修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ブッシュベアリング交換

2015.02.28 (Sat)
エレキのOH作業において、消耗部品として考えられる、決まりきった
パーツが何種類があります。

シャフトのボールベアリングだったり、モーター部のOリングやシール材だったり。

そんなものとは違って、あまり交換の頻度としては少ないのですが、それでも
たまに、そう、極たまには「交換したほうがいいよなあ」となる部品が
こちらのブッシュベアリング。

DSCF0445.jpg


アーマーチュアコアのシャフト回転を支えるブロンズブッシュなんですが
比較的柔らかい金属ですので、使用頻度が多い方、少々古いモデルなど
どうしても磨耗してしまい、結果としてどうなるかと言いますと
アーマーチュアコアの回転時にわずかにアソビが出て、異音や振動の原因となります。


ペラ側のブッシュはモーター内側、外側いずれかからアクセスできるので、抜き出し、
圧入が容易ですが、写真のフロント側はノーズキャップの最奥に圧入されていて
反対側からのアクセスはできませんので、一般的には取り外し、交換はできないと
されているため、必要があればノーズキャップごとの交換を行うのが普通です。


当店なら専用の治具とパイロットベアリングプーラーと言うSSTの複合技で
簡単に取り外しができます。




モーター内に浸水したり場合など、水分中の砂などがブッシュとアーマーチュアコア
シャフトの間に挟まり、サンドペーパーのようにブッシュを磨耗させてしまいます。

もちろん、こんな特殊なパーツも在庫ありますのでご希望の方はOHのついででも
交換作業をいたしますよ。

スポンサーサイト