修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

109化改造&オーバーホール その3

2014.11.04 (Tue)
バサクラ出張で間が空いてしまいましたが、先日から作業してました109化改造のツアー、その3です

当店のOH作業、モーター部に関しては必ず交換するのが
・Oリング
・スルーボルトシール
・オイルシール
この三種があります

いずれもモーター部の防水シール材部品でゴム製部品のため劣化などがあるとモーター部内への浸水の直接の原因となります



写真にはOリングがありません
スルーボルトシールが4本、オイルシールが2個
今回のデジタル無段のモーターガイドであればOリングが2個あればOK

特にオイルシールとスルーボルトシールは劣化が早く、こんな風になるとデンジャラスです



これからオフシーズンに入ると一年酷使したエレキの点検シーズンとなります

よく頂くのが、どの程度のスパンでOH作業を行うのがいいのか?があります

当店の見解では、一般のサンデーアングラーの方ですと2年に一回が点検の目安として考えるべきです

続いてOH作業にどの程度の費用がかかるのか?ですが
一般のフットコンエレキで22000円税別~、ハンドコンで16000円税別~となっております

費用には、エレキすべての部位に渡る分解、内部点検、一部洗浄
そして今回のようなモーターガイドデジタル無段モデルで合計11点の消耗部品類の部品代金込みで、このような価格設定にて作業を承っております

またこちらもよく頂くことですが、ブラシ交換について
当店の見解としては、特にモーター部内に異常がない場合で、使用頻度もそれほど多くない場合、ブラシは新品時より見た目でわかるほど磨耗はしません
よってわざわざOH作業だからといって高価なブラシ交換を必須と考えることはありません

一部の使用頻度が極端い多いユーザーやモーター内部への浸水、または過度の使用でブラシ焼損があった場合などはこのかぎりではなく、必要があればベットブラシ交換を提案するケースはありますが、基本的には不要であると考えます

エレキのモーター回転は電動工具などよりも一桁少ない、低回転のモーターですから、電動工具などと同じようにブラシは磨耗しません


繰り返しになりますがこれからOH作業で忙しくなるシーズンになりますが、例年年明け以降、2月や3月のシーズンイン直前にOH作業をあわてて頂く方が多いです

またこちらは当店の都合ですが、2月は名古屋ルアーフェスティバル キープキャストへの出展もありますので繁忙期となり、作業をお待たせすることもあります

当店へのOH作業をご用命のお客様につきましては、なるべく早く、時間的に余裕を持ってご依頼頂ければ大変ありがたいです

スポンサーサイト