修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

ローランスHDI振動子をエレキに取り付ける

2014.04.29 (Tue)
比較的安価ながら、通常の魚探表示だけではなく、ダウンスキャン表示も可能なローランスElite-7/5HDI

通常魚探の83/200kHzと、さらに455/800kHzと、四周波をひとつの振動子から発する特殊な振動子



形状を見るとおり、スキマー型に分類されるタイプですので、基本的にはボートのトランサム外付けを前提にデザインされてますが、バスフィッシングであればエレキに振動子をつけたいニーズがあって当然

そこでHDI振動子をエレキに上手に取り付けることができるアイテムを紹介します

◼︎ローランス純正トランスデューサーアダプターHDI用 3800円税別
写真向って右

◼︎シールド&セーバーTS-HDI-2 15000円税別
写真向って左




値段だけで見ますと、純正の方が圧倒的に安いです
でも写真じゃ分かりづらいのですが、シールド&セーバーの方はアルミ合金製、純正の方はただのプラスチックと、素材そのものが全く異なり、言うまでもなく高価な振動子を守るという点から見ると、純正のプラスチックの方はこの点は全く機能しそうにありませんが、シールド&セーバーの方は進行方向からの衝撃から守ることに、かなり期待できそうです


ただ、エレキに振動子を付けたい、予算が少ない方は純正

シャローやリップラップ近くで釣りをすることが多く、振動子を守る事に重点を起きたい方はシールド&セーバー

こういったことから選択すれば良いと思います


あと、HDI振動子はEliteシリーズだけでなく、HDSシリーズの現行バージョンでもお使いになれます
通常の83/200kHz振動子の代わりにHDI振動子を付ければ、通常魚探表示とダウンスキャンも表示できます

HDI振動子単品もご用意しております


スポンサーサイト