修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

中古艇LOWE160W売約となりました

2013.08.26 (Mon)
数多くお問い合わせ頂きましたLOWE160Wですが、売約済みとなりました
お問い合わせ頂きましたお客様、ありがとうございました

ギアオイル、エンジンオイル、インペラの交換と、追加でご注文頂きましたメーター取り付けを本日作業致しました

こちらのボートはキレイな各種メーターがついてましたが、一番肝心なPSIめーがついていませんでした
船外機の冷却水がキチンと循環しているかを知るための重要なメーターです




メーターパネルに唯一スペースがあるところに目星をつけまして作業をすすめます




ライティングが若干ちがいますが、一番違いデザインの物を選んだつもりかんですがね~


そして水を回しながら試運転




しっかりと水が回ってますね
爺さんのションベン程度しか出てない私のボートとは比較にならないですね
スポンサーサイト

センスがない その2

2013.08.25 (Sun)
先日のエレキ修理作業、修理自体はかんたんなもので即日終了しましたが、バウの魚探ケーブルの取り出しがどうしてもガマンできず、勝手ながら作業してしまいました

Before


ホンデックスのコネクター並びに合わせたタイラップワークはまあいいとして、なぜそこから艇側の配線が無保護なのか?そして配線が交差してるのか?

AB型のA型の血が騒ぎだしちゃいました


After



魚探などの電子機器類のケーブル、ハーネスは断線などのリスクを考えると可能な限り、露出してる部分が少ないほうがトラブル防止になります

当店では、コルゲートチューブを各サイズ用意してこういった作業にあたってきましたが、ローランスなど最近の高機能魚探だと配線の数も以前より増えて、コルゲートチューブでは間に合わないケースも増えてきたため、今回のようなフレックスチューブを使用する機会が多くなってきました

もちろん、フレックスチューブ内の見えてないとこもケーブルの交差は修正済みですよ

新製品および再入荷情報

2013.08.24 (Sat)
まずは新商品のご案内です
昨年秋デビューで好評でした、Gフォースハンドル
こちらの商品、コンセプト自体は非常に優れてましたが、
あり物の樹脂ハンドルを流用してたことが発覚、その上素材もイマイチで
一部のお客様で破損トラブルも報告され、トーンダウンしておりましたが
さすが米国大手のマリン用品メーカー、すぐに対策品として
ハンドルの素材、ワイヤー終端取り付け部分、そしてハンドル破損の
一番大きな原因だった形成方法から根本的に見直した新型を投入してきました

IMG_86781.jpg

IMG_86831.jpg


現在当店で販売してます物はこちらの新型の物となりますので安心して
お取り付け、お使いいただけます

新型Gフォースハンドルはこちらからお買い求めいただけます

ハンドルのデザイン自体は従来型と同じですが、よく見るとところどころ
変更されてる部分がありますが、実際に手に取るとハンドル樹脂素材の違いが
すぐにわかるようになってます


続いてRIP CODEリップコードのご案内です
マウントロープ交換用の樹脂コーティングされたステンレスワイヤーで
Gフォースハンドルのワイヤーと同等品です

IMG_86511.jpg

IMG_86591.jpg


こちらはワイヤーのみの商品で、マウントのロープハンドルは今お使いの
ものを使います
お取り付けも基本的にはGフォースハンドルと同じですが、ハンドル側
終端の処理がカシめの圧着工具、大型プライヤーなどが必要ですので
これらの工具をお持ちの方にはGフォースハンドルより安価でありながら
同等のワイヤーロープへ交換できますのでおすすめです


再入荷した商品としましては、
モーターガイドTR82デジタル
モーターガイドFW54デジタル
バウンスバスターⅡ
トローリングモータードアロック
RAM-111U
RAM-111U-B
などなど

今日現在在庫あり、即納OKです

センスがない その1

2013.08.20 (Tue)
エレキの不調でお預かり中のボート
立派なバスボートですが、少々気になるとこがチラホラ



エレキを動かす電源ライン、バウのスイッチパネル内にあるターミナルブロックでトランサムにあるバッテリーと接続されてるのですが、せっかく短絡(ショート)防止のためにカバーされてるのに、これじゃ意味ないです

カバー外してみますと



悪く言うといい作業とは思えない、よく言えばアメリカン




正しい作業はこんなのでは?



電源ケーブルの線径、ビスの径に合った正しいサイズの丸端子を適した工具でカシめて、端子の根元は絶縁チューブでしっかり保護




この部分は通常ボートのインサイドにありますから、何か作業の際にしか目につかない部分です
でも見えないトコロだからこそ、いつも確実に安全であってほしい

そしてリギングする者は、自分が乗る艇であるつもりで、常に最良の仕事を目指して仕事しないといけません

もちろん、この仕事をした人物にとっては、これで最良だと思ってたのかも知れませんけどね

ミンコタへモーターガイドのプロップを取り付ける

2013.08.13 (Tue)
以前から同様のニーズはあったのですが、メーカーがなくなったりして
すでに入手困難アイテムのひとつとなってしまったものが
「ミンコタにモーターガイドのプロップを付ける」というアイテム

異なるメーカーですがモーター径が合致する一部のモデル同士であれば
今回新発売します物で互換性を持たすことができます

マチェット3プロップ for ミンコタキット
マチェット3ハードプロップ for ミンコタキット
NINJA#12プロップ for ミンコタキット
当店オンラインストアにて近日中にアップします

ミンコタのモーターへマッチするよう加工済みのMG製プロップと
オリジナルのスペーサーをセットにしました

スペーサーは全五色!お好みの色を選んで頂けます
IMG_2706.jpg


どういうことかと言いますと

IMG_2705.jpg

これだったのが


IMG_2714.jpg


これになります


対応は現行のウィードレスウェッジ2プロップを取り付けできる
ミンコタの44ポンド~70ポンドまでの各種ハンドコン、フットコン

具体的なモデル名をあげますと、
エッジマクサム44
エッジマクサム55
エンデューラ44
エンデューラ55
エンデューラC2 50
エンデューラC2 55
トラキシス45
トラキシス55
マクサム70

などなどになります
同じマクサムやエンデューラでも、旧型のウィードレスウェッジがついてる
モデルの場合は本商品は適合しません


ウィードレスウェッジ
プロップの先までまっすぐです
0002940278118_500X500.jpg


ウィードレスウェッジ2
プロップの先端が少し反り返ってます
14955385.jpg

IMG_2701.jpg

そしてプロップ自体にウィードレスウェッジ2と記載されてます
IMG_2702.jpg



取り付け方はかんたんです

通常通りプロップをつけて、プロップナットとプロップの間に
スペーサーを入れてプロップナットを締めこむだけ

ミンコタ純正プロップに比べ、厚みのないモーターガイドプロップだと
プロップナットを目一杯締めこんでもプロップまで届きません
IMG_2710.jpg


よって本商品のスペーサーを使い、この隙間を埋めてあげることで
プロップが使えるようになります
IMG_2713.jpg


ミンコタの純正プロップは形状からウィードレス性能は優れてますが
重量が非常に重たいため、低回転になりスピードが出ません

モーターガイドのプロップの場合、重量も軽く、高回転になり
軽量なアルミボートやレンタルボートなどであれば回転でスピードを
稼ぐことができますので結果としてスピードがアップします


マチェット3系は3ブレード、NINJAプロップは2ブレードとプロップの枚数が
異なるのが特徴です

速度についてはボートや積載重量などのマッチングもありますので一概に
どちらが速い遅いは言えませんが、一般的に軽量なアルミボートや
レンタルローボートなどで本商品が使える12Vモデルですと、NINJAプロップが
最高速が出ると言われております

その反面、高速時の回転振動や異音はうるさいです

マチェット3系の3ブレードだと回転振動が比較的静かで釣りがしやすいという
特徴があります

このことから二機掛けのリアであればNINJAプロップ、フロントのフットコンは
静かなマチェット3系と使い分けできますね


お盆休みのご案内

2013.08.13 (Tue)
明日14日水曜から18日日曜まで、お盆休みを頂きます
メールお問い合わせ、オンラインストアよりのご注文、修理、改造等の実作業すべてこの間のご利用は頂けませんので、ご了承下さいますようお願いします

今日の作業 ツアー109焼損

2013.08.12 (Mon)
津風呂湖マスターの増田プロより、なんかエレキがヘン?とのことで前後のモーターガイド109を点検にお持ち頂きました

当初はリアがおかしい、とのことでしたが、わざわざ遠路お越し頂きましたのでフロントのフットもついでに、と拝見しましたら



使いすぎ?アーマーチュアのコイルも、ブラシ、ブラシリードもよく焼けてます

この状態でも動作は問題なくしますが、本来の109のパワー、スピードは出てないはず

増田プロもなんとなく遅くなった気が‥とのこと


問題なく動いていても、本来のスペック通りのパフォーマンスを発揮できてるかどうかは話が別です

新しい当店の21ゲーターマウントカットモデルも、現在増田プロの手に渡り津風呂湖でテストを重ねております

増田プロのブログはこちら

使用頻度にもよりますが、一般のサンデーアングラーで二年に一回

すこし人より使用頻度が多い、ガイドさんやプロと呼ばれる人などで一年に一回は当店のような「専門店」へ点検に出されることを強くおすすめします

ただの釣具屋さん、ボート店さん、もっと言いますとメーカーでさえわからないこと、知らないノウハウが「専門店」にはあります

来週末はJB津風呂湖、リフレッシュされたエレキで増田プロの試合運びに注目です

落下傘をお買求め頂けるショップ様の紹介

2013.08.02 (Fri)
先日再入荷しました当店オリジナルシーアンカー
「修理屋さんの落下傘」

当店以外でも置いて頂いてますショップ様で、今回ご注文を頂いております
ショップ様を紹介いたします

滋賀県 セブンパームス様
岐阜県 バックラッシュ様
愛知県 ルアーアングル ハマ様
大阪府 ルアーショップ ジャンキーズ様
三重県 ボート&タックル クルーズ様


何か通信販売のついでや、直接ショップ様にて修理屋さんの落下傘を
お買求め頂くことができます

もはや琵琶湖南湖での釣りではなくてはならない存在?とも思える普及ぶり
ですが、琵琶湖以外でもボートエギング、ティップランや近海での
ボートフィッシングでも多くのユーザー様より高評価を頂いております

この機会にぜひ、あなたのボートにもブレーキを!

21ゲーターマウント ウルトラショートカットモデル

2013.08.01 (Thu)
2006年ごろから始め、これまで数多くのユーザー様より支持を頂いております当店オリジナルマウントカット加工

これまで01、07、16、21と数多くのモデルに対応して加工を承ってき、現在は、16と21マウントのみ、カット加工により、必要最小限の長さでお使い頂けるよう加工を承っております


これまで当店の加工は、従来のマウントの機能を損なうことなく、完全に上げ下げができ、もちろんロックもかかるような加工を行ってきており、マウントが本来持つ機能を加工後も引き継ぐことができることを売りにしてましたが、ユーザー様からの声に応える形として、主にレンタルローボートユーザー様のニーズによりマッチする、超ウルトラショートカットモデルを新たに展開すべく、試作をすすめております



向かって右
30インチシャフト対応の従来型当店オリジナルショートカットマウント

向かって左
試作品のウルトラショートカットマウント


ウルトラショートカットマウントはエレキを完全に引き上げることはできません
約120度程度までは引き上げることができますので、エレキレイクなどでロープを超えるなどは問題なく行えます





このモデルの最大の特徴は限界まで短く加工を行うことで、最大限の軽量化に貢献することができます





マウントベースの長さもご覧のとおり
バウデッキ自体、最小限のサイズで必要十分となり、ボートも広く使えるようになりますね


何とか今年度中には実用化できるよう、テストを重ねる予定です
 | HOME |