修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

今日の作業 07.07.12

2007.07.12 (Thu)
■ミンコタRT55AP/PD 納品前点検
以前に掲載しましたミンコタ海用エレキ
RT55AP/PDをお買い上げ頂いたお客様のエレキを動作点検しました。
まあ、ほぼ皆無ですが初期不良と言うことも考えられなくないので一応では
あるのですが、動作のチェック、さらにヘッドカバー内のビス穴割れなどが
ないかを確認します。

そしたら…
070712RT0000.jpg

070712RT0001.jpg

判りますか?プラスとマイナスの配線を接続してる端子を覆うカバーが
不思議な破れ方してます、なんで?
まあプラス側だけなのでショートすることはこの段階では無いですけど
この辺がアメリカンなんですよね。当然接続し直してきちんと絶縁して
お届けさせて頂きました。

■ミンコタ エンデューラ55修理
スイッチ不良で作業依頼のエレキですが、モーター内部への浸水を確認。
ミンコタ自慢のモーターシャフトのベアリングもサビてしまって機能を
してない状態でした。
070712ed55.jpg

もちろん交換にて対応しました。
ミンコタは全モデルにベアリングがあるので云々…とよく聞くフレーズですが
実際のところベアリングが付いてるモデルの方が少ないです。
低出力のもの、逆に24V以上の80ポンドや101ポンドもボールベアリングでは
なくてMGと同じただのブッシュですよ。


↑訂正 07/07/22
作業しましたマクサム80はちゃんとボールベアリング付いてました。
で、調査した所、初期のマクサム101、74などでブッシュベアリングの
ものが一部ありマクサムプロが出た頃からは80、101も
ボールベアリングになってます。
訂正とお詫びを致します。


■モーターガイドFW54Vデジタル→71Vデジタルチューン
昨日のブログと同じく、大変好評の71ポンドチューンです。
0707125471.jpg

FW54VデジタルとFW71Vデジタルは基本ベースが同じモデルですので
少数のパーツ交換で54と71を互いに変更が可能です。

お使いになる環境の変化などから、12V電源の54Vから24V電源の高出力エレキへ
買い替えなど検討の方、総額27400円のパーツ代金と5000円の作業工賃にて
71Vへ改造が可能です。


昨日のブログのミンコタ70ポンドチューンとは違い、このチューンの
特徴としてはモーターサイズがまったく同一であるため、改造後の
エレキ重量が同じです、つまり54Vの時と同じ重量でハイパワーな24V電源の
モデルとなる、と言うことです。

TR82クラスはスピードもスゴイのですが、エレキ重量もかなりキツイです…


上記作業や質問などはこちらのメールフォームよりどうぞ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック