修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

ローランスウィンターセールのご案内

2011.11.29 (Tue)
人気のローランスHDSシリーズが期間限定でウィンターキャンペーンを開催!
日本でローランスの正規販売をされる株式会社ジムクオーツ様が
日ごろの感謝をこめて非常にありがたいセールを開催されます

期間 : 平成23年12月1日~平成24年1月31日
lowrance_banner.jpg


お得その1 地図カードWプレゼント!
HDSシリーズのGOS録画式魚探をご購入予定のお客様には嬉しいご案内
精密湖岸線「スーパーショアライン」を2枚サービスいたします
全国各地へ遠征される方、トーナメンターの方などはありがたいですね
また近年多くなってきましたソルトユーザーにはノーティックパス簡易版を
インストールして、別途2GB録画用カードを2枚サービスいたします

マップエリアも、従来になかったエリアがぞくぞく登場!
当店も密かに頂いてウヒヒでしたが、ついに「淀川」エリアがリリース
大阪人にはうれしいですね
また「長良、木曽、揖斐川」や「入間、荒川」など、近年ホットな
新しいフィールドが新たに追加されています


お得その2 200kHz振動子プレゼント!
HDS-7, HDS-8, HDS-10など、通常振動子が別売りのモデルでも
期間中のお買い上げではスキマー、ポッド型振動子いずれかが付属します
通常別売りですとポッド型水温センサー付き200kHz振動子で14700円税込、
こちらがサービスということになり、これは非常にお得です

商品は豊富に準備していますが、期間中でも用意された数量で
セール終了となる商品もあるそうですので、この冬にGPS魚探の購入を
ご検討のお客様はお早めにご注文ください


いくらお得っても、最近の魚探って高いですよね…
一気にこれだけのお金がサイフから飛んでくのはなあ…


高額商品のお支払いに便利なクレジットカード払いや分割払い時の
金利がクレジットカードよりお得なショッピングローンもご利用になれます

お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
スポンサーサイト

限定台数入荷!マクサム70無段 42インチ

2011.11.23 (Wed)
ミンコタマクサム70無段フット 42インチが入荷しました

maxxum70.jpg


24V仕様 70ポンド 42インチシャフト ウィードレスウェッジ2プロップ
現行デジタルマキシマイザー無段変速で超スロー~MAXスピードまで
幅広い変速とバッテリー消費の少なさが特徴のモデルです

24V70ポンド出力というハイパワーモデルながら、比較的安価な
マクサムシリーズの70ポンドモデルです
ヘッド部、ペダル部のデザインが現行新型のフォートレックスシリーズと
同一デザインになりました

マウントはエレキ本体と分離ができないマクサムマウント360バウガード
レンタルローボートなどでお使いの場合、別途オプションで
当店オリジナルのマクサムマウント取外式ブラケット加工も承ります


数量限定での入荷となりますので、お早めにご注文ください


お問合せはこちらのメールフォームからお願いします

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

ご来場ありがとうございました

2011.11.23 (Wed)
先週末に行われましたバサーオールスタークラシック2011へご来場頂きましたお客様につきましては、当日はあいにくの天候で足元が悪い中、ありがとうございました

両日とも私どもは常陸利根川にあります、ハーツマリンさんブースでお手伝いしており、遠方からのお客様の中にはわざわざお会いしに頂ける方までおられ、感無量でした




展示中でしたバスキャットクーガーFTDも多くの人の興味から、これからボートを買い替える、新たに乗りたい船!という熱視線を一手に集めてました





正直なところ、関西ではほとんど見ることがなく、どっちかと言えばマイナーなブランドですが、関東では昔からのディーラーさんが長く販売されユーザーも多いボート

月曜に半日乗せてもらって釣りに出ましたが、全体的な作りも良く、特に釣りを行う船である、という点には妥協なく、細かい所まで作り込まれた船という印象で、今までのキャットに対するイメージが180度変わりました


バスボートを買いたいけど、どうすればいいのか?
モノを見ることができるのか?
試乗はできるのか?

今回お世話になったハーツマリンさんではこういう当たり前の疑問でありながらも、今までのボートショップさんではなかなか分からなかった点についても親身になって答えてもらえる、貴重なショップさんです

特に自動車では当たり前の試乗についても、頻繁に試乗会を開催してますし、試乗会以外でも問合せすれば対応して下さるそうです

新艇バスキャット以外にも、お得な海外からの中古艇も数多く取り扱いされてますよ

バサクラを終え

2011.11.21 (Mon)
昨日無事に終えました
初めての参加でしたが、正直面白かった、関西にはないイベントですね





今日は一日オフで、いつもお世話になってるハーツマリンさんのメンバーさんと利根川で釣りです

バサクラで展示中だったバスキャットクーガーで、キャットが釣れたらうれしいなあ、関西ではキャットフィッシュ釣れないし

モーターガイド×ホンデックス

2011.11.14 (Mon)
人気のモーターガイドツアーTR82
さらなる進化をし、モーターハウジングへローランスの200khz振動子が内蔵し、振動子ハーネスがエレキ内部を通ってペダルから出ており、これをローランスのブルーコネクタモデルであれば、プラグインで使うことができるモデルです




しかししかし、ここは日本
ローランスも人気、実力ともにありますが、やはり国産機の代表、ホンデックスも根強い人気があり、特に琵琶湖南湖では絶大なるメリットがあるのも事実


そこでモーターガイド純正オプションのこちらはいかが?






なんか見たことある3Pのコネクタ
200kHzのみですが、これでホンデックスもお使いになれますよ

ホンデックス用アダプタケーブル
価格は4500円で本日現在、在庫たっぷりありますよ

新規取り扱いアイテム アングラーズパル マルチマウントModel MT-10

2011.11.13 (Sun)
IMG_2710 のコピー
この二週間は輸入貨物強化週間
この間、三度の輸入商品の入荷、通関引取りなど大忙しでした

都度、目玉になる商品は当ブログなどで案内してましたが、
昨日にありました最後の分で、新規の取り扱いアイテムが入荷しました

Angler's Pal Multi-Mount(アングラーズパル マルチマウント)Model MT-10
IMG_0775 のコピー


そうです、この手の魚探マウントはジョニーレイ~RAMマウントという
流れでしたが、ここに来て第三の本命アイテムの登場です

ボートデッキ上や、魚探の架台への取付け用ボルトナットなどの
ハードウェア類がすべて付属、ってのも気が利いてますねー


さっそく当店デモマシンへ取り付けしてみました
IMG_2713 のコピー



バウなんかだと、まっすぐにするとかなり目に近くなりますし、
ボタン操作なんかも今までよりも近くになり楽チンになるくらい、
アーム部の長さがあります

従来だとこのクラスだとRAM-D-111U-Cヘビーデューティという超大型
RAMマウントの出番でしたが、マルチマウントと大きさの比較しますと
こんな感じ

IMG_2705 のコピー


ゴッツさは負けてますが、軽さやコンパクトさはマルチマウントの勝ち
そして何よりもこのマルチマウントのすごさがアーム固定力の違い

従来のRAMマウントだとアーム部中央に一箇所だけ固定ノブがあり、
アーム両端にあるボール保持部を離れた位置からノブ固定するため、
いくらしっかりノブを締めこんでも離れた位置のボールのホールド力が
弱くなってしまってましたが、マルチマウントはアーム部中央ではなく
それぞれのボール部に直接固定ノブがあるため、ノブを締め込みした力が
ダイレクトにボールへかかるため、非常に力強くホールドします


実際に今回試したHDS-8を手でゆすって倒れるか、試してみましたが
RAM-D-111U-Cヘビーデューティだとボール部の摩擦力が負けて
簡単に滑っていたものが、マルチマウントだと全く、全く動じません
と言いますか、これ以上トルクかけたらマルチマウントを固定してる
デッキ面からモゲてしまいそう・・・てな感じでした

ということで年々大型化&巨大化するGPS魚探ユニットには
このマルチマウントが定番化しそうな気がしますね


ちなみにこの商品、今週末のBasser Allstar Classicのハーツマリン
ブース内で展示されるバスキャット クーガーFTDへも取り付けした状態で
展示される予定ですので、会場へお越し頂く予定のお客様は
現物をご覧いただき、その性能を直に体感頂くことができます


お問合せはこちらのメールフォームからお願いします

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

当店にしか出来ないコト

2011.11.10 (Thu)
久々のマクサムマウント取外式ブラケット加工



本来、取り外しが行えないマクサムマウントを、モーターガイドのマウントのように脱着式にすることができる、当店オリジナルの技

ま、純正流用の部品をチョチョイとカンタンな加工するだけなんで、技ってほどのモンでもありませんがね

どーしてもミンコタじゃなきゃヤダ!って頑固な方でも、これならレンタルローボートやエレキレイクでお使いになれますよね

モーターガイド×ローランス

2011.11.09 (Wed)
最近のエレキはモーターガイド、ミンコタともに、各種魚探メーカーの
振動子がモーターハウジング内へビルトインされたモデルが人気です
本日もTR82-Lが入荷してますが、すでに予約注文で売約済み
来週末ごろ、まだ数台入荷予定がありますけどね

コレな~んだ?


IMG_0759.jpg


正解はこちらのTR-Lシリーズの振動子部分ASSY

iphone_20111007203017.jpg


部品として取り寄せしてみました、もちろんコレだけでは動きません
他に必要なものも一緒に手配し、本日在庫となりました


エレキに振動子を取り付けする方法として一般的な、外付け(表現が
正しいかな?)
付けたり外したりが容易な反面、振動子はもちろん、魚探と接続するための
ケーブルが外部に面してるため、破損や切断といったトラブルは多く、
これまでは当たり前のリスクとして捉えられてきましたが、TR-Lシリーズや
ミンコタのUS2シリーズのようなビルトインモデルだと、こういった今まで
だと当たり前だったリスクが皆無となります

また本来振動子が付けられていたハウジング部に空きスペースができますので
今までスペースの都合上取り付けができなかった振動子が追加取り付け
することも可能です

最近じゃ、バウに二台、三台の魚探を付けられる方も珍しくないですよね
そういった場合、振動子のスペースがないことが問題になることもありました


今回取り寄せした、モーターガイドのロランス振動子ビルトインキット
価格は28000円税別、取り付け工賃は別途11000円税別にてご用意してます
はっきり言って、新品時のTR-Lと普通のTRとの価格差程安くはないので
申し訳ないのですが、現行のTRツアーシリーズやFWフレッシュウォーター
シリーズなどのデジタル無段モデルをお使いの方であれば
本キットを用いればビルトインモデルへ改造が可能です


また日本では多くのユーザーが多い、ホンデックス魚探のユーザーさん
「最近はロランスのネタばっかかよ」
いえいえ、振動子自体はロランスもホンデックスもほぼ同じ仕組みで
動いており、変換ケーブルを用いれば、TR-Lシリーズのビルトイン振動子を
ホンデックスでお使いになることもできます
つまり、TR-Lシリーズをホンデックスの魚探で使うということが
この変換ケーブルを用いれば可能なんです

こちらも本日入荷をしており、数量が少ないですが在庫ございます

気になる方はまずはお問合せをどうぞ
お問合せはこちらのメールフォームからお願いします

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

Basserオールスタークラシック 2011 会場におります

2011.11.07 (Mon)
来る11月19日、20日に利根川にて開催されるBasserオールスタークラシック 2011

当店が業販などでお世話になってます利根川、北浦、霞ヶ浦方面の
マリーナさん、ボートメンテナンス業者さんなども多くある利根川での
開催ということもあって、当店も協力をすることとなりました

中でも創業から数多く当店取り扱い商品などを販売いただいてます
ハーツマリンさんが、当日の会場となる千葉県香取市
「水の郷さわら」河川マリーナにてブースを出展されるということで
当店も若干ではありますが協力させていただくこととなりました


当日はバスキャット クーガーFTDの展示や抽選会、バスキャットアパレルや
当店で扱いのあります各種ボート用品の展示即売会を頂けるとのことで
私どもも19日、20日の両日、会場にて皆様方のお越しを楽しみにお待ちしてます



ただ半分仕事、半分遊びで行くだけではもったいないですので、
当日はこれでもかっ!と言うくらい、エレキの交換用パーツや
本体を持参するつもりです

オールスターの出場選手の中には、2Dayの試合中にエレキのトラブルを
起こしてしまう方もおられると思います

そういった「やっちまった!」という方が安心して試合に挑めるよう
お困りの方がおられましたらハーツさんを通して言っていただけましたら
パーツの供給、交換作業など承れるフル装備でバックアップ体制を整え
当日はお邪魔したいと考えてます


ハーツマリンさんからは三名の出場選手がおられるそうです
ベストなのは選手のボートに何もトラブルがなく、二日間の戦いを
終えられることですが、万一、万一お困りのことがあれば
選手、マリーナさん、メンテナンス業者さん問わず、最後の最後には
ご遠慮なく何なりとお申し付けくださいね

ホンデックスの振動子

2011.11.07 (Mon)
ローランスのポッド型、スキマー型振動子オンリーではありますが、人気のあるトランスデューサーシールド&セーバー



高価な振動子を破損から未然に防ぐことができ、また破損した振動子さえもこれを使うことで今まで通りにエレキのモーターハウジングへ固定して使うことができます


これに対して日本が誇るホンデックスは?



なんかダサい‥‥

一応、振動子本体とカバーとの構成になってますね
昔はこれで違和感なかった、というよりもこの形の振動子がエレキに付いてることがステータス!でしたがねえ‥‥


そこで思いつきで作業開始!


上面のビス二本を外すと振動子とカバーとが分離できます

振動子の角をザックリとカット&ヤスリ掛けすると








どうでしょ?

ホンデックスの純正振動子カバーはプラスチック、シールド&セーバーは金属製

どちらが障害物に強いかは明らかですよね

これからのシーズンにおすすめ

2011.11.04 (Fri)
もう11月だと言うのにこの夏日…今日は暑かったあ
明日も同じくらいで昼から雨だそうです

この暑い日にアップするのもどうかと思うのですが、これから寒くなると
皆様から重宝されるのがSAVE PHACE(セーブフェイス)

夏場はジェットスキーのお客様から人気でしたが、これからは釣り人の
頬を突き刺す冷たい空気をコイツがやさしく包んでくれます


マスク自体は非常にシンプルなつくりで頭部~顔面~あごにかけてを保護し
後頭部でゴムバンドで固定するってスタイルで、私自身も実証済みですが
バスボートで100km/hを越えるスピードで航行してもマスクが飛んだり
ずれたりってことは一切なく、雨風からデリケートなお肌を完全にブロック
してくれて、ボートで移動距離が長くても鼻歌フンフンな感じで
非常にGOODなアイテムなんです

で、今日現在の在庫状況です
当店の在庫ラインナップは高級モデルのTaggedシリーズと一般モデルの
Dopeシリーズの2ラインのみ

Taggedシリーズはペイントがエアブラシによるカスタムペイントモデル
マスクバッグやダークレンズがオマケで付属してます

これに対してDopeシリーズはプリント着色でレンズもクリアレンズのみ
となっており、カラーリングの深みはやはりエアブラシで一個一個
カスタムペイントされたTaggedシリーズの方がはるかに上ですね


以下、在庫カラーとシリーズのご紹介です

2011年ニューカラーのPandra(パンドラ)
Taggedシリーズのみです
pando.jpg


同じく2011年ニューカラーのDamiana(ダミアナ)
Taggedシリーズのみです
damia.jpg


定番人気のあるDiabro(ディアブロ)
Taggedシリーズのみです
deaburo.jpg


こちらも定番、Predetor(プレデター)
Taggedシリーズのみです
purede.jpg


根強い人気、Ghost Stalker(ゴーストストーカー)
Taggedシリーズと、Dopeシリーズと両方ラインナップがあります
gosuto.jpg


こちらも根強い人気、Lazarous(ラザロ)
Taggedシリーズと、Dopeシリーズと両方ラインナップがあります
razaro.jpg


上記の画像はメーカーサイトからの物なのですが、実際のカラーは
エアブラシによるTaggedとプリントのDopeとではまったく質感が
異なります、言うまでもなくたった6000円の価格差であれば
Taggedシリーズの方が満足をいただけると思いますよ

SAVE PHACE各シリーズはこちらからお買い求めください




あ、琵琶湖北湖なんかを主戦場とされてる方向けには
こちらなんかどうでしょう?
food.jpg


シャレのようですが、これであなたもレーシングドライバー

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

普段見えないところ

2011.11.02 (Wed)
モーターガイドツアーTR82なんですが、全然別件で修理をご依頼頂いたのですが、これを目にしたら黙ってお返しすることができませんでした



かなり激しく焼けてしまってます
もちろん手前側の方が新品です

アーマーチュアコアが焼けてもエレキは動きます

しかし朝一番、アーマーチュアコアがクールダウンされた状態ならまだしも、しばらくエレキを動作させると、焼損したコイル線が通電不良から発熱、さらに通電不良と悪循環となり本来エレキを動かすための電力が熱となって逃げますので、エレキ本来のスペックを発揮できなくなります


なんとなく、最近遅くなった

という原因がこんなトコにあるケースもありますよ

よくやっちゃうアノこと

2011.11.01 (Tue)
エレキを使う場面は様々です
注意して欲しいのは、船外機と併用してる時

ちょっとその先のポイントへ
ちょっとだけ、ちょっとだけ

ほんのチョイ移動の際、エレキを降ろしたまま、船外機でブーンと移動してませんか?

アイドリング程度のスピードならまだ大丈夫ですが、少しの移動でもスロットルを開放してしまうと要注意です



写真下のアーマーチュアコアがやっちまった方



モーターハウジング内でアーマーチュアコアが動く範囲を制限するスラストワッシャー固定用のEリングの収まる溝が大きく拡がってしまってます

こちらのエレキ、ミンコタなんですが写真向かって右側にプロップがあるので、船外機で移動の際、エレキを降ろしたままだったため、プロップが水の抵抗を受けて勝手に廻って通常使用の回転速度より遥かに上がったのと、プロップ方向へ水圧でかなりの力で引っ張られたため、こういう状態になってしまいました


スラストワッシャーを固定するための、Eリングが遊んでしまうため、アーマーチュアコア自体も前後に大きく遊ぶことでブラシとコミュテータを当たり位置も遊んでしまいますし、最悪のケース、Eリングがアーマーチュアコアシャフトから外れますとエレキが動作しなくなることもよくあります

船外機移動時は必ずエレキを上げる!ですよ

ムスタングMD3183BCやっと来ました

2011.11.01 (Tue)
お待たせしました
モーターガイドTR82デジタルコンフォートロール、そしてそして
ムスタングMD3183BCが入荷します、数日先になりますけど・・・

本日神戸へ入港、明後日ごろ通関しに行って参りますので
当日中には当店社用車のタンドラ(軽トラとも言う)で持ち帰ります


久々にムスタングMD3183BC入りますねえ、安全を本気で考える人のための商品です
しばらく欠品していた間も小売、卸ともにお問い合わせが多かったため
なんとか早く欲しかった品です


まだ入荷はしてませんが、一応当店オンラインストアの在庫設定も変更して
お買い求め頂ける状態へしてます

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
 | HOME |