修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

↑のズレ

2009.12.09 (Wed)
モーターガイドユーザーに意外と多いこの手のお悩み
当店への問い合わせもコンスタントに頂いております

原因としてはイロイロあるので一概には言えませんが、代表的な例として
今回のようなものがあります

まずはヘッドカバーはぐってみてください、ヘッドカバー下からビス3本
で固定されてるだけです

写真の悪い点、わかりますか?
P1020206.jpg






正しい状態はこの状態
P1020207.jpg


インジゲータの足にささる、黒いギアのついた部品
インジゲータドライブと言う部品で、別のギアと連動してモーターの
向く方向をインジゲータに伝える部品です

インジゲータドライブがインジゲータの足に差込されてるんですが
刺さりが甘くて、若干隙間があるのが上の2枚の写真を比較すれば
判ると思います

しっかりと刺さってないと、差込部がすべってインジゲータドライブが
ちゃんと回ってるのに、インジゲータがすべってちゃんと回らずに
自然とモーターの方向とインジゲータの方向がずれていってしまいます

P1020208.jpg

インジゲータドライブには写真のようにいわゆるスプライン状に
ギザギザの突起がついてますが、あまりに滑った状態で使い続けると
スプラインがナメてしまって機能しなくなります、こうなると
いくらしっかりと差込しても、滑り続ける状態になります

・新しいインジゲータドライブに交換する
・差込部を接着剤で固定する
いずれかの対応となってしまいます

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック