修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ミンコタウルテラ 初の修理and調整

2016.08.25 (Thu)
昨年からじわりじわりとキテます、ミンコタウルテラ。
主にソルトユーザーで、20ft超クラスの艇を所有される、しかもある程度高年齢層のお客様からご注文を頂くケースが多いように感じます。

なんせ高価なエレキ、今日現在の価格は36V112ポンドの72インチが480000円税別、24V80ポンドの60インチで400000円税別とさせて頂いております。
当店でも約1年ほどでそれなりの数を販売してきましたが、ついにやってきた修理のご依頼。
初めてのモデルはいつもドキドキとわくわくが交差する、複雑なキモチです。

なんとなく、このモデルの弱いところなど見えつつありますが今回はこんな状況ということで調整しつつ修理を行いました。




当店のいつもの作業台では乗り切らない、72インチシャフトのため、天井スペースの高いところでフォークの爪に固定して作業しました。




自動で上下架を行うため、不安定なバウまでイチイチ行かずともキャビンからリモコン操作でエレキの上げ下げを行えますので高齢の方も安心というのがこのエレキ。
ですが動画のようにモーターの向きが正しく上がらないと、ベースマウントへモーターがしっかり載りません、危険な状態といえます。

この状況についてはいろいろ調べて、正しい向きにモーターを調整することができることが判りました。
正しくモーターが載れば、このようになります。



あとこれもよく言われることですが、自動でしか上げ下げできないこのモデル、エレキが降りた状態で何らかの理由で上げることができなくなった場合は?
ちゃんと説明書にエマージェンシーモードでの上げる方法の記載がございます。
エマージェンシーモードといっても、ビス3本を外し、決められた部品二点を脱着することで従来モデルのように手でモーターを引き上げることができますのでご安心を。
スポンサーサイト