修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

忙しいです

2014.01.29 (Wed)
またまたブログをサボるクセが再発(^^;;
お陰様で、日々忙しく過ごしております

年明け二回目のエレキその他パーツの入荷



人気のTR82デジタル中心ですが、82-Lや109も
今日現在、かなりのペースで売れておりまして、早くも在庫がヤバめ
次のを早々にオーダー入れときますね

やはり増税前の駆け込みでしょうか


そして今日のマニアックパーツは!



ミンコタRT55STの54インチシャフト~モーターハウジングASSY
当店なら、メーカーラインナップの全てのパーツをなんでも手配できます


そして修理作業も日々コツコツ進めております



TR82のシャフト交換
ぶつけて曲げちゃったそうです
ついでに36インチから33インチへ、ワンポイントのアダプターカラーもセットでずいぶんシャレオツになりましたね
スポンサーサイト

カスタムペイント

2014.01.23 (Thu)
Facebookの方で一足先にお知らせしましたが、モーターガイドFWハンドコンのヘッドカバーカスタムペイント

コンセプトはピンクのクラウンDaytonaバージョン、ドライバーは菜々子







すでに廃盤となりましたが、当店ではパーツを個々に取り寄せしまして、二機掛けリア用リモコン仕様として今も82、109ともに継続販売をしてます


リモコン仕様でもいいのですが、通常のスロットル仕様でも使いたい時がある、と言う話しを伺いましたので、リモコンとスロットルとを切り替えして使えるように作ってみました




少々複雑な作業になりますが、バスの時はリアリモコン仕様、ワカサギの時はスロットル仕様、と使い分けできるようになりました


標準のリモコン仕様のみで、
82ポンド 126000円税込送料込み
109ポンド 136500円税込送料込み

にて製作を承っております

あ、ヘッドカバーのカスタムペイントについては別途ご相談でお願いしますね

TR109修理屋さんバージョン お買い上げありがとうございました

2014.01.21 (Tue)
82よりさらに高みを目指す方向けの109
ポン付けで10km/hをカンタンに出せる、現段階では最高速モデル



レンタルローボート用とのことて、今回は33インチシャフトにてご注文を頂きました



この四月から消費税が今の5%から8%へ増税となります
そういったことで、エレキ本体や魚探など、比較的高額な商品の動きが激しくなっております

今日現在、人気のTR82は在庫あり、在庫のないTR109、TR82-Lなどは今週末にいくつか入荷予定がありますが、増税の件もありますので、いつもより早くに売れてしまうと思われます

今シーズン、エレキのお買い替えをご検討中の方はお早めに!

アンチキャビテーションプレート入荷しましま

2014.01.20 (Mon)
エレキのみを移動手段とするフィールドでその効果を発揮するアンチキャビテーションプレート

元が入荷し、国内で表面処理、アルマイト着色加工を経て再び当店へ返ってきまして、最後はワタシ自身の手で内職、組み立てと袋詰めです



今日現在、レッド、ブルー、ブラック、パープル、オレンジ全五色ですべて在庫アリです
こちらの当店オンラインストアよりどうぞ



キャビプレはこの手のパーツの元祖、今でこそ数社が同じようなコンセプトの商品がいくつかありますが、その中でも最もコンパクトで、尚且つ必要な機能、サイズを考え抜いて造られています



無駄を削ぎ落とし、必要最低限のコンパクトさの中に機能を集めた自信作
マウントにエレキを引き上げてもどこにも干渉せず、移動の車中や自宅の保管時にも邪魔になりません
違いの分かるユーザーは最後はキャビプレ、ですよ

修理屋さんの落下傘 送料無料セール!

2014.01.18 (Sat)
国産メーカー品としては初のバス用シーアンカー 修理屋さんの落下傘

2009年の発売以来、多くのお客様のご愛顧を頂きつづけ今日に至っております

スゴイですよね!2009年から売ってるって!
その間、より大型のバスボートでもはっきりとブレーキが効くマグナムサイズも発売されました

ボートオーナーはもちろん、普段レンタルバスボートをご利用の方やボートエギングの方までユーザーは幅広く、この度日頃のご愛顧に感謝!で期間限定にて送料、代引き手数料無料サービスキャンペーンを行います!

セール期間を終了いたしました
ご利用頂きありがとうございました





まだお持ちでない方、この機会にぜひお買い求めください





お買い求めはこちらの当日オンラインストアからどうぞ
修理屋さんの落下傘 レギュラー
修理屋さんの落下傘 マグナム

オンラインストアからお買い求め頂きますと自動の確認メールには送料、代引き手数料は自動計上されますが、振込先のご案内メール、代引きの場合は発送メールの際に送料、代引き手数料は0円に修正してご案内します

お支払い方法をクレジットカード決済は修正対応できませんので、今回のキャンペーンは振込、代引きのみとさせて頂きます


来るべきシーズンインもあと少し
比較的強風の吹きやすい早春に、人よりアドバンテージを得るのはいかがでしょうか
皆さまのご利用をお待ちしております

おすすめローランスオプション

2014.01.18 (Sat)
豊富な機能と使いやすくなった日本語メニュー化で人気のローランス魚探

魚探本体ももちろんですが、周辺アクセサリーも人気です



エントリーモデルながらHDSシリーズなどに近い機能性をもつMark/Elite5インチ、7インチ各モデル用の液晶ハードカバー
http://ereki.shop-pro.jp/?pid=59869308
http://ereki.shop-pro.jp/?pid=39407369




HDSシリーズとのネットワークも可能なElite-7HDIの専用HDI振動子をエレキのモーターに取り付けを行うブラケットと、ただ単に取り付けするだけではなく高価な振動子を障害物との衝突からガードする振動子ガード兼ブラケット




ローランス純正の取り付けアダプターブラケットは簡単なプラスチック製のカバー、安価ですが振動子を衝撃から守る点ではかなり不安が残ります



http://ereki.shop-pro.jp/?pid=59869278



これに対して社外品ですが、こちらの商品は対衝撃性能はかなり期待できそうな造り



http://ereki.shop-pro.jp/?pid=57951002

純正がプラスチックなのに対してアルミ合金製、進行方向はもちろん、後方からも守ります

デメリットとしては高価なところ、また構造からブラケット自体がスケグの役割になり、エレキのスピードが高速になると舵切りの役目をしてしまいますので、レンタルローボートでエレキのみでお使いになる場合はオススメしづらいですが、船外機付きのボートでエレキのみで高速移動をすることがないようであればこちらをオススメします

モーターガイドTR82入荷

2014.01.16 (Thu)
しばらく欠品中でした、TR82デジタルが入荷しました
ご予約頂いておりましたお客様の分を早速加工着手です
久々の奥義炸裂!の三台まとめて加工作業です



まとめて加工作業といっても、肝心な部分は一台ずつ、丁寧に作業を進めてますのでご安心を

一台目は30インチシャフト、アダプタカラー青、延長電源ケーブル4m




二台目、33インチシャフト、アダプタカラーパープル、延長電源ケーブル3m




三台目、ちょっと特殊な39インチシャフト、アダプタカラー青、延長電源ケーブル3m




当店の加工はショートシャフト換装の際、27インチから39インチまで3インチ刻みで4種類の長さからお好きな長さをお選び頂けます

ベースとなるエレキのお代金にオプションとして20000円でショートシャフト換装、延長電源ケーブルお好きな長さ、アウターチューブカット、アダプタカラー取り付け、ジャンプケーブル二本付属と至れり尽くせりの内容となっております



ジャンプケーブルもこれがなければ24V以上のモデルだと動かすことができませんが、ベースとなるエレキには残念ながら付属してません

TR82デジタルは今日現在在庫ございます
こちらの当店オンラインストアより、ご注文を承っております

Point-1 for レンタルボートシステム

2014.01.10 (Fri)
レンタルボートレイクがホームのお客様からローランスHDS Touchのシステム一式をご注文頂きました



で、問題になるのがPoint-1はHDS本体に直接プラグインして使うってものじゃないってこと

NMEA2000というネットワークラインを設置し、その中にPoint-1やHDS本体を配置、また魚探本体とは別にネットワークラインにも電源を設ける必要があります

ということは釣りに出る前、帰ってきた後にそれそれ付け外しの作業があるレンタルボートユーザーにはちょっと敷居が高いというか、面倒が多くなるアイテムですね

そこで最低限の取り付け、取り外しは必要ですが、なんとか少しでもラクできるシステムをお客様へ提案してみました



写真向かって左端が魚探本体に接続するコネクタ
青いのが電源コネクタ、黒い小さいのがネットワークラインのコネクタです

真ん中に二つ露出してますのが、ネットワークライン上のTコネクタ二個
二個の内、向かって左は魚探本体向けのラインなので、常時このまま
右側の方がPoint-1用のコネクタで、アンテナの設置方法次第ですが、ここは毎回抜き差しが必要になるケースが多いでしょう

写真向かって右側の赤黒のコードは電源ライン、バッテリーへ繋ぐのですが、ここを繋ぐことでHDS本体、ネットワークラインともに同時に電源がとれるようになっていて、フレックスチューブ内でそれぞれ別系統でヒューズも設けてますので万が一の際も安心

このシステムがあればレンタルボートユーザーも従来のシステムとほぼ変わらずにPoint-1の導入が可能になると思いますよ

ヘディングセンサー機能が取り沙汰されるPoint-1ですが、私個人としてはGPSレシーバーとしての機能が非常に高いのが魅力です

山間部などでもGPSのロストがほぼなく、位置精度も従来品の内蔵アンテナなどとは比較になりません

ちょっとビックリなんですが、屋根のある屋内でもGPSをキチンと拾ってしまうんですからね

当店にてHDS本体、Point-1を購入頂きましたら本システムを組んだ状態でご用意いたします

新年一発目の作業

2014.01.08 (Wed)
皆様新年あけましておめでとうございます
今年も当店は当店でしかできない、スペシャルなワークを提供できるよう務めて参りますのでよろしくお願いします

さっそく新年一発目のお仕事
モーターガイドデジタル無段階モデルのオーバーホール
問題なく動作してるとのことでしたが残念ことに、ブラシリードが焼損しており、ブラシカードアッセンブリでの交換提案となりました




新品のものと比較で並べてみました
ブラシ自体は生きていますが、その手前のリードが焼損して変色してます
焼損してるということは通電しにくくなっている状態、いくらたくさん電気を流してもフン詰まり状態になりますので、本来エレキの速力に変わるべき電気が発熱として消えてしまいます
熱で消えるだけならまだいいのですが、密封されたモーターハウジング内で熱がこもりますので、ブラシ自体やコミュテータやアーマーチュアコイルなどへ延焼してしまうリスクが高まります

デジタル無段モデルに変わって早8年ですかね?
そろそろ初期の物などはあらゆる部分がやられてることが多くなってきてます

早め早めのOH作業をオススメいたします
 | HOME |