修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

センスがない その2

2013.08.25 (Sun)
先日のエレキ修理作業、修理自体はかんたんなもので即日終了しましたが、バウの魚探ケーブルの取り出しがどうしてもガマンできず、勝手ながら作業してしまいました

Before


ホンデックスのコネクター並びに合わせたタイラップワークはまあいいとして、なぜそこから艇側の配線が無保護なのか?そして配線が交差してるのか?

AB型のA型の血が騒ぎだしちゃいました


After



魚探などの電子機器類のケーブル、ハーネスは断線などのリスクを考えると可能な限り、露出してる部分が少ないほうがトラブル防止になります

当店では、コルゲートチューブを各サイズ用意してこういった作業にあたってきましたが、ローランスなど最近の高機能魚探だと配線の数も以前より増えて、コルゲートチューブでは間に合わないケースも増えてきたため、今回のようなフレックスチューブを使用する機会が多くなってきました

もちろん、フレックスチューブ内の見えてないとこもケーブルの交差は修正済みですよ
スポンサーサイト