修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

中古エレキ 入荷情報追加【ブルート756】

2007.03.07 (Wed)
■格安!中古24Vフットコンエレキ入荷
モーターガイド ブルート756 42インチシャフト
56ポンド 12/24V切替 5段変速
20ゲーターマウント付属
新品マチェットⅢプロップ、シャーピン、ロックナット、バッテリー間
ジャンプケーブル1本

価格 48,000円(送料別)

16ft程度までのFRPボートなら充分なパワー&スピードが期待できます。
もちろんシャフト換装、延長ケーブル設置などのチューンナップで
レンタルローボートでの高速エレキ戦にもお使い頂けます。

56ポンド出力ですが、FW54などの12Vの54ポンドとは比較にならない程の
パワーとスピードです、やはり24Vモデルは違いますね。

当然すべての部位を分解、点検、マイクロスイッチやベアリング、
各シール材などの消耗パーツ類は全て交換を行い、次のオーナー様の元で
活躍できるよう作業を行った上で納品です。
元々バスボートに付いていたエレキですのでヘッドカバーなどの傷も
ほとんど無く、状態も極めて良好です。

お問い合わせはこちらのメールフォームよりお願いします。

※※※3/8更新 写真追加します※※※
お客様よりお問い合わせがあり、
「写真ないの?」ということですので写真を追加します。

ペダル部は内部配線のほぼ全て、マイクロスイッチ、ブーツを交換
モーターコアのコミュテータも研磨

070307bru1.jpg


モーター部は傷、塗装の剥がれが一部にあり
Oリング、ボルトシール、オイルシールは新品交換済み

070307bru2.jpg


ヘッド部はほとんど傷はありません、キレイです
070307bru3.jpg



■今日の作業 モーターガイドF43
お客様より、特定の速度のみ動作がなく、他の速度域は問題なく動作する、
とのことで修理預かりです。
070306MG5F1.jpg


5段変速モデルでこのような症状の場合、大抵ヘッドカバーの配線の
焼損、短絡か、写真の変速スイッチの内部焼損が原因です。
今回の場合、配線は問題なくスイッチの交換で症状が改善しました。
交換したスイッチをよく見てみると・・・
070306MG5F2.jpg


写真の配線の差込端子付近のケーブル被覆が焼損しかけてますね。
つまりこれだけの発熱が起きてスイッチ内部も焼損が起きた、と判断できます。
原因としては、やはり高速度域での連続航行、ペラにゴミやウィードが
絡んだ状態で無理やりペラを廻して航行するなどが多いです。
特にMGの5段変速モデルはペダル内部配線の焼損→不動が多いですので
5速での長時間の連続航行は避けましょう。
モデルや出力、季節によりますが、大体目安としては15分、5速で
連続航行を行うとペダル内部の各スイッチ、配線は手で触れることが
できない位、チンチンに発熱してますよ。

■ミンコタ ニュータイプシャフト&ベアリングレースキット入荷
ミンコタフットコンシリーズのウィークポイントだった、弱い弱い
コンポジットシャフトを強化する新しいキットが入荷しました。
070306newmax.jpg


特に大型のモーターのモデルでよくある、モーターの重さにシャフトが
負けて、突然シャフトがスッポ抜けるというトラブルに対応したキットです。
写真のレース部分をシャフトに差し込んで、横穴からビスで固定される
仕組みなのですが、旧タイプは皿ビス2本、それもシャフトに直接ビスを
打つ仕組みだったのが、新しくシャフトの上にカラーを挟んで、ビスを
打つようになります、ビスの本数も4本となり、より強化されてます。
070306newmax1.jpg

070306newmax2.jpg


ミンコタの大型モデル(マクサム55以上)をトレーラー等で運搬されてる方は
この部分からシャフトに亀裂やビス抜けが起きてトラブルになりやすいです。
シャフトとレースキットにて交換対応が可能です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック