修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

ご来店

2013.05.24 (Fri)
何度も来られてますので、何を今さら…なんですが



下北山のヒーロー、山の神
山岡くんが遠賀川のプラクティスの帰りに立ち寄ってくれました

どうも、買って頂いたローランス魚探のネットワークが思うようにいかなかったみたい
完全に解決には至りませんでしたが、奥が深く、使いこなすことができればより強力な武器になるのがローランス

バス釣りユーザーの選択肢としては
ホンデックス
ハミンバード
ローランス

代表的なとこですと、これらになると思うのですが、当店ではハミンバードとローランスをオススメしますね

同じようにどんどんと高額になっていってるGPS魚探ですが、ハミンバードやローランスはやれるとことの奥深さがケタ違いです
特にローランスについてはこの傾向が顕著ですね

我々日本人にとっては大変残念なのですが、今ホンデックスを選ぶ理由というのは一つしか見つかりませんね

それは、今携帯電話を買い替えるのに、スマホではなくパカパカ携帯を買うのと同じ理由だと思います
スポンサーサイト

サウザー純正リセス

2013.05.22 (Wed)


オプションの純正リセストレーの取り付けをご用命頂きました

ただ取付するだけではもったいないので、当店ででき得る最高の仕上げで納品したいですね

乞うご期待!

HDSタッチとElite-7

2013.05.10 (Fri)
高機能かつ比較的お買い求めしやすいプライスラインであるロランスHDS-7Touch、そしてElite-7

先日訪れた某ダムですが、こんな豪華な使い方もありかも



タッチ7はサイドスキャン、ダウンスキャン、200kHzソナー
Elite-7はGPS専用

バウで立って見る、という場合
正直なとこら7インチワイドでは少々物足りない感があるのは否めません

特にサイドスキャン(ハミンではサイドイメージ)、ダウンスキャン(ハミンではダウンイメージ)では、大画面、高ピクセル数のモデルの方が、より細かく対象物を認識し画面へ大きく表示することができるアドバンテージがあります

そうはいってもハミン1198やタッチの12なんかはそうそう買えるような代物ではありませんから、普及価格帯の
7インチモデルでも二台並べて使えば様々な情報ソースをそれぞれに大きく表示することができますよ





スロープのタイムリミットまで頑張りましたが、15年前からストップしてる僕のテクニックでは振り向いてくれませんでした

Gフォースハンドルについて重要なお知らせ

2013.05.01 (Wed)
昨年秋に販売をスタートし、多くのユーザー様から
支持を頂いてますGフォースハンドル

当店でも数件の報告がありましたが、ハンドル部が破損するという
報告があり、その原因になりうる点について、お付き合い頂いております
ハーツマリン様HP内に判りやすく解説いただいてるページがありましたので
ハーツマリン様の許可の下、紹介いたします

こちらのリンク先にてご確認頂けます

内容としては取り付け方法によっては、ハンドル部の破損リスクが
高まることが判りました
上記リンクをよくお読みになってお取り付けなさることを推奨します


ハンドル側終端の止め金具が、ハンドルのもっとも奥まで引き込まれるよう
ハンドルに対して90度向いた状態で引き込むと言う内容です



もちろん従来どおりハンドルに対して平行のまま、ゴムの直下に引き込んだ
状態でも強く無理にあおるようにワイヤーを引かなければ多くのお客様の
ケースで破損なさらず問題なく使用できますし、私どもでもそれで
これまで使用できております


ただボートフィッシングをされてるお客様ならご存知のことですが、
マウントは個体差、クセがありなかなかロック解除がスムースではない
マウントがあるのは事実です

そういったマウントの対策としてワイヤーにより力ずくでロック解除を
していると、いくら頑丈なワイヤーであってもハンドル部はただの
プラスチック部品ですので破損があって当たり前と言えば当たり前です

伸びのないワイヤーですから、力ずくで引っ張るのではなく、手首を
スナップを利かすようなイメージでわずかな距離を引けばロック解除できます


またどうしてもロック解除がしにくいマウントの場合、ロックピン周辺への
グリス塗布と、従来のロープの時と同じくマウントやエレキのシャフトを
足で踏み込みながらロープを引くという基本動作を続けることを推奨します

それでも従来のロープの時よりははるかにスムースにロック解除できます

 | HOME |