修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

今日の作業 07.07.26 マクサム80プロ加工

2007.07.26 (Thu)
■マクサム80プロ マウント脱着加工+シャフトカット加工
さてさて今回のご依頼はプロマウントの取外し式ブラケットへの加工と
シャフトカットを同時依頼頂きました。
Minn Kota Maxxum80pro
070722maxpro01.jpg

届いた段階では当然エレキとマウントは一体のまま
とにかく重たいです、23.5kgもあるんですから
070722maxpro03.jpg

これがプロマウントのウリであるガスダンパー
エレキの上げ下げ時の負担を50%軽減できるそうです。
070722maxpro02.jpg


作業開始です。
ヘッド部を分解→ペダルからのワイヤー、ハーネス類を一旦外して
070722maxpro04.jpg

コントロールボックスとアウターチューブを固定してる3本のビスを
外せば、コントロールボックスは外せます。
070722maxpro05.jpg

コレ、エレキの高さ調整を行うカラーなんですが古いマクサムとかは
小さいのしか付いてないんですよね。
070722maxpro06.jpg


ずり落ちてくるのでアウターチューブにテープをグルグル巻きにしてる人
琵琶湖でもよく目にします。
この部品をつければ解決、取り付け簡単。もちろんお取扱いしてます。

あとはマウントからモーター+シャフト+アウターチューブをモーター方向へ
引き抜けば分離できます。
とりあえずプロマウントのガスダンパーの威力を確認。
この位置で自動停止します。

070722maxpro07.jpg

続いてエレキ本体をモーターガイドのマウントのように簡単に取り外しが
できる、ドア式のブラケットへ交換する作業です。
070722maxpro08.jpg

ブラケット一式、交換作業工賃22000円にてあなたのマクサムマウントも
取り外し式可能に!

もちろんミンコタ社純正パーツですので交換後も動作に全く影響ありません。
もう一回自動停止。
070722maxpro09.jpg


次回はシャフトカット工程と、旧マクサムで破損や故障の原因となっていた
ダメパーツからからアップデートされた対策パーツ類を紹介します。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック