FC2ブログ
@erekinet
2018/11/30

またまた入荷!中古委託販売品TR109デジタル無段 ウルトレックス112

中古委託販売品 フットコンエレキのご案内です。
本日現在、モーターガイドTR109が三台、ミンコタウルトレックス112 i-Pilot Link 52インチシャフトが一台ございます。

※ウルトレックスを除いて、TRはすべて中古品です。
キズ、汚れ、使用に差し支えのないサビている部分などあります。
機関を中心にチェックし、当店の中古販売品として問題がないと判断して掲載しております。



それぞれ、状態などご案内します。

■ウルトレックス112 i-Pilot Link 52インチ



状態:新品未使用品
持ち主の方が誤って注文された品で未使用新品です。もちろん元箱に入ってます。
通常のi-Pilotモデルより上位モデルのi-Pilot Linkモデル。HELIXシリーズやSOLIXシリーズの海外版モデルとネットワークを組んで魚探から操作指示を出したり、魚探のウェイポイントとエレキの動作を連動させたり、非常に高度な連携ができるモデルです。
また一番使用頻度が多いスポットロックのメモリー数も通常のi-Pilotモデルが16か所に対して2500か所と桁違いに多いです。
リモコンもUSBから充電が行えるLinkモデル専用のタッチパネル液晶タイプで、私自身も使ってますが非常に使いやすいです。

当店での新品価格だとゆうに450000円税別オーバーですが・・・

売約済み Sorry, SoldOut!!


■TR109デジタル無段 52インチシャフト



状態:程度良し、使用頻度少なめ
付属品:21ゲーターマウントのみ
バスボートで使用していたものを下ろしたもので、ステンレスプーリーの最終型。
モーター内部浸水、ブラシ状態、その他点検しましたが、このままでも使用に差し支えはないレベルです。

シャフト長が52インチですが、付属するマウントは標準長の21ゲーターマウントですのでバスボートなどでお使いになるのであれば45インチ化などが望ましいです。

シャフト加工については、シャフト交換してショート加工するタイプです。
レンタルローボートでお使いになる方向けには、ショートシャフト換装、アウターチューブカット加工など別途承ります。
例 30インチシャフトの場合で総額32500円税別

電源ケーブルも短い状態です。ご希望であればレンタルボート向けに3.5m延長ケーブル&アンダーソンコネクタ加工を8200円税別にて承ります。

付属マウントのウルトラショート加工は35000円税別にて納期一月程度にて承ります。
マウントレス販売は承っておりませんのでご了承ください。

プロップが付属しませんので別途お買い求めください。
当店でも在庫販売をしております。

価格 145000円税別
値下げ!138000円税別!


IMG_1692 (1)

IMG_1691.jpeg

IMG_1690.jpeg

IMG_1689.jpeg




■TR109デジタル無段 45インチシャフト A



状態:程度ふつう 機関良好
付属品:21ゲーターマウント、マチェット3プロップ
バスボートで使用していたものを下ろしたもので、ステンレスプーリーの最終型ですが、シャフトヘッド側終端のピニオンがリベット止めタイプです。
モーター内部浸水、ブラシ状態、その他点検しましたが、問題はありません。
ですがご予算に余裕があればOH作業を行った上での納品をおすすめします。
OH作業は24900円税別の総額にて、部品点数11点の新品交換と作業工賃にて承ります。
これだけの作業をすることで、かなり状態としては良くなりますので長くお使いいただけると思います。

シャフト加工については、物理的にシャフトを切断加工して短くするタイプです。
レンタルローボートでお使いになる方向けには、シャフトカット加工、アウターチューブカット加工など別途承ります。
例 カットのシャフト長に関係なく総額26000円税別にてお好きな長さへ加工いたします。

電源ケーブルも長い物がついておりますが、状態や接続方法などあまりよくありません。
ご希望であればレンタルボート向けに3.5m延長ケーブル&アンダーソンコネクタ加工を8200円税別にて承ります。

付属マウントのウルトラショート加工は35000円税別にて納期一月程度にて承ります。
マウントレス販売は承っておりませんのでご了承ください。

価格 125000円税別
値下げ!120000円税別!


IMG_1681.jpeg

IMG_1677.jpeg

IMG_1676.jpeg

IMG_1675.jpeg

IMG_1674.jpeg

IMG_1680.jpeg




■TR109デジタル無段 45インチシャフト B



状態:程度 外観くたびれアリ 機関ふつう
付属品:サファリプロップ
バスボートで使用していたものを下ろしたもので、ステンレスプーリーの最終型です。
モーター内部浸水、ブラシ状態、その他点検しましたが、動作に支障のないレベルでブラシリードに初期の焼損があります。
またケーブルジャケット破れ、ヘッド部グロメット破損もあります。
ご予算に余裕があればこれら部品交換をおすすめします。

ブラシカードASSY 14500円税別
グロメット 900円税別
ケーブルジャケット 1800円税別
いずれも工賃別途

その他OH作業を行った上での納品をおすすめします。
OH作業は24900円税別の総額にて、部品点数11点の新品交換と作業工賃にて承ります。

これらすべてを作業すれば、かなり状態としては良くなります。

シャフト加工については、シャフト交換してショート加工するタイプです。
レンタルローボートでお使いになる方向けには、ショートシャフト換装、アウターチューブカット加工など別途承ります。
例 30インチシャフトの場合で総額32500円税別

電源ケーブルも短い状態です。ご希望であればレンタルボート向けに3.5m延長ケーブル&アンダーソンコネクタ加工を8200円税別にて承ります。

マウントは付属しておりませんが、別途加工済みのウルトラショート21ゲーターマウントなどご用意可能です。

価格 90000円税別
値下げ!82000円税別!


IMG_1682.jpeg

IMG_1685.jpeg

IMG_1686.jpeg

IMG_1687.jpeg

IMG_1684.jpeg

IMG_1683.jpeg




ご注文、お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。
中古委託品ですのでそれぞれ一台限り、早い者勝ちにて皆さまのお問い合わせをお待ちしております。
スポンサーサイト



2018/11/29

ハミンバード2019年モデルが発表されました

日中にアップしましたガーミンGPS魚探取り扱いスタートに続いて、またも魚探ネタです。

当店でもすでにお取り扱いのありますハミンバードの日本代理店である岡田商事様より新製品の案内がありました。

p015-solix12-helix9-d.png

■買いやすい価格帯の5~7インチ小型クラス


第三世代となるHELIXシリーズは5インチは従来と変更なし。
7インチが販売モデルの集約があり、サイドの見れない2D/ダウンモデルは廃盤、これまでも人気のあった2D/ダウン/サイドモデルのみとなります。
そしてうれしい情報として、従来モデルでは9インチ以上のみ対応していたメガイメージングがついに7インチへ搭載されます。

1103187_alt01.jpg
画面左下、ダウンの周波数帯の数字がメガですね

メガイメージング専用の新しい振動子が付属になるのではないかと思われます。


■9インチ専用ボディが登場


9インチ以上についても大きく変化があり、従来モデルのG2シリーズまででは9インチと10インチが同サイズのボディで画面サイズのみの違いでしたが、今回より9インチに専用ボディとなり、おそらく従来モデルより一回りはコンパクトになるのではないかと思われます。

1102739_alt01.jpg
10インチボディはかなり大きく、画面サイズだけ9インチだったのがイマイチ残念だった点が解消されますね。
ただし画面サイズは1インチの違いでも、解像度が全く違いますので価格次第ではがんばって10インチの方がいいでしょうね。

HELIX9 480×800ピクセル
HELIX10 600×1024ピクセル


この差は大きいですよ。ちなみにHELIX9の解像度はHELIX7と同じです。


■メガイメージングプラスが登場でさらに高精細な描写が実現


そしてHELIX9インチ、10インチ、12インチ、上位モデルのSOLIX10インチ、12インチ、15インチにはメガイメージング+という新機能が搭載。
従来型メガイメージングでも十分精細に、美しく映し出していたサイド/ダウンの描写がさらに精細さが向上し、さらにビームの飛ぶ範囲も従来型メガイメージングよりアップするということで、こちらも期待大ですね。

p015-range-depth-d.png


メーカーHPより
水面から107ft(約32m)下に沈んだ橋のダウンイメージ画像。確かに深さの割にははっきりとしてます。

h003-mdip-bridge-d.jpg

さらにこちらは日本で言うギルネスト、さらにギルネストの周りにバスがいると書いてありました。
h003-mdip-d.jpg


■2Dソナー描写も進化


もともとサイド/ダウンの描写力に定評があって、これだけの目的のためにハミンバードを選ばれるユーザーも多いのですが、これからはより低価格帯の商品でもより精細な映りを楽しむことができるようになります。
そして当店でもG2シリーズHELIXで密かに実感をしてました、2D画像の見易さについても今回のG3モデル7インチ以上はDUAL SPECTRUM CHIRP(デュアル スペクトラム チャープ)と呼ばれる周波数帯、指向角を変化させ、従来型2Dソナー画面よりさら見やすく表示させる機能が搭載されます。


メーカーさんによれば各モデルとも来シーズンには間に合う形で国内リリースになるそうです。

魚探購入時に一番困ること、それは振動子の設置方法、場所の選定、電源(バッテリー)をどうするか、また電源コードも商品についている状態そのままではすぐに使うことができません。
それらなど、当店が最も得意とすることですので、お客様のご利用になる環境やニーズをお聞きし、より良い提案、加工をして納品させて頂きます。
長年販売を続けてます振動子サイドマウントポールなどもその一つ、電源コードの加工なども、バッテリーのタイプによってワニ口クリップがいいのか、丸端子がいいのか、などこれまで多数の作業を行ってきた中から満足して頂ける状態で納品いたします。
その辺りについてもエレキなどと同様、お買い物なさる際にお申しつけ頂ければと思います。

価格など詳細が発表になりましたら一早くご案内しますので、楽しみにお待ちくださいませ。


2018/11/29

ガーミンGPS魚探の取り扱いをスタートしました

この度、かねてから問い合わせの多かったガーミン製GPS魚探の取り扱いを開始いたしました。
製品は、株式会社G-FISHING様 【Connected GARMIN】 取り扱いの日本語メニュー化、保証付きの日本正規代理店モデルとなります。

start.jpg



これまで当店では、ローランス、ハミンバード両ブランドの日本正規代理店モデルを主に取り扱ってきましたが、ここ数年勢いが止まらない第三のブランドとして注目してましたガーミン製魚探が新たにラインナップに加わることになります。

■売れ筋モデルは…


今年2018年で言いますと、これまでにない低価格ながらこれでもか!という高スペックで売れ筋だろうと思われますechoMAP Plus 95sv(エコーマッププラス95sv)。

echomap-plus-95sv.jpg


9インチタッチパネル液晶、ガーミンがこの機能の先駆けとなった自動等深図作成機能、他社に比較して小型の2D/ダウン/サイドオールインワン振動子一つで運用ができ、価格は139000円税別。
オールインワン振動子のGT52HW振動子が40000円税別別売りですが、本体と合わせて179000円税別。
9インチのタッチパネルモデルでこの価格。レンタルローボートユーザーには最適と思われるスペックのモデルです。


■時代はライブへ


そして今シーズンのJB TOP50で火が付いたPanoptix LiveScopeシステム。

livescope-system.jpg


3か所ある振動子発信部を任意の向きへ音波を発信し、約135度の広角で対象物を拾って魚探画面にライブで情報を表示します。
これまでの魚探では船が通り過ぎた後の過去の情報を画面に描写していましたが、今現在の情報をさらに船が通る前にサーチし、それをリアルタイム動画のように画面に描写します。
従来の魚探の概念を覆す、まったく新しい描写、分析力で主に若手の選手の活躍の大きな原動力となりました。

G-FISHING様のyoutubeより





他にも多数の魅力的なモデル、製品があり、主だったものは当店オンラインストアへ製品情報をアップして比較検討を頂けるよう準備中です。
お問い合わせ、ご注文など、魚探製品についてはいろいろお聞きになりたいことも多いと思われますので、直接メールにてお聞き頂いて、納得された上でご注文も承ります。


お問合せはこちらの当店メールフォームよりどうぞ。

当店オンラインストアと同様に、高額品の買い物にはありがたいクレジットカード、オリコローンなどもご利用になれます。



ミンコタ モーターガイド純正パーツやその他マリン用品、アクセサリーのオンラインストア
掲載のないパーツ類もたくさん在庫ありますので、ぜひお問い合わせください



2018/11/20

当店の作業はここが違う!2018オフシーズン中のオーバーホール点検のご案内

冬季オフシーズン中のオーバーホール点検いかがでしょうか
エレキを使用しないオフシーズンに愛機のOH点検をおすすめします。
一般のサンデーアングラーの方で二年に一回、使用頻度の多い方で一年に一回、完全分解によるフルメニューでの点検、部品交換が必要であると考えます。
ツアーTRシリーズなど、せっかくのフラッグシップモデルも何年もOH作業、調整作業をしないことでせっかくの使用感、フィーリングが悪い個体もたくさん存在します。
それらもしっかりとした作業、部品交換、グリスアップ、調整の上での組み付けを行うことでまるで新品のようなフィーリングを取り戻すことも珍しくありません。


■大体どのくらいの費用が必要?


作業費用はメーカー、モデル、ハンドコンorフットコンで違いますが、一般のフットコンエレキで22000円~26600円税別、ハンドコンで16000円税別~となっております。
費用は、エレキすべての部位に渡る分解、内部点検、一部洗浄、調整にかかる工賃と、最大で合計11点のシール類、ベアリング、スイッチなど当店で定めます消耗部品類の部品代金込みでこのような価格設定にて作業を承っております。


■具体的にどんな作業をするの?


少々古い記事なのですが、2013年に3回に分けて、当店が実際に行ってますオーバーホール作業を細かく公開したブログです。
現在はこれにプラスアルファが加わってよりグレードアップした内容の作業となります。
OH作業というのは、ただ分解し、ただ組むだけでは成立しません。
2001年の開業以来17年間の豊富な仕事量をベースにした異常、問題点を見抜くための経験、作業量が当店の強みです。

エレキのOH作業 当店の作業内容 その1 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1052.html
エレキのOH作業 当店の作業内容 その2 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1054.html
エレキのOH作業 当店の作業内容 その3 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1067.html


■現状、特に問題なく動いていてもOH作業は必要?


OH作業時でしかわからない異常もあります。気づいた点は都度ご案内の上、お客様のご予算に合った作業を提案いたします。
長年使ってきたことで傷んでいる部分もOH作業時に一緒に作業、部品交換を行うことで新品の時のようなフィーリングに戻ることもあります。

当店のOH作業でわかること ツアーワイヤー固着 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1359.html
当店のOH作業でわかること ブラシ焼損 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1070.html
ミンコタエッジマクサム55OH作業 http://ereki.blog9.fc2.com/blog-entry-1241.html


OHのご依頼、お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします。




ミンコタ モーターガイド純正パーツやその他マリン用品、アクセサリーのオンラインストア
掲載のないパーツ類もたくさん在庫ありますので、ぜひお問い合わせください


2018/11/15

レンタルローボート向け モーターガイド24VモデルX3-70、X5-80が入荷しました

本日は輸入品の通関と引き取りで、あの関西国際空港まで出向いておりました。
9月4日の台風で、関空島へ渡るための橋に台風から避難したタンカーが衝突、橋が通行止めになって関空島が孤立してから以降、初めての関空引取りでした。

soc1809060021-m1.jpg


現在でも橋は完全に直っておらず、片側三車線の片方をつぶして反対車線の三車線を使ってかろうじて一般車も通行はできております。
IMG_1626.jpeg

今日は昼前から出たので渋滞などもなかったですが、朝夕などは渋滞してそうですね。
関空島に入ってからも普段の道順とはまったく違っており、普段の道順を逆走したりしたのですが、久々に行った関空の奥にある国際貨物ターミナルは以前と全く変わらない様子で、台風から二か月でここまで機能回復させていることにちょっと驚きました。

で、本日はモーターガイドエレキ本体、プロップ、X3マウントなどの入荷便でした。
本日現在、モーターガイドX3-70デジタル、X5-80デジタルが在庫ありの即納OK!

IMG_1629.jpeg

モーターガイドX3-70 無段階変速

モーターガイドX5-80 無段階変速



マチェット3プロップ、マチェット3ハードプロップも在庫ありです!




X3マウントもウルトラショート加工用で大量入荷!ウルトラショート加工済みの物も今日現在全モデル、在庫ございますので、よろしければ当店オンラインストアよりお買い求めください。
当店オンラインストア ウルトラショートマウントシリーズ カテゴリー


お支払いは銀行振り込み、代金引換払いの他、クレジットカード決済、オリコローンもご利用いただけます。
ローン利用の場合、事前にお支払いプランのシミュレーションをweb上で行えますので、お気軽にご相談ください。


ミンコタ モーターガイド純正パーツやその他マリン用品、アクセサリーのオンラインストア
掲載のないパーツ類もたくさん在庫ありますので、ぜひお問い合わせください




2018/11/14

ローランスHDS Carbon、Elite-Tiシリーズ 「みちびき」運用開始キャンペーン始まりました

遅ればせながら、ローランス日本正規代理店である株式会社ジムクォーツさんから、「みちびき運用開始キャンペーン」の案内がありましたので当店オンラインストアの商品にキャンペーン内容を反映させました。

当店オンラインストア ローランスページ


「みちびき」サイト


「みちびき」ですが、日本版GPSと呼ばれるもので、平たく言いますとこれまでのGPSは北米大陸向けの軌道で飛んでいて、日本を含むアジア地域では補正をかけても誤差が生じていたのを、今回のみちびきは常に日本上空へ常時3機の衛星がいることになり、従来のGPSよりはるかに精度が向上する、というものです。
その誤差は95パーセントの確率で半径0.9mの範囲に定位できると、より精度の高いピンポイントの釣りを追求することができるようになるそうです。

すでに11月1日より「みちびき」の運用はスタートしており、カーナビなど新しい製品は「みちびき」に対応した製品に切り替わってきているそうです。

試しにスマホのGPSアプリで見てみると・・・

IMG_1616.png


大阪の上空ではこんなにたくさんの衛星が飛んでいるんですね。
分かりづらいので、「みちびき」以外を表示しないようにすると・・・

IMG_1615.png

おおっっ!!!
以前はまったく表示されなかった190番台のピンク色のアイコンの衛星、これらが「みちびき」です。
194番はほぼ真上に位置しており、おそらくこれが高精度の根拠なのではないかと思われます。
「みちびき」はすでに私たちの生活の中で、活用されることを待っているのがわかります。

そこでローランスユニットにも対応したアンテナを、と開発されたのがIKKI-QZ。
私自身も1シーズン、自分のボートに取り付けして使ってきましたが、その段階ではまだ「みちびき」の運用自体が始まっておらず、もともと使っていたPoint-1との違いも正直わからないままでしたが、現在は「みちびき」の運用も開始され、違いも歴然としているようです。
ジムクォーツさんによるみちびきの検証はこちら
http://www.kt.rim.or.jp/~jim/main/01_information/information.html

価格は14800円税別、接続は魚探ユニット電源コード脇のNMEA0183通信線へ直接つなぎ、ローランス本体側でアンテナ設定すればみちびきに対応したより高精度なGPSユニットとなるようです。
なにより0183接続ですので、従来から使っているPoint-1との併用が可能なのがうれしいですね。

GPSアンテナは「みちびき」対応のIKKI-QZ
ヘディング機能はPoint-1


と切り分けて設定し使うことができます。



この度、「みちびき運用開始キャンペーン」としてジムクォーツさんによるサービスキャンペーンが始まりました。
さらにそれだけではもったいないですので、当店で魚探ユニットを購入いただく方の多くが一緒に購入されます、振動子サイドマウントポールもサービスするオリジナルキャンペーンです。
対象となるモデルを購入されると最大で71600円もの付属品がサービスとなります。

HDS-Carbon9、12、16を購入のお客様
特典1 みちびき対応アンテナ IKKI-QZ
特典2 ヘディングセンサー内蔵GPSアンテナPOINT-1 または、トータルスキャン振動子いずれか
特典3 当店オリジナル振動子サイドマウントポール


HDS-Carbon7、Elite-9、12Tiを購入のお客様
特典1 みちびき対応アンテナ IKKI-QZ
特典2 当店オリジナル振動子サイドマウントポール



当店オンラインストア ローランスページ


詳細等、お問い合わせの上メールでも同じ価格でご用意ができます。高額な魚探、知りたいこともたくさんありますよね。


キャンペーンの終了は12月31日までとなってますが、サービス品がなくなり次第、早期終了もあるそうです。
この機会に安定のローランスユニットを新しくお考えになってみてはいかがでしょうか。

2018/11/13

ニューモデル販売スタート!ミンコタ70エッジ無段階変速24V70ポンド レンタルボートカスタムモデル

この度、当店オリジナルモデルとして新たなモデルの発売を開始いたしました。

当店オリジナルモデル【俺の夢シリーズ】
ミンコタ 70エッジ無段階変速 24V70ポンド 32インチシャフト


edge70-11.jpg


レンタルローボートフィールドのためフットコンに、従来モデルにはない新しい選択を用意しました。
従来、ミンコタのエッジマクサムシリーズは12V55ポンドのみが無段階変速モデルとして長く販売をしておりますが、どうしてもモーターガイドの同クラスと比較すると船足の遅さが否めない感があり、先日案内しましたような24V70ポンド化ということを長く続けてまいりました。
非常に高額なこの魔改造、それでも人気でしたので、ならば最初から24Vで70ポンドの無段階変速モデルを、と考えました。

■従来モデルとの比較


ミンコタではマクサム80L/Dという、24V80ポンドの無段階変速モデルが昨年から販売されておりますが、80ポンドの出力は魅力がありますが、エレキ自体も70ポンドと80ポンドとではモーターのサイズが全くことなり、80ポンドは非常に重たいです。
これに対して70ポンドのモーターは12V55ポンドとほぼ同サイズで、持ち運びも12V55ポンド同様に手軽に行えます。
そして何より、付属するマウントが全く異なり、80ポンドに付属するマクサムマウント、とてつもなく重量があってはっきり言ってエレキレイクでは全く不向きです。
今回案内します70エッジは55エッジマクサムなどと同じ、エッジマウント(ロックソリッドマウント)が付属しますので、非常に軽量で、尚且つオプションとして人気のウルトラショート加工もできますのでさらにコンパクト&軽量化で気軽に楽しむことができます。

■プロップがコンバートできる!


そして80ポンドではできないことのもう一つがプロップです。
80ポンドだと標準付属のMKP-32というウィードレスプロップしか選択肢がありませんが、70ポンドの場合、より速度を求める方にむけて当店オリジナルのマチェット3/マチェット3ハードforミンコタキットという商品があり、こちらへ換装することでさらなるスピードを得ることができます。

■シャフト長も最初からおすすめの長さ


さらに嬉しいのが、レンタルローボートフィールドの通うユーザーに向けた商品ですので、シャフト長についても最初から32インチでご用意をいたします。
ですがご希望の長さがあればご注文時にお好きな長さへ施行することも承ります。

■さらにオプションでコンプリートカスタムも


24V70ポンド、シャフト長も32インチ、これだけでもおすすめスペックなのですが、レンタルローボートフィールドでより快適にお使いになるためにはまだ物足りない部分もあります。
マウントのショート化、電源ケーブル延長、そしてシャフトカット時におすすめの80ポンドクラスには標準となっている強化対策型ピニオンギアキットへの換装。

ウルトラショートエッジマウント 30000円税別
3.5m延長電源ケーブル&クイックコネクター 8200円税別
強化対策型ピニオンギアキット 4700円税別

個別に追加作業となると総額42900円税別となる、当店ではおすすめの追加オプションを一式まとめて35000円税別にてご用意いたしました。

24V電圧、70ポンド出力、無段階変速、そして最初からショートシャフト。
ミンコタやモーターガイドの80ポンドクラスには少し及ばないものの、そこそこの速度が出て軽量&コンパクトでお手軽。

これで168000円税別、新たな選択肢としていかがでしょうか。

本商品はミンコタ70エッジ五段階変速45インチシャフトモデルを当店にてシャフト加工、無段階変速化改造を行ったオリジナルモデルです。
全ての改造に使用する部品はミンコタ社純正のパーツを使用し、安全性、耐久性も確保されております。
もちろん当店の一年間の無償修理保証もついております。

本日より受注を開始いたします。ぜひ皆さまの新しい選択肢として定着しますことを願っております。

2018/11/08

中古委託品 TR109デジタル無段 ショートシャフト換装済み

急遽、中古委託品としてTR109デジタル無段の出物が入荷となりました。
現物は当店にて保管してございますので、ご注文があれば即納品ができる状態です。

TR109デジタル無段階変速
シャフト長30インチ、33インチ、36インチいずれか
マチェット3プロップ、21ゲーターマウント付属



現状でシャフトが曲がっておりますので、レンタルローボート向けのショートシャフトへ換装しての納品となります。
上記のご希望の長さから自由にお決めいただけます。

売約済み Sold Out!
ご利用頂きありがとうございました!



◆レンタルローボート仕様への追加オプションもご用意


21ゲーターマウント ウルトラショート加工 35000円税別(要納期一か月)
サウザーショートバウデッキ 15800円税別
3.5m延長電源ケーブル&コネクタ加工 8200円税別


これらについてもご用意が可能で、レンタルローボート仕様のフルカスタムでの納品ができますよ。

なかなかいい出物は少なくなったTRツアーの中古品、今回の物もステンレスプーリーの最終型でオススメできる品です。
ご注文、お問い合わせはこちらのメールフォームから、中古委託品ですので一台限り、早い者勝ちにてお願いします。
2018/11/08

レンタルボートフィールドに最適なモーターガイドX3-70、X5-80が入荷します

レンタルローボートユーザーの一番人気、モーターガイドフットコン24Vクラス各シリーズの入荷情報です。

モーターガイドX3-70 無段階変速

モーターガイドX5-80 無段階変速


24V無段階変速モデルの人気2モデルが来週前半に入荷をいたします。

■ シャフトカット、マウントカットなど豊富なOPメニュー


お好きな長さへのシャフトカット加工やもはや一般的となったウルトラショートマウント加工、電源ケーブルコネクタ加工など豊富なオプションを用意しております。
在庫販売してますバッテリー&充電器セットと一緒にお買い求めいただければ、買ってすぐにお使いになることができます。

■ マチェット3プロップがサービス付属


おそらく当店だけの特徴だと思うのですが、X3/5シリーズをお買い求め頂いたお客様には標準付属するサファリプロップ以外に、マチェット3プロップをサービスしております。
サファリプロップは、もともとウィードレスプロップで速度はあまり出ない特徴があって、エレキのみを動力とするレンタルローボートには全く不向きです。
そのため、より速度が出て、サファリに比べて振動も少なく使いやすいマチェット3プロップを最初からサービスで付属しております。

しばらく欠品しておりましたが、プロップ単品も今回一緒に入荷します。
もしX3/5シリーズを標準付属のサファリプロップでお使いの方がいらっしゃったら、絶対にマチェット3/マチェット3ハードへ交換することをおすすめします。
全く船の速度、変わりますから。





お支払いは銀行振り込み、代金引換払いの他、クレジットカード決済、オリコローンもご利用いただけます。
ローン利用の場合、事前にお支払いプランのシミュレーションをweb上で行えますので、お気軽にご相談ください。


ミンコタ モーターガイド純正パーツやその他マリン用品、アクセサリーのオンラインストア
掲載のないパーツ類もたくさん在庫ありますので、ぜひお問い合わせください



2018/11/07

今日の作業 ミンコタ55エッジマクサム レンタルボートカスタム二連発!

偶然にもミンコタフットコンの作業が続いてます。

まずは55エッジマクサムのシャフトカット&70ポンド化改造。
55ポンドクラスをシャフトカットする際にはこちらがぜったいにオススメ!

IMG_1547.jpeg

強化対策型ピニオンギアキット
こちらの当店ブログに詳細がございます


少し前から70ポンドのアーマーチュアコアがマイナーチェンジされ、専用ブラシ、ブラシホルダーが付属するようになりました。
ついでにナゼかシールキットもついてきますので、こちらも一緒に交換で一安心ですね♪

IMG_1549.jpeg
IMG_1551.jpeg


従来型のオール樹脂のブラシホルダーだと、ブラシのケーシングが熱に負けて溶け出してブラシ固着からの動作不良が稀にありましたので、今回の金属製のケーシングへアップグレードされたのかも。

IMG_1550.jpeg



で、レンタルローボート仕様の30インチシャフトで完成です。
IMG_1552.jpeg



続いて同じく55エッジマクサム、新品購入を頂き、さらにシャフトカットのお客様。

IMG_1553.jpeg


こちらも一台目と同じく強化対策型ピニオンギアキットは必須です。

標準の36インチから~
IMG_1554.jpeg


ジョンボート&フロートボート専用の28インチシャフトへ!
IMG_1556.jpeg


ともにご利用を頂きありがとうございました。


ミンコタ モーターガイド純正パーツやその他マリン用品、アクセサリーのオンラインストア
掲載のないパーツ類もたくさん在庫ありますので、ぜひお問い合わせください



2018/11/05

今日の作業 ミンコタマクサム80動作不良

いつもお世話になってます、四国のプロショップ様からの修理依頼。

ちょいと古いけどまだまだ現役!なマクサム80が動作しないとのこと。こちらで作業前に動作テストしてもなるほど、たしかに全く動作しません。




ミンコタフットコンあるある!なヘッド部内配線の焼損もなし!むしろ良い端子に交換されてます。





モーター内も浸水やブラシ焼損なし!


となると…




ペダル内にある変速制御を行っているコントロールボードからモーター内ブラシにつながる出力端子、まさかの正しい電圧が出ていません。

結構珍しいケースではありますが、比較的頑丈で壊れにくいコントロールボードの交換修理となりました。




モーターガイドに比べてなかなか頑丈でちょっとのことでは回路不良が起きないミンコタのコントロールボードですが、長時間連続の高速航行やカレントがキツイなかで踏み続けるなどしますとどうしても過負荷が回路に集中して壊れてしまいます。
2018/11/02

プロショップオオツカリチウムイオンバッテリー【リチビー】取り扱いスタート

この度、プロショップオオツカ様オリジナルのエレキ用リチウムイオンバッテリー【リチビー】の新規取り扱いをスタートいたしました。

litchb.png


過去には米国メーカー品のリチウムイオンバッテリーの販売を計画したこともありましたが、国内法令や輸入にかかるコスト、管理など大きな壁に阻まれて断念した経緯がありましたが、大塚さんはこれらをクリアされ国内でメーカーとして販売をされたのを一年ほど様子を見ながら今回お願いをして取り扱いの許可を頂きました。


ラインナップとしては

12Vモデル 40A、80A 64800円税別~128000円税別
24Vモデル 40A、60A、80A 128000円税別~256000円税別
36Vモデル 40A 210000円税別

このようになっているそうです。
特徴としては、それぞれが一台のバッテリーながら24Vだったり36Vだったり、とこれまでボイジャーなどの鉛バッテリーだと12Vのバッテリーを複数台直列に接続して24Vや36Vにしていたのが不要になることです。
また、余談ですが12Vモデルを二台ないし三台直列に接続して使うことはできず、構造上機能制限がかかり使用できなくなるそうです。

24V60A.jpg
こちらの24V60Aモデルで重量16㎏、192000円。


大塚さんの話では、一言にリチウムイオンバッテリーと言ってもいくつか種類があるそうで、リチビーはリン酸鉄リチウムイオンバッテリーというもので、マンガンリチウム、ニッケルリチウム、コバルトリチウムといった他のリチウムイオンバッテリーと比較して発熱しにくい特徴があり、より安全性が高いことが特徴とのことです。
また、バッテリー内に複数個入っている各セルの電圧が若干低いことが結果としてエレキの動力として適していることも納得できる話でありました。
1セル3.4Vが一般的なリチウムイオンバッテリーで、4セルで13.6V、24Vモデルになるとこの倍ですので27.2V、これでは超過電流になりエレキのモーターや回路が先に壊れてしまいますが、リチビーは1セル3.2V、つまり12V構造の4セルタイプが12.8V、24V構造だと25.6V、36Vモデルになるとこの1セル0.2Vの差がより大きくなりますのでエレキにも優しい造りであると仰ってました。


メリットとしてはやはりその軽さでしょう。
エレキレイクでは毎度毎度の重労働から大きく開放されますね。24V以上のエレキであっても一台で済みますし。一番軽い12V40Aモデルでわずか6㎏、24Vの40Aでも12㎏です。参考までにこれまでの鉛バッテリーの代表、ボイジャーM27MF105Aが一台22㎏です。
船も軽くなりますので船足が速くなるのは間違いないですが、その反面、船の浮き姿勢が大きく前下がりになることもあるそうで、特に小型のレンタルローボートなどは工夫が必要になるかもしれません。

iphone_20120319000928.jpg
2013年に当店で輸入販売を企てたリチウムイオンバッテリー、こちらも約6㎏でした


デメリットはやはりその価格。
当店が目を付けた6年ほど前に比べればかなり安く手に入るようになってきてますが、それでも一番安い12V40Aモデルで64800円です。専用の充電器も必要です。
あとはその安全性。こちらも万が一の保護回路が内蔵されていて大きな事故につながるようなことはないそうですが、持ち運び時に落下させるなどしますと従来の鉛バッテリーとは全く別構造の精密部品の集合体ですので簡単に壊れてしまうと思われます。
この点は鉛バッテリーであっても同じで、落下すると極板が割れる、崩れるなどして使えなくなりますが。
また、精密部品の集合体をバッテリーの形のケースにしていますが、完全防水ではないそうで、特に雨天時などは注意が必要だそうです。
これにはバッテリーを買うと専用のカバーが付属しているそうで、特にレンタルローボートやアルミボートなどバッテリーが露出している状態で使う場合は必ずカバーをして使うように、とのことです。
バスボートなどであっても、ストレージ内の湿気、結露や雨水が垂れただけでトラブルになることがあるそうです、精密部品ですから当たり前と言えば当たり前ですね。


皆さん気になると思うのですが、これまで鉛バッテリーだと105Aだとかの容量の物が一般的でしたが、リチウムになるとどれも50A前後が多く、容量的に大丈夫なの?と思われるでしょう。
ここもリチウムの良いところなのですが、そもそも鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーとでは、時間換算の容量が一概に比較できないそうです。
鉛バッテリーはたとえ最大105A/hの電気容量を蓄えていても、それを100%出し切るようなことは構造上できず、せいぜい6~7割程度までしか実際には使えていないそうです。

これに対してリチウムイオンバッテリーの放電特性として、ほぼ最後まで電気を使い切ることができる上にエレキを動かす上で重要な「電圧」が使用開始時から使えなくなるまで、ほぼ落ちることがないという特徴があります。
これまでの鉛バッテリーだと、使用時間に比例してバッテリーの電圧も低下しだんだんとエレキの速度も低下してきて「そろそろヤバいかも・・・」とバッテリーを使い切っていたのが、リチビーだと最後までエレキは元気なまま、ということで良い面として捉えることもできますが、突然バッテリーが空になった、という事態に遭遇するという側面もありますね。


すでにリチビーを使っているTOP50の武田君や1シーズン使っているマスターズ北山君からも、お値段以上の価値はあり、さらに安全面でも特に不安はない、とお墨付きがありました。

武田栄喜バスフィッシングサービス リチウムイオンバッテリー関連記事
北山睦オフィシャルサイト リチウムイオンバッテリー関連記事


当店でも、以前にバスボートのエレキ電源用で米国メーカー製の物を使って重宝していたのですが、その頃の物はすぐに壊れたりしてあんまりだったのですが、6年も経つと製品も大きく安定し、そしてその頃よりは安く手に入るようになってるんだな、というのが正直な感想です。

当店オンラインストア プロショップオオツカオリジナルリチウムイオンバッテリー【リチビー】