修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

今日の作業 2007.2.6

2007.02.07 (Wed)
■F43 5段変速シャフト換装 30インチ化
軽量、ハイパワーでユーザーの多いF43 5段モデル。
同じ43ポンドのF43V無段と比較するとモーター部のサイズが格段に小さく
持ち運びが楽チンなモデル、さらにシャフトをショート化希望を承りました。

シャフトを換装するためにヘッド部を分解してると、
おやおや?怪しい焦げ目がありますよ・・・1速と2速を制御してる
青線の結線端子がこんなことに。
070206F4300.jpg

070206F4301.jpg


5段モデルのモーターガイド全モデルに共通なのですが、赤、青、黄の
3本のハーネスは皆プラスの極性です。
これに対して残りの黒は当然マイナスなのですが、F43等の場合、
青や黄の細いハーネスの接続端子部分の焼損が多くあります。
単独で焼損するだけならまだしも、万一この焼損がマイナス極性の黒線へ
延焼しますとショートしてしまうこともありますので十分注意が必要です。
ショートするとヘッド→ペダル→バッテリーまで全ての配線が導火線のように
シューーーーっと焼け落ちますよ。

交換シャフトパーツ代、作業工賃など含めて総額18000円となりました。

■FW54Vデジタル 54ポンド→71ポンドチューン
日吉ダムのエレキ戦に参戦するために高速化を承りました。
54ポンドでも十分速いのでは?と思うのですが、より上を目指すための
24V71ポンドチューンで対応します。
070206FW54-00.jpg

070206FW54-01.jpg

070206FW54-02.jpg


デジタルの54Vからであれば交換パーツは3点のみ、これでFW71Vと同じです。
最近多いのですが、実体の判らない(効果を実感することができない)系の
オカルトチューンも結構ですが、「スピードを上げたい」という目的なら
大型エレキのパーツへ交換することが一番確実な近道で効果も確実に体感
することができますよ。
その上でオカルトチューンすれば多少意味があるかも・・・

今回の場合、合計29900円の作業費用となりました。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック