修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

今日の作業 ミンコタコントロール基板断線修理

2014.09.08 (Mon)
旧型マキシマイザータイプのミンコタフットコントロール無段変速の持病、基板と変速ボリュームスイッチ間のハーネス断線

三芯のハーネスのどれかが折れたり、ハンダ付けが剥がれるなどして断線すると、ペダルの踏み角度などで断線したり、復帰したりと動作の良不良が繰り返される状態になります


メーカー修理だと、くやしいことに正常なコントロール基板ごとの部品交換となるこの症状
修理屋を自称する当店はここを何とかします

ザンネンながら、ほぼピンボケ写真
iPhoneカメラめ!


まずはハーネスの途中を大胆にカットしちゃいます




青いボリュームスイッチのハーネス付け根を掘り出します





ザクザク掘り出します



ハーネス終端とボリュームスイッチ端子はハンダ付けされてますから、ハンダを緩めて古いハーネスは撤去しちゃいます



続いて基板につながるハーネスの方
ハーネス終端に、新たにつなぐバイパス用の三芯ハーネスをハンダ付けします



新しいバイパスハーネスの反対側終端も、ボリュームスイッチ端子へハンダ付けします



はい!完成!


あとはハンダ剥がれやショートなどないよう、樹脂で固めれば完成です


過去10年近く、この方法で修理してきてますが、再度断線などの報告は一件もありません

高価な基板ごとの交換だと、当店ですと部品代金だけで34000円~

今回の作業は工賃8000円にて承っております
スポンサーサイト