修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

被せて安心♪スティックジャケットについて

2010.02.26 (Fri)
知ってる人はウヒョーで大人買い
知らない人はまったく興味ナシ

parts348.jpg

先日アップしましたスティックジャケット、ぼちぼち売れていってます
こういうカラーに嗜好性の出る商品は正直あんまり売りづらい、ちゅーか
在庫を管理しづらいので売りたくなかったんですが、レジャー大国アメリカで
考えられたこの商品を、私も含めて頭の固いジャパニーズバサーに
少しでも知らしめる力添えができれば、と思って今回取扱いをしました

「サオ買ったらカバーついてくるから、いらないじゃん」

いえいえ、ぜんぜん違いますよ
ロッド購入時についてくる、ロッドカバーとはまったく別物です

この商品は、
・釣り場までの移動時、あるいは釣り場にて
・リグったまま、リールを付けた状態のままで
・バット~ティップまでを保護して
・なおかつリグったままでも他のロッドと絡むことがない
・そして使わない時はクルクルと小さくまとまってストレージにポイ

という特徴をもつロッドカバーです
100226_1.jpg


大きな特徴点として、その素材
摩擦係数が非常に小さいナイロン?のような素材をアミこんだ生地を
ロッドのテーパーにあわせた筒状の形状をしてます
これにより、ロッドにカバーを出し入れする際にもヘンに引っ掛かるような
ことはなく、とてもスムースに出し入れすることができます
100226_3.jpg

アミアミ構造?のおかげでしょうか、ガイドがあるような部分は筒部分が
十分に拡がり、それ以外の部分は収縮するため摩擦係数が小さいのにも
かかわらず、カバーがロッドから勝手に抜ける事はありません

聞いた話では、バスボートの助手席横にななめ置きしたロッドで走行を
しても、カバーは飛んでいくことがないそうです
100226_2.jpg

とっても不思議なのですが、スティックジャケットの一番トップ部に
カシメ穴があって、自宅保管時などもここを使って壁にひっかけろ、
みたいな作りにもなっております
parts351.jpg


まだまだ一部の人たちだけのホットアイテムみたいですが、一度使うと
やみつきになるようで、一度手にすると手放せない状態に陥る
悪魔的な魅力を持つグッズですね

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック