修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

ゴールデンウィークの営業について

2017.04.30 (Sun)
今さらなんですが、連休中の営業について。
カレンダー通りの営業となります、明日5/1、5/2の月火は通常営業します。

5/3から7日まで、またおやすみとなり、この間メール問い合わせの返信などおやすみとなります。
オンラインストアのお買い物はご利用頂くことができますが、商品の発送などは8日以降の対応となりますので、ご了承くださいますようお願いします。


連休までの作業ですが、ざっとおさらい。




ジョンボート用でとお買い上げ頂いたモーターガイドX3-55デジタル、とにかく攻めたショートシャフトへ加工。
なんと27インチ!

わかりやすく、電話の子機を置いてみました。




続いては、連休明けには現地へ乗り込みたい!と厳しい納期でしたがなんとか完成した、FW109HTリモコン仕様。



年に一度の試合のためにお買い上げ頂きました。
来年もエレキ戦があればいいですね。







市販品では最もスピードを出せるモデル、36V105ポンド。
製品はとっくに廃盤となりましたが、パーツはまだ出てますので、パーツをバラでストックし、受注生産にて、二機がけリア専用、リモコン仕様でのみご注文を承っております。

36V105ポンド 160000円税別
24V82ポンド 140000円税別

こちらの価格には、
シャフトの長さ
リモコンケーブルの長さ
バッテリーケーブルの長さ

これらをお客様のご利用環境に合わせて自由に設定していただくことができます。

スポンサーサイト

話題のHELIX MEGAイメージシリーズ 今ならZ-LINEカードプレゼント中!

2017.04.28 (Fri)
遅ればせながら、ハミンバードニューモデル、メガイメージシリーズ各種を当店オンラインストアにアップしました。

当店オンラインストア ハミンバードページはこちら

メガイメージシリーズはサイド/ダウンイメージの際に使用する周波数帯をさらに高周波にし、従来よりさらに鮮明に対象物を映像化することに成功した次世代モデルです。
振動子も99x/89xシリーズからHELIXシリーズまで共通だったものから、新型へ変更されてます。

MEGA_Imaging_laitteet.jpg


ハミンバードの特徴である、一つの振動子で2D魚探/サイド/ダウンまですべてを映し出すという特徴は、これまでローランスではなくローランスのElite-Tiシリーズでやっと同じことができるようになり、レンタルローボートユーザーなど毎回のセッティングが必要なユーザーにとても優しい作りです。
振動子のサイズもElite-Tiよりコンパクトです。

HUM710262-1-2.jpg


またHELIXシリーズになってから大きく変わった特徴として、通過した場所の水深変化、底質変化をデータロギングし、魚探単体で等深線や底質の固さを色分けしてチャート画面上に表示するオートチャートライブ機能も魅力のひとつです。
この機能はローランスにはまだ搭載されてない機能で、ローランスですとリーフマスターというPCソフトを用いて一旦PCでデータ編集/作成を行い魚探へ戻す作業が必要になります。

操作体系はローランスのタッチパネルと違いキーパッド式ですが、よく使う画面モード3画面を登録できるショートカットキーなどもあり、サイド/ダウンイメージを中心にお考えの方には非常におすすめのモデルです。
メガイメージモデルと、それまでのノーマルHELIXモデルとをアップしており、ノーマルHELIXモデルについては価格を少しお値引きしておりますし、最新のメガイメージモデルについてはオートチャートライブを永続的にデータロギングするために必須となるZ-LINEカード(20000円税別)をサービス付属!

zero.jpg


今シーズンは私自信もメガイメージモデルを使ってみる予定にしており、今からワクワクしております。
とても高額な品ですので、事前のお問い合わせや在庫確認など、お気軽に当店メールフォームよりお問い合わせください。

【修理屋ちゃんねる】 第三弾!i-Pilotリモコンのユニット(単位)変更

2017.04.19 (Wed)
修理屋ちゃんねる 第三弾は人気沸騰のウルトレックスやソルト用各モデルのi-Pilotシリーズに標準付属します、無線リモコンのオプション設定についてです。

このi-Pilotシステムをおさらいしますと、GPS衛星からエレキの座標位置データを受信し自船位置やルートをメモリーしたり、そのメモリーした位置に自動で移動させたりなどといった非常に高度なワザを各種搭載しております。

皆さんがよく知っている、スポットロックについても本体に16箇所もメモリーし、いつでもそのスポットロックした場所へエレキで直行したりすることができます。

そういった場合に距離や速度などの単位(ユニット)の問題が発生しますね。
ミンコタの生まれたアメリカは距離はマイル、速度はノットが中心の国です。
日本でも船ではノットが使われますが、距離のマイルはいまいちですし、これじゃせっかくの高機能も分かりづらいしもったいない・・ということでこれらの単位を日本仕様へ変更する方法を公開しております。

現行モデルi-Pilotリモコンの電池

2017.04.18 (Tue)
2017年モデルi-Pilotモデルは本体とリモコンの通信方式がBluetoothとなり、リモコンの代わりとなるスマホアプリがあったり、リモコン自体のデザインも大きく変わるなどしてます。

で、この付属リモコン、2016年モデルまではボタン電池で同じ規格の物でもパナソニック製は収まりが悪く接触不良気味で使えないけど、ソニー製ならバッチリ、などありました。

2017年モデルから、電池は単4形の乾電池3本使用に変わってます。




リモコン裏の電池ケース蓋を♯1のプラスドライバーでネジを外して入れ替えします。

ウルトレックスなどはフットペダルで基本的な操作ができますが、ウルテラやRT55PDなど、リモコンのみで操作するモデルの場合、予備の乾電池と、念のためスマホアプリもインストールしていた方がいいでしょうね。

【修理屋ちゃんねる】第二弾!X3/5シリーズシャフトカットのキモ!

2017.04.12 (Wed)
昨日から開始しました、
「修理屋ちゃんねる」
     ↑
以後、このような名称に決定!

さっそく第二弾です!
なにやら動画が楽しくなってきました!

今回は現行モーターガイドフットコンX3/5シリーズのシャフトカット加工について、当店の考え方と作業についてです。
昨日の第一作目と違って、DIYの方向けの実践内容とは違うので、楽しくないかもしれません。。

ですが、これからしばらくは続くであろうX3/5シリーズのシャフトカット加工の精度を高めるためにどういった工夫をしているか、についてできる範囲で公開しております。


もちろん、動画内で登場します治具については企業秘密のため非公開とさせて頂いております・・笑



修理屋さん動画 はじめました

2017.04.11 (Tue)
時代は動画配信だ!というわけで、動画にて簡単な作業など公開でもしてみようと修理屋ちゃんねる(?)を開設してみました。
評判がよければこれからも続けていこうと思いますし、評判が悪かったり、気が向かなかったりすれば即やめます。。

記念すべき第一回目、【オイルシールの抜き方】
比較的問い合わせ、質問が多いヤツです。

モーターガイド、ミンコタともにモーター部のプロップシャフトの付け根部にある、防水用のシールです。
新しい状態のよいものなどは比較的取り外ししやすいですが、古い物などになると少々コツと工具がないと作業が進まないと思います。
そのあたりについても惜しげもなく公開しておりますので、DIY派の方はぜひご覧になって、

「たいへん参考になった!」

とか

「こんな程度じゃ満足せんぞ!」

など、感想を聞かせてくださいな。

今日の作業 モーターガイドTE782アナログ

2017.04.02 (Sun)
いつもお世話になります、某ショップオーナーからのご依頼。
年季の入ったアナログツアーTE782V、急に動かなくなったとのことでイヤな予感がしますが、とりあえずお預け頂き作業です。



この写真だけで、おや?となった方は中級者。

動作不良の原因はこちらにありました。







モーターの回転子、アーマーチュアコアに電気を送るブラシの片方、ブラシをアーマーチュアコアのコミュテータに押し付けるスプリングが焼きが入って縮んだままになり、ブラシとコミュテータとの間が接触不良になってました。

比較的レアなケースですが、過度に使いすぎたりしますとこうなることがあります。

やはりエレキは半分から上の高出力で長時間使い続けるのはよくないですね。
 | HOME |