます





ボール盤で一撃、治具ごと裏返してもう一撃、これで100%間違いない位置に穴が空きます





もう、この治具の出番は少なくなってきてますので、ここらで当店のテクノロジーのほんのわずかを公開しますね

ちなみに現行のツアーシリーズを切断加工することはできませんが、未だに切断加工しますと、エレキの機能を損なう加工になります

今のツアーは機能を強化するために切断加工できなくなってますので、その辺りもエレキを買うお店選びの指標の一つとして参考になさって下さいね
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック