修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ご無沙汰しております・・・

2007.03.21 (Wed)
ハアハア・・・で最近とても忙しい、これもひとえにお客様あってのことと
いい方向に解釈して毎日お仕事に邁進しております。
今年は暖冬ってこともあってバスの方もシーズンインが例年より
半月以上は早いのかな?
3月に入ってから作業のご依頼が急増、ちょっと手が回らないような
状況になってましたが、先週1週間を集中作業ウィーク?にしまして
休みなく7日間作業し続けました結果、現在は通常レベルまで
落ち着きました。

最近の修理屋さんの行動をここで報告致しますと・・・
3月4日 琵琶湖へ初釣りへ
嫁の友人の旦那さんと一緒に言ってきました、この方、昨年も4回ほど
ご一緒してるんですが、驚異の50UP率を誇る勝負運の持ち主、昨年は
4回中3回、50UPを仕留めてます。
事前の情報ではシャローへ上がる前の魚のコンタクトポイントとなる
マンメイドや、その少し沖の漁礁でイイのが出てるとのこと。
特に漁礁については期待できるようなので、当日は漁礁を数箇所廻ろう!と
意気込んで出船してみたら、魚探を全て持って来忘れたことが発覚。。。

プランを180度変更して、狙いをシャローのみに絞って南湖~北湖の
代表的なスポーニングエリア付近をただひたすらジグ打ちすることに。
幸いこの日は穏やかな気候で
「昼前後にはシャローの水温もかなり上昇する?」
「ほしたら気の早いバスもシャローに差してくるんとちゃいますか?」

などととにかく全てをイイ方向に勝手に解釈しながら修行のように
ジグを打ちまくる・・・やっとワンバイト、しかし丁度携帯で喋ってる時
という運の悪さ、当然フッキングできずにサヨナラ~。

さすがに夕方になると肌寒くなってきた、しかし他に自信を持ってやれる
ことなどないのでそのままシャローを流す・・・でやっと出たのがコチラ
07hatubass.jpg

水深50センチ位のどシャロー、近づくと底は丸見えの所
3/8のアーキージグ+リアクションのスイートビーバーのちょん掛け
あ~ヨカッタ!坊主は逃れた~、やばかった!

ちなみに同行の旦那さんは残念な結果に・・・しかしこの翌週土曜の10日も
半日だけ出てやはり超シャローにて40ちょいを同じジグにて仕留めました。
このままポカポカ陽気が続けばもっと沢山のバスが差してくるに違いないと
思えるようなイメージだったのですが・・・

3月14日 岐阜のダイナランド&高鷲スノーパーク
何やら天気予報によると再び冬型の気候に逆戻りとか。
こりゃシャローに居たバスさん達は辛いだろうな、ほうほう、日本海側や
山間部ではまとまった積雪がある・・・こりゃ釣りよりボードやな。
ネットで情報を見てたら
ココに来てやっとシーズンイン?
フカフカの膝上パウダーがどーたらこーたら・・・

うむ、妄想が妄想を呼ぶ言葉の羅列やな、こりゃ山に行くしかないでしょ。
で急遽14日の平日に先輩と嫁妹の3人で出撃。
0703dyna.jpg


ダイナランドと高鷲SPは同じ山の隣同士で一部ゲレンデが思いっきり
隣接してるとこもあってネットで仕切られてるだけ。
3月に入って突然、共通リフト券なるものを試験運用を開始したと
聞いていたので少々値段は張るが共通券4500円でダイナと高鷲を行き来
してみたが、両方滑れるのにこの値段って割安に思えたんですがどうでしょ?
ぜひ来年も同じ試みをやってもらいたいですね。

んで期待通りのフカフカ片栗パウダーで転んでも痛くなーい♪
転んだら雪の粉?がプワーって舞い上がる♪
歩くとキュッキュッって音が出るような今年一番のゲレンデコンディション
を満喫することができました。

■最後に一応最近の作業
いつもご利用ありがとうございます。九州のお客様です。
TE780 アナログ→デジタル換装 その他OH
デジタル化はかなり大掛かりな作業で、写真のペダル部など、外回りのみ
残して内部の各スイッチ、各ハーネスは全てデジタル用へ交換となります。
070320TEpedaru.jpg


ベアリングなども腐食し切っていたので交換をしようと思ったのですが、
写真のシャフト中央付近のベアリングカラーをシャフトへ固定している
イモネジが見事にサビて固着してる上に六角レンチも頭に入りすらしない
状況で、別の場所からアクセス、残念ながらこの部分は部品交換させて
頂くことにしました。
070320TEkara.jpg


TEやTRなどのツアーエディションモデルは、ヘッド部とアウターチューブが
ステンのリベットで3箇所固定されてます。
リベットですので使用を重ねるうちに緩むこともあります。
アウターとヘッドを手で捻ってみて、カタカタとなってるなら要注意。
ヘッドからアウターチューブが外れてしまうようなことは起きないですが
エレキの方向を変える度にカタ、カタっとなってると集中もできないです。
今回はあまりにひどかったのでリベットの打ち直しをさせて頂きました。
070320TEribet1.jpg

070320TEribet2.jpg

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック