修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

新規取り扱い開始! ハイガーハイパワーハンドコン

2017.09.21 (Thu)
この度、ハイガー産業株式会社様のハイパワーハンドエレキHS-50710-90の取り扱いを行うことになりました。
TOP50弥栄ダム戦で火が付いた、アレです。

hs-50710-100_3.jpg


メーカーHPはこちらをクリック

スペックを簡単に説明しますと、

24V電圧入力
出力1200W(二馬力相当)
最大消費電流量 50A
推進力 100ポンド
シャフト長 約36インチ


もちろん無段階変速というエレキです。
実際に使用してみた感触で言いますと、モーターガイドの24V82ポンド相当か、それより少し上か、と言う感じです。

先日、釣り場で試した際の動画です。




この時はテストメインではなく、釣りメイン笑
よってタックルはフル満載、おっさん二人乗りの12ftパントにフロントにTR82、リアにハイガー。
バッテリーのみ、横着してボイジャー105Aを2台という、ほぼほぼ実際の釣りでの状況です。
おっさん二人に二機掛け操船など無謀極まりなく落水間違いなし、不可能ですので、この動画の際フロントのTR82は動かすことなく船内に引き上げた状態。
つまり普通の船外機のようにリアのハイガーのみを動かして7.8km/hで巡航できました。なかなか優秀ではないかと思います。



特徴として挙げられます点をいくつか紹介します。

■小型ブラシレスモーターである
最近何かと話題になる、ブラシレスモーター。
ハイガーのエレキはただのブラシレスではなく非常に小型のブラシレスモーターを使っております。
モーターが大きいと電力消費が多くなるだけではなく、エレキ自体の重量も重くなり、船足が遅くなる、持ち運びが不便になるなどします。

■遊星ギア駆動のモーターである
小型化したモーターの出力を補うのが、モーター内にある遊星ギア。
これまで私どもで見てきたエレキにはない、ギア駆動のエレキです。
これまで市販されてきたエレキはすべて、モーターのアーマチュアコアの軸に直接プロップがつき、アーマーチュアコアの回転:プロップの回転が1:1でした。
ハイガーの本モデルは、ギア駆動式になり、この駆動比が異なる上に、ギアが出力とトルクを補う設計となってます。

■モーターハウジング内に水を取り込む水冷式である
モーターの致命傷となりがちな発熱を、これまでにない方式で冷却する方式です。
正確には、ブラシレスモーター自体は水に直接触れない位置にありますが、上記の遊星ギアが収まるボックスについては直接水が冷やすよう、モーターハウジング側面にインテークが開いてます。

■そして何より価格が安い
エレキ本体の価格がメーカー定価73800円税別。
これまで販売してきたモーターガイドの24V82ポンドの約半額程度です。


これまでもモーターガイド、ミンコタ以外のメーカーのエレキは数多く存在してきましたが、こちらのハイガー製エレキのいいところは、メーカーがパーツ供給をしっかり約束してくれているところです。
実際にイジワルで何度か部品を注文してみましたが、基本的な物はすぐに送ってもらえましたし、在庫のない物についても手配してもらえました。

本日より、在庫販売を開始いたします。


次回は、このハイガーHS-50710-90のシャフトカット、二機掛けリモコンなど各種カスタムについて紹介します。



いち早く情報をお届けしてるのは当店facebookページ♪いいね!よろしくお願いします
ブログに掲載してないような小ネタも満載です♪



お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします

スポンサーサイト