修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ひさびさの釣りだ~

2009.12.07 (Mon)
金曜の午後から近場の業販先へのあいさつ回り、夜には琵琶湖入りして
いつものメンバー+関東から遠征に来られた以前にお客様になって頂いた
方とそのお連れさん方との宴、そして久々の琵琶湖で土曜一日釣りと、
二日ほどお休みを頂いておりました


東日本と西日本と、距離の壁はあっても同じアソビを持つ物同士で
飲み食べ話すのは楽しいですね、ぜひ今度はこちらから遊びに行きたいです

で、土曜の釣り
私は9月以来の琵琶湖、関東からボートを引っ張ってこられた方も
ポイントなんか判りません、私の過去の記憶を頼りにこの時期の釣りを・・・

冷たい雨がシトシト降りつづける中、かじかんだ手でアタリを待つこと
約1時間半ほどでしょうか

まずは私が一発目、南湖ではディープと言える6.5mほどのボトムから
おお~バイトの出方や出るタイミングも昔と一緒や~
P1020197.jpg

同行のGRANBASS前田氏から例のエア抜き針「ベンズメンダー」借りて
エア抜きしてみる、たしかに簡単に作業できるね
P1020200.jpg

プス~ってすかしっ屁みたいな感じで簡単にエアが抜けるのが判ります
普段バスをキープしない私なんであまり気にした事がなかったんですが
今回釣った全てのバスはこのエリア、6m~6.5mほどのディープボトムへの
ジグ放置プレイでのバス、当然ボトムで食う魚なんですが、試しに
ライブウェルに魚を入れてみたところ、腹を横に向けてしまうようなことは
ないものの、魚の背中が水面から完全に出てしまうような状態、
手で背中を押して魚をライブウェルの底へもってやっても、すぐにプカンと
浮き上がってしまうのですが、エア抜きをしたところそういったことは
なくなって普通に水槽などでみかけるような魚の状態になりました


しばらく沈黙の時間が続きましたが、今度は関東から来られたボーターさん
P1020201.jpg

ナイスサイズ!なんとか琵琶湖らしい魚、よかったよかった
せっかく琵琶湖に来たんだったらやっぱこの位のサイズがないとね

今回のヒットルアーは全部P.D.チョッパーとP.D.チョッパーJrに
スイートビーバーのトレーラーで比較的ディープよりで周辺には
あんまりウィードが生えてない、でもたまにジグにウィードの元株が
かかってくるようなところでした

また遠征に来られる際はぜひ誘ってやって下さい
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック