修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

キャビプレ復活プロジェクト完結!

2010.09.28 (Tue)
遅くなりましたが、キャビプレの最後の色、サンセットオレンジと
パープルが無事にアルマイト屋さんから帰ってきまして、昨日、今日と
せっせと内職しまして、オンラインストアへも掲載を終えました
2010092715570000.jpg

これにて3年越し?くらいだったかな?のキャビプレ復活プロジェクトは
完結したこととなり、あとは皆さんが買って頂くだけです

色目が判りづらいと思いますので、近い内にオンラインストアの
商品写真に各色わかるよう、準備しております

一応売れ筋としては、ブルー、レッド
それを追うのがブラック
まだこれからなのがサンセットオレンジとパープル

オレンジとパープルは、比較的数が出ないと見込んでますが
人とおんなじはイヤ!って人には向くと思いますよ

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
スポンサーサイト

入荷情報 ムスタングMD3183BC、クールフットなど

2010.09.24 (Fri)
■B.A.S.S公認オートラフトライフジャケット ムスタングMD3183BC
MD3183BClarge123.jpeg

ケビン・バンダムやスキート・リース、日本からは清水盛三さんなどが
しのぎを削る、B.A.S.S.エリートシリーズのオフィシャルライフジャケット

現段階ではもっとも安全と言われる自動膨張式ライフジャケット
お値段は少々高いですが世界で唯一、本当に水圧を感知してボンベが起動する
ムスタング社ハイドロスタティックシリーズのバス・コンペティションシリーズ
センサーが水深30センチに達すると自動起動、年々大型化するバスボート、
高速航行時に落水時するとどんな人間であっても気絶するそうです
仮に気を失ったとしても確実に起動し、最悪の場合でも15kgの浮力を誇る
このライフジャケットであれば、浮いていられますよ

ライジャケってファッション感覚で選びがちなんですが、命を守るための
アイテムであることを前提に、キチンとした製品が多く世に出される
べきだと思うんですよね

たぶん15kgもの浮力をメーカーが謳ってるライジャケって、
これ以外には売ってないと思いますよ

購入はこちらから

交換用ボンベも在庫販売してますよ

■フットコンペダルをおしゃれに演出 クールフット(COOL FOOT)
カモフラ系カラー大量に入荷しました
2010092308470000.jpg

購入はこちらから

お持ちのフットコンペダルに、付属の両面テープで貼り付けするだけで
エレキにCOOLな個性を演出、人気のカモフラパターン系各色が入荷しました

スノーカモフラ、ブルーカモフラ、オレンジカモフラ、イエローカモフラなど
人気のあるカラーを各モデル取り揃えました
モーターガイドツアーTR用
モーターガイドFW、EF、ブルート用
ミンコタ旧マクサム用 
ミンコタ現行フォートレックス、現行マクサム用
以上全4タイプございますので、お使いのエレキをご確認の上お買い求め下さい


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

黒い三連星

2010.09.21 (Tue)
2010091818060000.jpg


キャビプレ ブラックが袋詰完了しましたので、当店オンラインストアへ
アップを完了しました

こちらから購入いただけます


残すはパープルとサンセットオレンジのみ
ジェットストリームアタック、誰か一緒にやりませんか?


今日現在のエレキ在庫です
モーターガイド
ツアーTR82デジタル  156000円税込送料込み
ツアーTR109デジタル  167900円税込送料込み
こちらから購入いただけます

今日輸入品の一部入荷がありまして、細かいパーツなどで欠品してた物が
入りましたので、その辺もオンラインパーツストアの在庫設定を
変更して購入いただけるようになってます


そうそう、昨日お休みを頂いてイカ行ってきたんですよ、和歌山へ
9時に船乗って沖のとある島に渡って夕方には戻るってやる気ナッシング
プランだったんですが、島では釣り人はほぼ皆無、イカさんもスレてなく
MAXで胴長25センチ弱ほどのも釣れちゃって大満足

今日の晩御飯、刺身で食べるんだ~

2010092012030000.jpg

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

ザクとは違うのだよ、ザクとは!

2010.09.19 (Sun)

キャビプレですが、第一段のレッド、ブルーは袋詰まで完了しており、ご注文頂きましたら即出荷できる準備ができております

残りに予定してますブラック、パープル、サンセットオレンジのうち、ブラックが上がってきましたが、今週は日曜月曜を連休したり、税関へ出頭?があったりで予定が未定で、オンラインストアへの掲載も週内が厳しいって感じです

今日の作業 アーマー取り付け

2010.09.17 (Fri)
今年の初夏ごろから取扱いを始めました C.K.K.FACTORY さんデザインの
エレキ専用の鎧 ARMOR(アーマー) 文字通り、エレキの重要部分でありながら
いつも水中にあるために傷めがちなモーター部を保護する「鎧」です
100918_1.jpg

こちらのアーマー、何もエレキだけを守る物ではありません
フットエレキにはほぼ必ず付いてる、魚探の振動子や振動子ケーブルを
まとめて保護してくれます


写真はホンデックス TN-5700C、一台で3個の振動子を使うモデル
このような複数振動子タイプであってもほぼフルカバーできます

振動子の破損はもちろん、以外とダメージを受けやすい振動子ケーブルや
ホンデックスユーザーなら誰しも一度は痛い目にあってるはず?の
水温センサーケーブルなども、断線などから保護してくれますよ

もちろん保護するだけではなく、ハイパワーエレキでは振動子などが
水流の抵抗になってエレキのスピードに影響が出るものですが
アーマーはそのあたり上手にデザインされており、水の抵抗を上手に
かわすようにできております

取り付けには電動ドリルややすり、電動ルーターなどあれば今お使いの
振動子取り付けのパーカークランプと一緒にモーターへ固定できます
取り付け要領の解説も商品に付属してますが、お使いのエレキと振動子の
クランプ位置に応じて、パーカークランプが通るための横穴を
アーマー本体側面へご自身で空ける必要があります


取り付け作業は残念ながら「誰でもかんたん」とは思いません
ある程度、普段からこういったD.I.Y作業をされてて、ドリルなど
使い慣れてると言う方でしたら難しくはないですが、そうでない方は
難しいかも知れません

まあそうは言っても、パーカークランプ位置さえしっかり出して、
4mm程度のドリルで5箇所ほど真っ直ぐ穴空けして、ルーターで各穴を
キレイに繋げて横穴にすればいいだけですが・・・
当店で実質作業時間が15分ほどでした

お近くの方でしたら当店にて取り付け作業を承りますよ



最後にこちら
100918_2.jpg

復刻版キャビプレには振動子用の凹みが設けられております
今市販されてる中で一番太いと思われるTN-5700Cの振動子ケーブルが3本
水温センサーケーブルが1本という組み合わせでこのとおり問題なし!
もちろん凹みのところだけ、コルゲートチューブはカットしてます

お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

今日の作業 ツアーTR82デジタル なんでショートしてんの?

2010.09.16 (Thu)
一昔前のツアーエディションなどで使われていた、
ターミナルブロックと呼ばれる部品
100915_2.jpg

要するにペダル裏にて、バッテリーからの電源ラインを振り分けるために
使われていた端子台なんですが、現行のデジタル無段になってからは
そういう振り分け自体が不要になって、使われなくなってます


こちらのエレキは現行のデジタル無段にも関わらずこのターミナル
ブロックがわざわざ付けられてるみたいなんですが、あったら便利な反面、
今回のようなトラブルの原因になることも・・・


今回のエレキ、動作不良の修理ということで預かりましたが、作業前の
動作確認をしようとバッテリーケーブルをバッテリーへ接続すると
バッテリー端子で激しくスパーク!

デジタル無段では軽くスパークすることはあるので、慣れてはいるのですが
そのレベルではなく、完全にショートしてる状態、24Vのショートですので
ワタシの身も危険がアブナイ状況


なんでだろ?

色々考えて、考えて、考えて発見した原因がこちら
100915_1.jpg


ターミナルブロックのプラス、マイナスのそれぞれの端子を固定する
大型のビスの先が、ターミナルブロック裏まで突き抜けてペダルの
アルミへ接触、ペダルを介してショートしてました
写真ではビスの先がペダル裏の塗装を剥がしてるのが分かると思います

通常、この端子のビスの長さは接触しない程度の長さに設定されてますが
なぜかこのビスはギリギリ接触してしまってこういったトラブルの原因と
なっておりました

ビスの先を数ミリカットして、目いっぱいビスを締めこんでもビス先が
ペダルに接触しないように修正、恐る恐る端子を繋いで今度はOK!

現行デジタル無段なら、ターミナルブロックは使わない方がいいですね


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

量産型シャア専用

2010.09.15 (Wed)

三倍速くはなりませんが、1.3倍程にはなるかも?なキャビプレですが、最後の資材だった包材も届き、当店オンラインストアへも掲載を完了、お買い求め頂ける状態になりました
すでにお客様へのデリバリーも始まってますが、今日現在の在庫カラーはブルーと写真のレッド

来週には残りのパープル、サンセットオレンジ、そしてブラックがあがってくる予定です

キャビプレの案内

2010.09.13 (Mon)
お待ちかねのキャビプレですが、レッドとブルーのみ先行で入荷してます
価格ですが8000円税別(8400円税込)に決定しました

100913_2.jpg

水曜に包材が到着予定でして、水曜以降はお客様へ発送できる状態となります
エコロジー梱包!ではありませんが、傷がつかないように
プチプチ袋の包材でご用意となります
写真では上が空いてますが、お届け時はシールしてご用意となります


本日夜か明日中に、当店オンラインパーツストア内にて購入を頂けるよう
アップ予定ですので、まだかまだかとお待ち頂いておりましたお客様は
お買い求め頂けましたらうれしいです

来週以降にはブラック、パープル、サンセットオレンジが入荷予定です

100913_1.jpg

キャビプレですが先代のくまさんの時と同じく、親切第一!で
エレキのシャフトへ取り付けするのに必要となる5mmの六角レンチが付属、
また私ども特製の「キャビプレ虎の巻」(取扱い説明書とも言います)
も付属してます
買ってすぐ、お使いのエレキに取り付けできますよ

釣り場などでもよく見るのですが、せっかくこの手の商品をつけてても
そのセッティングじゃ、意味ないでしょ?って位置に付いてたりする人
意外と多いんですよね

せっかく買って頂くんですから、快適性能を体感できるよう
こういった取り説で今一度しっかりとセット出せるようにしてください


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

エレキの鎧アーマーたっぷり在庫あります

2010.09.10 (Fri)


エレキのモーターハウジング、またはモーターハウジングにたいてい取り付けされている、魚探の振動子や水温センサーを水中の障害物からガードする、C.K.K.ファクトリーさんのアーマー、今ならたっぷりと在庫ごさいます

取り付けには電動ドリルなどの簡単な工具は必要ですが、写真入りのインストールマニュアルも付属してますので、よほど不器用な方でなければ大丈夫です

先日開催されてました、TOP50 旧吉野川戦でもすでに、何名かの有名プロは使用されていたそうです

ミンコタにもリアクションシステム

2010.09.07 (Tue)


当店にてお買い上げ頂きましたフォートレックス101にリアクションシステムを取り付けして納品させて頂きました

新品エレキを当店にて購入時にインストール作業をご用命頂きますと、5000円税別レスにてご用意しております


写真のとおり、リアクションシステム作動時の目安になるLEDのインジゲータも標準装備ですよ

あと少し

2010.09.02 (Thu)

何年前でしょうか、製作者であるくまさん自らが求める機能を最低限のデザインでカタチにしたアンチキャビテーションプレート

当店でも販売のライセンスを頂いてコツコツ販売させて頂いてました


しかしコスト高の問題から、生産を一旦中断してましたが、やっとこさキャビプレが復活します

ただいまアルマイト着色の加工にまわしてますが、近い内に当店オンラインストアにて復活予定です
 | HOME |