修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

モッタイナイその2

2011.10.30 (Sun)
ミンコタマクサム44の修理です
モーター回転時に異音がする、当店の前に他店でOH作業されたが、どーも内容が満足できない、その他諸々ということでのお預かりです

で、早速なんで?を発見、マクサムはペダル裏のアルミ板に基板の放熱板部にビス二本で固定されてるはずなんですがなぜかビスがない

とりあえずアルミ板外すと



あの、そのビスは板の上から使うんスけど

で、ナゾが解けました
このエレキのお客さん、他店のOH時に調子が悪かった基板を交換してもらったそうです

ミンコタの基板は大きく分けて、旧型のマキシマイザータイプと、現行のデジタルマキシマイザータイプとがあります
外見から判断するには、マイクロスイッチが使われてるか、そうでないかで判断でき、もちろんマイクロスイッチがなく、マグネットセンサー式の物が現行になります

こちらが現行マキシマイザータイプ

若干レイアウトが違ってて、配線周りもシンプルになってます


旧型でも例のビス穴位置のレイアウトなどで何種類かあり、今回はペダル裏のアルミ板と基板本体とのビス穴位置が合わないために、写真のような不完全な状態でひっそりと作業終了となっていたみたい

ミンコタもモーターガイドも、変速制御を行うメイン基板は発熱しますので、何らかの方法で熱を逃す処置がされてます

今回の旧型マクサムの場合、ペダル裏のアルミ板と基板の放熱板とをビス二本で固定することで、熱伝導率の高いアルミ製のペダル裏板に基板の発熱を逃がしてるのですが、上の写真の状態だと基板の放熱板とペダル裏板が密着してませんので、せっかく交換した基板も破損のリスクがアップしてるはずです

穴位置が違うなら、穴を空けてあげればいいだけなんですがねえ




つーか、旧型マキシマイザータイプの基板、もう何年も前にメーカー生産が終わってて、もう手に入りません
現行のデジタルマキシマイザータイプへの換装キットがサプライされており、当店のような専門店ではこちらを用いての作業になるのが普通です
当店でも38000円税別にてご用意してます

こちらのお客さんが出されたお店、どうやって旧型基板を用意し、作業したんでしょうね

まさか、、、まあいいや


ちなみに当店では中古部品や下取りしたエレキからの部品取りパーツを使っての修理は一切行っておりませんよ、当たり前ですけどね
スポンサーサイト

モッタイナイ

2011.10.30 (Sun)
現行ツアーTRモデルの最新モデル
他店改造品の修理依頼なんですが



まあ、ショートシャフト加工はできてもこの位の修理もできないようなトコなら想像は容易でした



シャフトトップにつく、ピニオンギアナットが古いリベット固定タイプになってます
このタイプはもうかなり以前の古いツアーの頃のもの
リベット二本で重たいモーター部を支えてるため、やがてリベットが緩んで来て、最終的にはリベットの足が折れるなどトラブルが多くあり、現行ツアーはシャフト側、ピニオン側にネジ切りされた別部品になっており、ねじ込み固定式に強化されてます

当店などの専門店では、シャフトをカットするのではなく、予め用意してます別の短いシャフト、それもネジ切り加工したものへ、交換することでこの問題へ対応しておりますが、中途半端なショップなどではいまだに「ツアーはカット」なんでしょうか

強化された部品使用をとりやめ、古いスタイルへ戻して、もしもそのことをユーザーへ伝えてないとしたら、大問題だと私は思うんですが

だってお客さんはチューンナップと今でも思ってるはず
これじゃデチューンでしょ

大人気!サウザーバッテリーグリップナット入荷しました

2011.10.26 (Wed)
IMG_0738.jpg

こちらかからお買い求めいただけます

さっそく当店デモ艇のバッテリーもフルでこのナットへ交換しようっと

バッテリー標準の蝶ナットだと小さくてすぐに紛失したり、ボートの
ストレージ内でも落下して行方不明になったり、といいことは一切なく
こういった現場の不便から生まれる「かゆい所へ手が届く」商品は
当店も一生懸命、大事に売りたいですね

ほんとオススメできますよ


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

サウザーブランド おすすめ新商品のご案内

2011.10.16 (Sun)
つい先日、新発売されたサウザーブランドの新商品の紹介です
今までも同じような商品はあったのですが、やはりこれらはイイです

サウザー イージーグリップバッテリーナット
nut.jpg


ディープサイクルバッテリーとエレキ、魚探、船外機のセル用コードを
つなぐ際、必ず必要になる蝶ネジを本商品へ交換します
たったコレだけのことですが、劇的に不自由、不満が一撃解消です

ボートフィッシングを行う私たちとは切っても切れない縁がある
ボイジャーをはじめとするバッテリー
画像 001 のコピー


当たり前のように蝶ネジであらゆる装備品の電源端子を固定してますが
このグリップナットを使えば非常に簡単に、しかもストレス無く端子の
付け外しを行うことができるようになります


よくあるトラブル事例
レンタルローボートなどで、朝暗いうちにいそいそと出船準備、
他のお客さんに遅れまいとあわててエレキとバッテリーを接続しようと
あっ!と蝶ネジがポロリンチョ、とスノコの下なんかへ落下・・・

もういっちょ
バスボートなどでも同様に、せまいバッテリーストレージ、手が届くか
届かないかギリギリのところ、何でこんな位置にバッテリーあるの?
とイライラしながらやってると蝶ネジがストレージ内奥深くへサヨウナラ・・・

こんな痛い目に遭うくらいなら、最初からこのグリップナットへしちゃいましょう

ナット自体は金属製で金メッキ仕様
画像 008 のコピー

通電性云々・・・のくだりはまあアレですが、少なくとも水周りで
使いますので、錆びといいますか、酸化が始まりますと著しく
通電しなくなることがありますので、そういった意味では意味があるかなと

そしてもうひとつ

サウザー バッテリーキャリー
kyari.jpg

重いバッテリーの運搬、どうしても楽して運びたいと思うのは
皆さん同じだと思うのですが、こればかりはわが身を鍛えるしか
方法が無いと思われてました

しかしこのバッテリーキャリーを用いることで今までよりも全然楽チンに
バッテリーを持ち運びすることができるようになります

秘密は持ち手のEVA製グリップ
びみょーな直径、堅さが日本人の成人男子の平均体系に近いワタシも
すぐに実感できました
一人で運ぶのはもちろん、長距離を二人がかりで運ぶこともできるよう
左右にもう二個、同じグリップがついて合計で3個のグリップがついてます

決して自分の筋力がアップしてるわけででもなく、バッテリーが魔法で
軽くなってるわけでもないのに、とても不思議なアイテムです
画像 015 のコピー

何気にデザインもカワイイし、センスありますよね



お問合せはこちらのメールフォームからお願いします

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

本日入りましたー

2011.10.13 (Thu)
本日輸入品の入荷がありました
ミンコタの交換用プロップ各種



一番小さいモデルのパワープロップ、MKP-2


そして最新モデルのMKP-37 パワープロップ



現行のエッジマクサムシリーズにお使い頂ける新型パワープロップです
ウィードレスウェッジ2プロップが標準付属の44や55など用のパワープロップがついに発売されました


そしてまたまた再入荷のトロールパーフェクト


お待たせしてますお客様、やっと入りましたよ
そして今回は業販先様にも案内を差し上げてますので、今後は当店以外でもお買い求め頂けるようになると思います

こんなのどうでしょうか?

2011.10.10 (Mon)
先日案内しました、ロランスの先進機能ダウンスキャンを搭載したマーク5xDSI




このモデルは39800円税込という破格の低価格でありながら、ダウンスキャンを使える専用モデルです

ストラクチャスキャンほどではないですが、455kHz/800kHzの振動子を使うのですが、その取付方法がちょっと難あり

基本的にトランサム外付けが前提なのか、スキマー振動子とおなじステーが同封されてますが、これじゃエレキ取り付けにはかなりムリがありますよね

そこで純正のこちらはどうでしょうか?




どこかで見たようなデザイン、あのメーカーのとは違って樹脂製ですが必要十分






写真はパーカークランプをあのメーカーのブラック塗装の物にしてます

レンタルボートユースなどにオススメな取り付け方法ですね
何より振動子の足を破損させることもなくなり、余計な出費にならなくなるのでは?

本日もお買い上げありがとうございます

2011.10.08 (Sat)
人気のモーターガイドTR82デジタル
本日も出荷させて頂きました



と同時に交換用プロップも同時お買い上げ



船外機のプロップほどではありませんんが、エレキも使用する環境、セッティングでベストなプロップが変わることがあります

軽いジョンボートに一人乗りなら、回転で稼ぐNINJAプロップなのか?

ライブウェルや二人乗りで重量増ならトルク重視でマチェットシリーズなのか?

とりあえずマチェット3ハードが人気はありますが、実際のスピードは客観的に判断できる、GPS魚探などで計測することがベストです

主観だけで何となく速くなったような気がする、なんてのは何の根拠もありませんよ

今日の任務

2011.10.07 (Fri)
アレをこうして、と初対面のボートを前に脳ミソフル稼働




そしてミッションコンプリート




魚探とエレキ、コンボでお買い求め頂き、誠にありがとうございました

モーターガイドTR82-LとロランスHDS-7
200kHzの振動子内蔵のエレキとの組合せで、非常にスッキリとしたスマートインストールが可能になりました



これなら、例えばフロントへ追加でホンデックスの107kHz、400kHzも余裕を持って取り付けすることができますね


たまに出張作業について質問を頂きますが、基本的には修理については出張作業は承っておりません
ですが、新品エレキをお買い上げ頂きまして既存のエレキと交換する場合については、琵琶湖南湖エリアに限り出張作業を承っております

また愛艇をご自宅に保管されてる方は、総面積100坪オーバーの当店作業場までお持ち下されば一時預かりしまして作業を承りますよ

セットでオススメ

2011.10.05 (Wed)
先日のブログで案内しました、ロランスHDSシリーズ

こちらとコラボってみるのはどうでしょうか?




モーターガイドTR-Lシリーズ
ツアーTRシリーズにロランスの200khz振動子がモーターハウジング先端に内蔵されたアップグレードモデルです



もちろん水温センサーも内蔵してます


振動子が内蔵されてますので、HDS7,8,10シリーズの特徴である、振動子別売りであってもそのままお使い頂くことができます

上のペダルの写真にありますように、ペダルから振動子用のブルーコネクターが出てますので、こちらを魚探へ接続すれば、あとは魚探の電源だけ取ればそのままお使い頂けます

今回二台だけ試しに在庫販売用に取ってみましたが、商品が入荷する前に完売御礼

年内にもう一回、在庫分として取ってみます

もちろんこのモデルも通常モデルと同じく、レンタルローボートユースのショートシャフト加工もうけたまわっておりますよ

ローランス ダウンスキャン

2011.10.03 (Mon)
先日に紹介しました、ロランスの廉価版ながらダウンスキャン機能に絞ったモデルMark-5xDSI
iphone_20110921203508.jpg

使える機能は非常に制限があるモデルですが、ロランスが世界に先立って実用化した
ダウンスキャンをお使いいただける専用モデルです


ダウンスキャンって?
と言うお客様もおらると思います

一言で言えば、今までの魚探で映し出していた対象物を3Dで表現し
どういったモノを映し出してるのかを、より人間の目で見た感じに
近く表示する機能です


Mark-5xDSIではありませんが、HDS+ストラクチャスキャンでも同様に
ダウンスキャンをお使いになれるので、先日でかけました淀川での
スナップショット画面を紹介します

ロランス2

下流域の赤川鉄橋下流のテトラです
ここはかなり沖まで広域にテトラが入ってるようです
ダウンスキャン画面(画像向かって右側)にテトラポッドがはっきりと
映し出されております
向かって左側の画面、サイドスキャン画面の向かって左側が沖側、向かって
右側がバンク側なのですが、沖側のテトラがこぼれてるのか、少し離れて
独立した状態で入ってるのがよくわかります

ロランス1

同じく赤川鉄橋下流のテトラ
ちょっと映りが悪いですが、ダウンスキャン画面のテトラ上にベイト?
のような魚群が映ってます
この日はなぜか今までほとんど反応の無かった20センチ程度の子バス君が
非常に多く、おそらくこの魚群も子バスのスクールではないかと思います

ロランス3

こちらはとある橋脚周りの砂地フラット
さっきの子バス君とは違って大型の魚が映り出されました
エレキの音にビックリしたのでしょうか、もんどりうって
逃げ出した状態なのでしょうか

ロランス4

こちらも橋脚まわりのフラット
こちらはちょっと大きめのベイトフィッシュかな?
ダウンスキャン、サイドスキャンともにはっきりと映し出されてます
画面右下の通常魚探画面の映り方と、ダウン、サイドの映り方
どちらの方が判りやすいでしょうか、一目瞭然ですよね


ダウンスキャンももちろん、サイドスキャンも魚探で拾った情報を
非常に判りやすく処理して映像として映し出す、先進の機能です
特にオススメしたいのが、今まで魚探と言う商品を使ってない、
または使ったことはあるけど、イマイチよく判らない、と言う方

この画像を見て、今までみたいに判らない、なんてことまあないですよね


Mark-5xDSIもちろん、HDS各シリーズ、ストラクチャスキャンも日本語メニュー
正規代理店品を当店では扱いございます

お問合せはこちらのメールフォームからお願いします

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

入荷情報 ハイドロウェーブ Hydrowave

2011.10.03 (Mon)
やって来ました!


バスを始めとするゲームフィッシュの五感を刺激するサウンドを発生させ、魚のスイッチを強制的に入れるための装置です

価格、いくらにするかまだ未定です
 | HOME |