修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

釣りってホントーにいいですね!

2010.11.28 (Sun)
金曜、土曜と連休を頂いて、琵琶湖へ釣りへ行ってまいりました
関東からの遠征メンバーさんたち、そして琵琶湖で釣りをしてきて
友人となった人たちと、夜はちょい早い忘年会

釣りという共通のアソビで知り合ったメンバーで、いい年して
遅くまで飲み語り・・・ほんとに楽しい時間を過ごすことができました

関東からレンジャーを牽引して毎年琵琶湖へこられるヘンタイさん
そー言えば、今年は八郎へもたった一人で牽引して、秋田空港までボクらを
迎えに来てくれてましたねえ


釣りの神様はちゃんとそんな苦労を見てくれてました
2010112713450000.jpg

見事なビッグバス
フッキングした瞬間、ロッドが起きず「コリャ来たな」でお見事です
去年もそうでしたが、この時期はこの場所で地味な釣りでスンマセン


2日も遊んできたモンで、日曜の今日は朝からしっかり仕事してきました
で、例の21ゲーターマウントショート加工、施行者の某氏が
突然「今日行くわ」でマウント持参

「早くエレキセットしてみたいねん」
そりゃそーです、ボクも同じでしたから
2010112815330001.jpg


全国のレンタルボートユーザーさん、とうとうやりましたよ
リトルゲーターマウントの時のように、1インチ刻みで設定できませんが
写真のように、30インチシャフトのエレキを「ちょい上げ」セットすれば
モーター部もマウントにしっかり乗りますね

写真のようにエレキをマウントに上げ下げでき、さらにロックピンも
しっかりと収まる溝部分も設けてます
もちろんゲーターブレイクアウェイ機能も機能し、当店のポリシーである
純正時の機能はすべてそのままに残し、全体を短く、そして結果的に
軽量化が計れるスーパーマウントの完成です

お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
スポンサーサイト

さあ、新しい一ページへ

2010.11.25 (Thu)
全国のレンタルボートユーザーの夢を背負って、新しいプロジェクトが
ゆっくりとではありますが、確実に始動しております

本当はリトルゲーターマウントが欲しい
でももう売ってない
仕方なく、重たい21ゲータースプリングマウントを使ってる

image0002.jpg

このカット加工で、いったい何kgの軽量化になるのでしょうか?

年明けごろには受注ができるよう、準備を進めております
もちろん、多くのお客様から評価頂いておりますリトルゲーターマウントの
ショートカット加工の時と同じく、

エレキの上げ下げ
ゲーターブレイクアウェイ機能


これらの「マウントとしての基本的、最低限の機能」についてはそのままに
レンタルユースに適した重量になるよう、カット加工ができます


コメントが多ければ、作業を請け負う某氏も喜ぶハズです!
請うご期待!

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

迷子のエレキのお知らせ

2010.11.20 (Sat)
※迷子のエレキです
本日20日、神奈川県からミンコタハンドコンRT55T無段モデルが届きました
お勤め先と思われるハウスメーカーの展示場の送り状だっただめ
どなたの物でどういった作業をご依頼の方の所有物かわかりません
心当たりのある方は、大至急メールください

旧型RT/APへのi-Pilot取り付け

2010.11.18 (Thu)

始めにお断りしますが、この企画はテスト段階で、お客様から希望頂きましても承ってはおりません

以前から当店を利用頂いてますお客様で旧型をお使いの方に、テスト機として一台、旧型にi-Pilotをインストールした物を本日ご用意しました

そちらのテスト結果が良好と判断できましたら、晴れて一般のお客様からの旧型へのi-Pilotインストールの受注を開始しますので、今しばらくのご辛抱をお願い致します


ちなみに写真ですが、以前に当店で密かに行っていた、旧型への取り付けテスト

実際にエレキがなくても、肝心なる部品とワイヤリングさえ行えば、テスターで電気の流れ、出力を確認できます

この時のテストで、旧型への取り付けが現実味を帯びたのをよく覚えております

i-Pilotリモコンの注意点

2010.11.16 (Tue)
人気のi-Pilotですが、なかなか思う数が入らないのと、入荷までに
キット単体はもちろん、当店オリジナルRT55SP/i-Pilotが売約となってしまい
入荷するi-Pilotキットは入ってくる前に行き先が決まってしまってるという
情けない状況が続いております

特に、先ごろ価格改定をしましてお手頃価格となりました
RT55SP/i-Pilotについては166000円税別と従来のi-PilotナシのRT55SPの
一般市場価格よりも安いとあって、とても人気となっております

少ないながらも当店で販売してきましたi-Pilotシステムですが
売れる数が増えてきますとそれなりに故障やトラブルも表面化してきました


まずは内蔵ボタン電池の消耗
101118_1.jpg

リモコンには最初からCR2450規格のボタン電池が内蔵されておりますが
これがお客様の手元に届くころにはかなり消耗してしまっており
数回の使用で電池切れ・・・などという悲しい報告もありました

101118_5.jpg

で、交換用の電池については町の家電量販店でたやすく入手できますが
この際に注意が必要との報告もありましたので紹介します

現在日本で入手できるCR2450規格のボタン電池としては、SONY製
PANASONIC製とがあります
純正で使われてるのは、なんとかと言う海外のメーカーのCR2450

同じCR2450規格なら何でもいいと言うわけではないようで、若干ですが
相性問題があることがわかりました

101118_3.jpg

この写真、向かって左から純正のRENATA製、真中がSONY製、向かって右が
PANASONIC製なんですが、形状に若干違いがあるのが判ります
特にPANASONIC製は凹凸部が他の2メーカーと比較してまったく異なります
これが原因だと思うのですが、PANASONIC製はi-Pilotリモコンの
電池ホルダーに収まりが悪く、入ったつもりでも通電せずにリモコンが
起動しないことが多い
ことが判りました

コレに対し、SONY製の方は若干の違いはあるものの、純正のRENATA製に
形状が近く、電池ホルダーへの収まりも問題なく、当店では今のところ
起動しないなどのトラブルは確認しておりません

よって交換用リモコンとしては今のところはSONY製を推奨、という判断で
お客様には案内をしております
リモコンにはバッテリー残量がわかるインジゲータが表示されてますが
ボタン電池なんか安いものですので、予備で常備しておきましょう


続いてはリモコンの浸水による故障
上の電池交換の際に構造は理解できますが、非常に簡単な作りなりもコンです
表面、裏面を6本のビスで固定して、間にゴムのガスケット状の防水が
一応あるだけなんですね
101118_6.jpg

101118_4.jpg

メーカーでは「リモコンは落水しても浮く」と謳ってます
ですが、当店のお客様でリモコンを落水させた結果、
リモコンが故障した方がおられます

写真でもわかりますとおり、非常に精密な部品で構成されたものです
水対策など十分お考えになって現場へお持ちください

一番簡単なのは、携帯電話の防水カバーなどでしょうかね

当店としても、i-Pilotキットをせっかく購入頂いたお客様がリモコンの
トラブルで使うに使えないなどと言うことに対処するべく、
リモコン単品をご用意しております

今お使いのi-Pilotシステムと簡単な操作で信号チャンネルの同期を
取って頂ければ、以前と同じくすぐにお使いいただけます

101118_2.jpg

i-Pilotリモコン単体 23000円税別
となっております、お困りの方はご相談くださいませ


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

いろいろ入荷しました 2010.11.15入荷情報

2010.11.16 (Tue)
すっかり秋、というかすでに冬の入り口?ってくらいに
毎日朝晩の冷え込みがこたえます
おかげで体調がイマイチで、治りかけのはずな風邪が一向に治まりません

天気の良い週明けに輸入品の荷物が入荷しました
今回お初なのが、こいつ
ミンコタの替えロープ&ハンドルキット
101117_5.jpg

現行のフォートレックスとかに標準付属の物とまったく同じ品
アナタのマクサムも、これで気分はフォートレックス!
何がいいって、ハンドルの素材
101117_6.jpg

旧タイプの硬いプラスチックではなく柔らかいシリコン合成品
これからの寒くなる時期に手にやさしくておすすめ

以前に販売していたモーターガイド製の同等品が残念なことに製造中止って
ことらしいので、今後はこっちをメインに販売していくことにします
もちろんモーターガイドのエレキにだってOKですよ


続いては珍品です


ハミンバードの10インチ液晶GPSユニット 1197cSI
お客様からの注文分で取りました、ハミンバード自慢の50chGPS
レシーバーが付属のサイドイメージモデル
101117_4.jpg

さっそく検品と動作確認だけ、簡単に・・・ということでスイッチON!
101117_1.jpg

101117_2.jpg


いや~すばらしく明るく、見やすい液晶、そして画面がでかい
比較のために置いた、マッキーが小さく見えます

いつの日か、こんなのが似合うボートに乗りたいものです
価格は当店小売価格376000円税別と、価格もかなりの物

当店の扱いますハミンバード魚探はすべて海外からの直輸入品となり
日本の正規代理店様の保証制度は適用されません
またソフトウェアの都合上、すべてのメニューは英語表記、
深度や水温の単位もft、華氏となりますが、
「それでもいいねん!」
という英語マスターの方であれば今回の1197cSI以外にも998cSIなども
取り寄せにてご用意いたします
納期は約半月~一ヶ月でOKですよ

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

スティックジャケットの使いどころ

2010.11.08 (Mon)
スティックジャケットなんですが、イマイチ使いどころがわからない、
みたいな話を聞くことがありますね

ボートからの釣りだけの話ではないですが、せっかくの休日、久々の釣り、
あれやこれやと使いたいルアー、タックルがあれば道中の自動車や
ボートへの積み込みするロッドの数は無限に増えてしまうのは
サンデーアングラーの宿命です


特にボートだと、ある程度たくさんのタックルをつむことができますが
リグった状態でボートを走らせ、いざポイントへ到着、さあ釣るぞ!と
気負ったはいいものの、ルアーやラインが他のタックルに絡みまり、って
情けない一日のスタートになることもしばしば

2010110616130000.jpg

すべてのロッドに、ってわけではないですが、メインタックル以外の
サブタックルに、こうやってスティックジャケットを被せておけば
そんなトラブルにもなることが少なくなります


特に写真のようにパッセンジャーサイドのロッドスペースは小さく、
またパッセンジャーほど、妄想が妄想をよんで膨大な量のタックルで
朝にボートオーナーの苦笑を呼ぶことが多いような・・・

まあせっかくの休日、しかもボートにのっけてもらえるってなれば
アレコレと道具が増えるのは仕方ありません
そんな方にもスティックジャケットはおすすめですよ
ベイト用 8カラー
スピニング用 6カラー

→こちらから購入いただけます

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

修理屋さんの右腕たち その2

2010.11.04 (Thu)
エレキは電気で動作しますので、修理や様々な作業の場面で
電気工事関連の工具が登場します

まあそれほど敷居の高い物ではないタイプから、「コレは!」な物まで
相手が海の向こうで作られてる製品ですから、こちらとしても
ホントに数多くの準備が必要になってきます

P1020369.jpg


開業以来使いつづけてきた、長年愛用していた圧着ペンチ
一番ベーシックなタイプで、上で書いた中では「敷居の低い」方
絶縁カバーのついた突合せのタイプ、それもいつの間にか5.5sqサイズの
専用みたいになっちゃってましたが、使い慣れてた物でしたが
作業中に


「パキッ!」


何が割れたのか?と思ったら、工具の方でした

P1020370.jpg

開業以来、何台この工具のお世話になったことか
おつかれ様でした

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

信じられない状態

2010.11.01 (Mon)

写真は朝イチにエレキまるごと水没させて、二週間ほど経過したエレキです

もちろん水没させてそのまま放置したわけはなく、その日は水没したエレキは使用せずに持ち帰り、すぐに当店に相談頂き、お客様にてできる対処をして頂いた結果です

全く問題がない状態ですよね?
そうなんです、たとえ水没しても最善の対処をすれば、二週間経ってもこのようにキレイなままなんですね


エレキを水没させるケースは、朝イチに準備中に起こることがほとんどだと思います

しかし水没しても、エレキと言うのは引き上げると、当日中は普通に動作をすることが多いです
これに油断してしまう方がとても多いのですが、水没したエレキは絶対に使ってはいけません、その日は諦めて帰宅しましょう

帰宅したら水が必ず溜まってしまう、モーターハウジングを固定してるボルト二本をゆるめ、ハウジング間にすき間をあけて水を抜き、内部をできるだけ乾燥させます

たったこれだけで、写真の状態を維持することができます


間違っても、動くからといってそのままにしてますと、当ブログに再三登場してますような悲惨な状況になりますので、十分お気をつけて下さいね
 | HOME |