修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

ムスタングMD3183BC専用 交換用ボンベ&センサーキット入荷しました

2015.03.27 (Fri)
昨年末ごろに一度ご案内しました、Mustangライフジャケット用の交換用
ボンベー&センサーキット、本日無事に入荷をしました。

国内の関係法令が厳しくなり、輸入すること自体が非常に困難になった商品。
今回もいろいろと勉強になりました。

ボンベは安全に使える使用期限が定められます。
交換用ボンベの詳細、交換の必要性についてはこちらの当店ブログにてご確認ください。

まだ当店オンラインストアへの掲載はできておりませんが、週明けには掲載をし
ご利用いただけるようにいたしますが、待ちきれない、と言う方については
こちらの当店HPのメールフォームからご注文や交換作業のご用命は承ります。

価格は少々高いのですが、14000円税別(15120円税込)、交換作業は比較的容易と
思われますが、誤った作業で暴発などすることもありますのでご心配な方は
ライフジャケット本体を当店までお送り頂ければ、ボンベ代金のみで交換してお返しもいたします。

追記 2015.4.1 オンラインストアへ掲載を完了しました。




さて話が変わりますが、当店の売れ筋商品といえばモーターガイドエレキ。
今日現在の在庫状況です。

モーターガイド TR109デジタル無段
モーターガイド TR82デジタル無段
モーターガイド X3-55デジタル無段



すべて在庫ございますので、即納OKでございます。

またTR82デジタルのマウントレス本体のみについては、通常価格よりお得なセールも実施中です。
こちらの当店ブログをご覧ください。


皆様のご利用をお待ちしております。

スポンサーサイト

限定二台!TR82デジタルマウントレス 20000円OFF!

2015.03.24 (Tue)
山ではウグイスの声が聞こえ始め、いよいよ春到来の予感。
今シーズンを新しいエレキで、とお考えだったのにまだ買えてない、と言う方に朗報です。

限定二台のみ、MGのハイパワーモデルの定番、TR82デジタル無段階、マウントレス本体のみを
特価にて販売いたします。


通常価格
マウント付きモデル 187000円税別
マウントレス本体のみ 10000円引き 177000円税別

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ こちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

20000円OFF! 167000円税別(180360円税込)!

もちろんお届け送料込み!



ご注文はオンラインストアからではなく、こちらの当店メールフォームからのみ受付します。
お支払いについてはオンラインストア同様、振込み、代引き、カード決済すべて
ご利用いただけます。

二台限定ですので、ご検討中の方はお早めにどうぞ!

今日の作業 ミンコタアーマーチュアコア交換その他

2015.03.20 (Fri)
お買い上げ頂いたミンコタRT55SP/i-Pilotです。



OPの60インチシャフト延長加工までご用命頂きました。
55ポンドの60インチシャフト、そもそもメーカーラインナップには存在しませんので
こういったショップオリジナルとしてOPパッケージとしてご用意をしております。
もちろん使用パーツはメーカー純正の物を、メーカーの組み立て加工よりも高精度に
作業をしてますので、今まで一度もトラブルになったことはございませんのでご安心ください。


続いてはミンコタマクサム70、アーマーチュアコア交換です。





以前にどちらかで行った作業がよくなかったのか、ブラシの相手先である
コミュテータが偏磨耗してます、おそらくブラシの面ではなく、角が当たり続けて
こうなったのでしょうか。

ブラシはブラシホルダーに収まった状態でコミュテータへ当たり、電気をアーマーチュアコアへ
送る仕組みです。
組み立て、組み付けのスキルがない者が作業することは、こういったトラブルの原因となります。


続いては同じミンコタでも55ポンドのアーマーチュアコア。
こちらは水没させたエレキをそのままお使いだったいうパターン。

正常に動作するけどシーズンイン前に、OHを、とのことですが良く聞くとかなり前に
水没させている、と。



エレキを水没させると、密閉されたモーター内へ、ヘッド部から大量に水が入ります。
モーター部は密閉されておりますが、シャフト部のみヘッド部と繋がっておりますので
エレキを逆さにしても完全に水は抜けません。
また浸水した状態であっても、エレキは動作してしまいます。
最終的には、写真のようなアーマーチュアコアの状態になり、ブラシもぬれることで
磨耗スピードも早くなり、短くなることでアーマーチュアコアへ当たらなくなって
動作をしなくなります。

水没させた場合は、絶対に使用せず、当店のような専門店で完全分解によるOH作業を
即時しなければいけません。

写真のアーマーチュアコアはコミュテータ間のみぞも汚れで目詰まりし、これも
モーターの動作原理で言いますと動作しなくなる原因となります。


最後に最近人気の商品、魚探用小型バッテリーと充電アダプターのセット。
ノイズ対策への第一歩として、人気商品です。





最近の作業をまとめて&マクサムマウント取外ブラケット入荷!

2015.03.13 (Fri)
季節柄でしょうか、主に修理ではなく現状で問題なく動いてるエレキのメンテナンス、OH作業で毎日毎日過ごしてます。

こちらは82ポンドから109ポンドへアップグレード改造をご希望のお客様。



ブラシが少し、ほんと少しなんですが磨耗して短くなってましたので、お客様へ報告、短くなることでどういった弊害があるか説明させて頂き、交換のご用命を頂きました。

ブラシが短くなってもエレキは動きます。
動いてるだけなのど、本来持つパフォーマンスを100%発揮できるのかは、また別の話です。

せっかく作業を当店へご指名いただいたのであれば、それにしっかりと応えるのが当店の使命です。


続いてマニアックなチョイス、マクサム70。



レンタルボートユースなのでしょうか、標準シャフト長の42インチから大きくシャフトカットです。

そしてこちらもレンタルボート向けの当店オリジナル商品、マクサムマウント取外ブラケット。



たぶん、日本では当店しかできない加工商品のひとつです。
モーターガイドのフットエレキのように、エレキ本体とマウントを、ドアブラケットで簡単に取り外しすることができるようになるすばらしいアイテムです。


ついでにこちらもたぶん当店だけしかできない修理。



現行マクサムやフォートレックスなどのフットスイッチ部、以前はマイクロスイッチ式だったのが、写真のマグネットセンサーへ変わってます。

マグネット本体部とリードとの接触不良がたまに起きて、スイッチ踏んでるのにモーターが動かない、でもペダルサイドのモード切り替えスイッチをCONモードにすれば普通に動く、なんて現象が起きれば確実にここが原因。




残念なことにメーカーからはこのマグネットセンサーのみがパーツとして出てません。
しかし当店なら大丈夫。独自に同じセンサーのみをパーツ在庫してますので、生きている基板ASSY交換でウン万円の修理、なんておかしなことにはなりませんよ。
マグネットセンサー 部品代金2000円です。

最近の作業をまとめて&モーターガイドX3-55デジタル36インチ入荷!

2015.03.12 (Thu)
キープキャスト明けで張り詰めていた糸が切れたのか、腑抜けになってなって
ブログのサボり癖が再発!

今日から気を入れなおして、皆様の役に立つ情報発信を再開しますね。

モーターガイドの新型12V無段階変速、X3-55 デジタル無段、待望の36インチモデルが
入荷しました。



当店ではオリジナルPKGとして、マチェット3プロップを1枚サービス!
標準だと、ウィードレスのサファリプロップしかついてないんですよね。
たぶんこのクラスのモーターだと、マチェット3の方が速いはずなんで。




在庫あり、即納OKですよ。
■■■■ こちらの当店オンラインストアよりお買求め頂けます ■■■■





3月に入って皆さんウズウズ?今シーズンのボートセッティングをお考えなのでしょうか。
特にエレキレイクに行かれる方は慎重に考えなければならないのがボートの重量バランス。
バッテリーはボート装備品の中でもっとも重量があるグッズです。



ボイジャーM24MF 80Aは一台あたり20.7kg
一般的なM27MF 105Aが24.3kg、ということはその差は3.6kg

二台なら7.2kg!三台だと10.8kgも軽くなるのが80Aなんですね。

小規模な湖だったり、トーナメントなどで時間が少ない場合などなら80Aをチョイスすると
ボートの軽量化につながり、それだけで船足も速くなるのは間違いなさそうです。

105Aほどではありませんが、80Aもだいたいいつも在庫ございますので、ご用命の方はぜひ当店へ。

■■■■ こちらの当店オンラインストアよりお買求め頂けます ■■■■



最後に主にソルト用エレキのユーザーさんに多いケースです。



とにかく、ペラを外してゴミやライン絡みのチェックを行うクセをつけましょう。
特にソルトの場合、強靭なPEラインを用いて釣りをするケースが多いせいか
このような状態でエレキ修理に持ち込まれるケースが多いです。

 | HOME |