修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

センスがない その1

2013.08.20 (Tue)
エレキの不調でお預かり中のボート
立派なバスボートですが、少々気になるとこがチラホラ



エレキを動かす電源ライン、バウのスイッチパネル内にあるターミナルブロックでトランサムにあるバッテリーと接続されてるのですが、せっかく短絡(ショート)防止のためにカバーされてるのに、これじゃ意味ないです

カバー外してみますと



悪く言うといい作業とは思えない、よく言えばアメリカン




正しい作業はこんなのでは?



電源ケーブルの線径、ビスの径に合った正しいサイズの丸端子を適した工具でカシめて、端子の根元は絶縁チューブでしっかり保護




この部分は通常ボートのインサイドにありますから、何か作業の際にしか目につかない部分です
でも見えないトコロだからこそ、いつも確実に安全であってほしい

そしてリギングする者は、自分が乗る艇であるつもりで、常に最良の仕事を目指して仕事しないといけません

もちろん、この仕事をした人物にとっては、これで最良だと思ってたのかも知れませんけどね
スポンサーサイト