FC2ブログ
@erekinet
2010/03/31

あしたから新年度です


春です!Spring!
心配してた花粉さんも今年は数日で体がなれて何ともナシに!

さてさて、写真の修理屋さんバージョンアナログ基板、ぼちぼちと売れてます

当店での修理でも、こいつのおかげで高額なデジタル化修理を回避できるケースが多々あります


あ、お待たせしてますお客様、業販先様に朗報

今週末にツアー82デジタルがやっとこさ入荷です
スポンサーサイト
2010/03/29

コンフォートロールが少しかっこよくなりました

「男ならこんなモンに頼らんでもえーねん」

私もそう思ってた一人です、ハイ

ConforTrollフットペダルリセス、一度使うともうダメ
二度とコレがついてないボートに戻ることができなくなっちゃいます
100329_2.jpg

もともとデッキを広く使いたいので、琵琶湖なんかでもシートポストなし
でエレキ踏んでたんですが、これがあればもっと快適、ストレスフリー
だったんでしょうね

よく腰痛もちの人向けとか、って聞きますがこういった目的の人にも
非常におすすめな一品なんですよ

ちなみに先日入荷した分は早くも完売してしまいましたが
次回入荷分から、例のカラーバージョンが一部入荷予定です

100329_1.jpg

今回入荷分の現行タイプからつま先側にこんなサインが入ってます
ちょっとオシャレかも

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/26

RT55AP修理、そしてi-pilotについて

ミンコタRT55AP/PDの修理です

オートパイロットモードという、沖で大きなエリアを広く流しながら
釣りをするような場合にとってもとっても役に立つ機能を備えた非常に
便利な海用のエレキです

オートパイロットモードとは、ヘッド部にボタンがありON/OFFするのですが
ONした際のエレキの向く方位を記憶し、船が風や潮に流されてメモリした
方位から外れると、自動でメモリした方位へステアリング動作をしてくれる
非常に優れた機能です、あとはペラの回転さえ強弱をコントロールすれば
メモリした方位へ常に船を立てることができます

で、今回のエレキはこのAPモード時にステアリング動作が不安定で
写真のAPコンパス基板を交換し、動作に改善が確認できました
100326_1.jpg

基板に繋がるケーブル先にある透明のケースが方位磁石、これが
方位を感知してエレキのステアリングモジュールへ信号を送信します
100326_2.jpg

ヘッドやマウントの基板周りに防水目的でシリコンシーリングを
施行した方がいいのか?
とよく問い合わせを頂くのですが、上記写真を見てもらえれば判りますが
現行の物は基板がすでにシールされたタイプになってまして、
基板そのものが水や塩害でどうこうなるようなことは可能性が低くなってます
また基板上の端子や各配線の接続端子も、このエレキごろの古いタイプは
剥き出しですが、2007年ごろ以降からは裏面に接着剤が塗布された
熱収縮チューブですべて保護されており、こちらも同様に直接の被害が
出る可能性が低くなっております
もちろんシリコンで完全に防水ができるのであれば、処理した方が
望ましいとは思うのですが、見栄えが非常に悪くなる事が多いですし
何より当店などでも修理を行う際にシリコンが邪魔になり、ケースの樹脂を
破壊しなければならないようなことも事実としてありますので
作業性などを考慮するとどうかと思います



その他にもざーっと点検
マウント部にあるメインのコントロール基板
100326_3.jpg

ちょっと古いタイプのため、ギボシが剥き出しですがこれらは
作業のついでに上記の熱収縮チューブ(接着剤付き)で保護します
100326_4.jpg

こんなになってるのはキケンが危ないので、ここも端子を付け替えですね

調子が良くても悪くても、OH点検することでいろいろな発見や
トラブル発生五秒前なとこなんかもよく見つかりますよ

あ、そうそう
最近問い合わせ急増してます、ミンコタの2010年大作
i-pilot(アイ・パイロット)キット 4月にRT/SP用のみ数セット入荷予定です


アドバンスド・GPS・オートパイロットというGPS衛星からのデータによる
エレキコントロールで、最長2マイルにわたる自動操船による航行を
可能にしたレコード・トラックモードや、半径1.5m以内に自船位置を
キープするスポット・ロックモードを搭載
従来のAPモードや、手動によるエレキ動作ももちろん対応
(すべてメーカーHP内から抜粋、微妙にニュアンス間違ってるかも?)

RT55SPなどをお使いの方にこちらのキットをインストールすることで
これらの機能を新たに追加できます

…といっても、当店もまだ現物を見てないので入荷が楽しみな品です
加工することで2006年以前のRT55APなどへもインストールができると
思いますので、また情報は新たにアップしますね


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/23

春の新色登場


と言っても、まだサンプルだけです
最近は他社の同じような製品がたくさんあって、元祖としては黙ってはいられなくなった、て感じでしょうか

今までブラックのみだったのが、カラフルに選べるようになったようですね

当店の取り扱い商品の中でも特殊なアイテム
一般の方向けの小売りより、業販で出ることの多い商品です

コンフォートロール フットコンペダルリセス

デッキカーペットのカラー、ハルのカラー
またはハルサイドのピンストライプのカラーなどに合わせてチョイスできますね
2010/03/20

大阪から琵琶湖へ通う方にグッドニュース

琵琶湖近辺でナンバー1の品揃えとスタッフの豊富なネットワークで
最速の釣果情報を持つプロショップと言えば、ご存知セブンパームスさん
seven01.jpg

能登川水車公園にある、第一号店時代からの付き合いで、守山の二号店で
「能登川とのギャップありすぎな小綺麗なプロショップ」へ変身、
そしてついに、大阪から琵琶湖へ通う者にはありがたい好立地の堅田へ
待望の第三号店を出店されました

ワタシがお邪魔した19日金曜がちょうどプレオープン日ということで
オーナーさん自らが先頭にたって店舗の立ち上げに大忙しでした

明るく開放感があり、ウッディな店内
seven03.jpg

セブンパームスさんと言えば今も昔もゲーリー製品が充実してますが
琵琶湖のマストアイテムがところ狭しといった感じで陳列されてます
seven02.jpg

湖西バイパス真野から大橋方面へ約5分、大橋西詰めの來來亭信号から
湖西バイパス真野方面へ1分、大津北警察署横で、大阪から南湖へ釣りへ
行った帰りにアクセスしやすい非常にいい場所です

近隣マップはこちら

当店オリジナルのシーアンカー 修理屋さんの落下傘 もこちらで
お取り扱いをして頂いております

「最近琵琶湖でシーアンカー使ってるヤツみた!」
てアナタも琵琶湖帰りに気軽に購入いただけますよ

どうせ夕方にバイパス乗っても渋滞してるだけ、ご飯食べてお店に立ち寄って
ゆっくりイライラせずに大阪に帰ることができるポイントができましたね
seven00.jpg

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/17

大型エレキの入荷情報

しらばらく欠品しておりましたが、ミンコタ フォートレックス80 45インチが
今週末ごろ入荷いたします

バスボートユーザー、14ft以上の大型アルミボート、小型FRP艇に
ベストマッチなモデルです

当店のフォートレックスは、マウントとエレキ本体との取り付けマニュアル
取り付けに必要なインチの専用工具がセットになっており、初めての方でも
難なく取り付け作業が行えるように考えられてます

お値段 173000 円税込送料込


あと、こちらも欠品がしばらく続いておりご迷惑をおかけしてます
TR82デジタル無段ですが、月末には入荷しそうです、狂った台数が…
去年秋の悪夢の再来で、どうもメーカーB/Oが続いてた模様で、
「まだか、まだか」と繰り返してオーダーを重ねてたらこんなことに…
月末~4月以降に数回に分けての大量入荷となりますので
ご予約を頂いておりますお客様方、業販先様は今しばらくお待ち下さい


あ、TR109デジタル無段はこの週末のフォートレックスと一緒に数台だけ
入荷しますよ、こちらもよろしくお願いします

お値段 167900 円税込送料込

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/16

中古エレキ 名品F43V無段マウント付き!

現在作業中です・・・F43Vアナログ無段 42インチシャフト
10030601.jpg


付属品:
01マウント 42インチ用
3ブレードプロップ
シャーピン
プロップナット


少々型は古いですが、F43Vアナログ無段です、現行のFW54Vデジタル無段と
遜色ないスピードが出るモデルとして知ってる人は知ってるあの名品です
ロングシャフトですのでVハルアルミなどにぴったりです

当店基本メンテナンス20200円分のOH点検と消耗部品交換を行った上での
納品で安心してシーズンインできますよ

外観には若干傷などありますが、この年代のものにしてはGOODな程度です
個人的にはこの価格ならオススメ!です

※アナログ無段モデルですので、今後以下の部品破損や故障がある場合
デジタル化による高額修理でしか対応が行えません
・モーター内部デュラアンプモジュール破損による故障
・モーター内部ブラシカードASSY破損による故障


売約済み ありがとうございました




レンタルローボートやエレキレイクでのご使用でしたら
30インチなどのショートシャフト換装、デジタル化+24V71ポンド化換装
なども通常価格より安く相談に乗れます
よろしければこちらのメールフォームからお問い合わせください

2010/03/15

好調♪


おかげさまで非常に売れ行きの良いスティックジャケット
お一人様で二度三度とリピートオーダーを繰り返される方も珍しくありません
もう慢性中毒と言っても過言ではない感じ?

一応今日現在、一部のカラーで欠品も出てまして、そろそろ次回のオーダーもせなアカンかな、な状況です
2010/03/15

ローランスHDSシリーズ入荷!もちろん日本語モデルですよ

人気のローランスHDS日本語モデルですが、一部のモデルは品切れ、入荷待ちが
続いておるようですね、HDS-5 GPS、HDS-7 GPS各モデルですが
今日現在、少ないですが在庫ございます

parts361.jpg

こちらから購入いただけます
正規代理店モデルの日本語メニューモデル、もちろん日本語説明書付きで
今まで舶来魚探に抵抗があった方にも安心です

ローランス魚探については、当店は正規代理店様モデルのみの取扱いを
させて頂いており、掲載してますモデル以外のモデル、またストラクチャー
スキャンや各振動子、電源ケーブルなどのオプショナルパーツについても
取り寄せ対応できます

また近隣のお客様であればボート持込での取り付け作業なども承ります
ので何なりとご相談くださいませ

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/12

こちらのブログにアップしました新品ミンコタ40エッジフットコン、
45000円税別に値下げいたします!

もちろん諸条件は同じ!なんとシャフトカット費込みです!
今年からフットコンを使ってみたい
レンタルローボートデビューしたい
そんな方向けの入門モデルです

バッテリー1台で駆動する12V仕様、五段変速、40ポンドですが
軽量で持ち運びも便利なこの一台

あなたのご希望のシャフト長へシャフトカットしてご用意します

バッテリーや充電器、レンタルローボート用のバウデッキなども
一緒にお買い求め頂くことができます

購入はこちらの当店オンラインパーツストアからどうぞ
ご質問などがあればこちらのメールフォームからお願いします


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/10

モーターガイドのブッシュ交換

モーターガイドのエレキで、ペラを外したら見えるココ
100310_10.jpg

「この白いヤツの向こうって、どなってんだろ?」
なんとなく、水が入らんように工夫されてんだろうな?くらいまでは
お分かりだとは思いますが、この白い樹脂ワッシャーの向こうには
こういったゴムのオイルシールが2枚重ねて入っていて、モーター内部への
浸水防止という目的を果たしてます
100310_9.jpg


で、このさらに向こう側

銅色したブッシュがチラっと見えますよね
こちらは裏から見た写真、アーマーチュアコアシャフトの軸受けをしてる
ブッシュです
100310_8.jpg

イメージ写真で説明しますと、こんな感じでアーマーチュアコアシャフトの
前後でブッシュがアーマーチュアコアシャフトに直接触れて、
軸を支えてる格好になってます


このブッシュ、特に古いエレキなんかだと単に使用過多から
ブッシュが磨耗してしまって軸とのアソビが大きくなってしまい
モーター回転時に振動や異音を発生させる原因になることがあります

古いエレキではなくても、例えばアーマーチュアコアシャフトを
ブッシュから引き抜く際に、ペラ取り付け用のシャーピンがひん曲がって
アーマーチュアコアシャフト上のシャーピン穴のフチが立って、ブッシュに
引っ掛かった状態なのを無理やり引き抜くなどしますと、ブッシュの内壁が
傷付くなどして回転異音の原因などになります


当店では、今の所は状況に応じて当店の判断で、回転異音や傷などがあれば
これらブッシュの交換をおすすめしております
100310_6.jpg

100310_5.jpg

抜く時はプレスなんか使わなくてもハンマーで叩き抜けます
当店も以前はハンマーで叩き抜いてました、まあプレスがあれば安心かな

最近作ってもらった専用の治具と小さいながらも油圧プレスがある
おかげで、作業効率が向上しました
治具がないころは、サイズの合う小さいソケットを代用したりしてましたが・・・
100310_3.jpg

100310_2.jpg

この治具はブッシュを圧入する時にも使えるようデザインされてます
圧入はハンマーでもできますが、少々コツがいるのとやはり作業の正確性が
劇的に違いますので、プレス圧入が絶対いいです

「エレキのブッシュごとき、ハンマーで叩けばいいやん」
て声が聞こえてきそうですが、小さい分、叩いた影響で出る誤差が大きく
当店も何度もやり直ししたりした苦い経験が・・・
やったことがある人にはわかる話です

まあ、たぶんペラ側のブッシュ交換は比較的簡単なんで、
この一連の作業はどちらのお店、ボートショップでも行えると思います


ご要望が多ければ、次回はこちら側↓のブッシュ交換について書こうかな
100310_1.jpg

2010/03/09

今までガマンしてた方へどうぞ

今日は全国的に荒れ模様の天候、花粉も飛散せずに超快適に過ごせますが
この天候が回復した時が非常に怖い今日この頃です・・・

最近は取り扱い店舗も多くなって、いったいドコのダレがこんだけ
輸入してんの?な状態に近いCOOL FOOT

唯一対応がなかった、モータガイドのFWフレッシュウォーター系シングル
ステアリングワイヤーモデル用のものがいつの間にか発売されてました
こちらの当店オンラインパーツストアから購入できます

まだカラーが少ないみたいですが、少しだけ入荷しております
100309_000.jpg

100309_001.jpg

FW、EF、F、ブルートシリーズなどのモータガイドフットコンで
ツアー系以外のモデルに対応します

たぶんまだ日本では当店しか売ってない品だと思いますよ


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
2010/03/01

今日の作業 10.3.1ツアーTR82シャフト換装

TR82デジタルのシャフト換装、ケーブル換装など作業を行いました
関西では数少ないレンタルボートエレキレイクである、津風呂湖専用マシン
ということでご発注いただきました

シャフトは33インチ、延長ケーブルはペダルから約3.5mちょい、
そして今回アダプタカラーはブラックをチョイス
100301_2.jpg

オーナーさんのセンスのよさが伺えます、ブラック渋い!


アダプタカラーですが、ツアー系などの一部のエレキのアウターチューブを
カット加工する際、構造上の問題を解決する
という目的と、外観に
ワンポイントのアクセントを与える
目的という、ふたつの役割があります

もちろんアウターチューブカットしても、アダプタカラーがヤダ!という
ご要望にもお応えできますが、旋盤加工などが必要になるので
一応別途加工費と納期が若干・・・という問題がありますので
アダプタカラーの取り付けをおすすめしております

今日現在、5色全カラーが在庫ございますのでお好きな色をチョイス可能!
100301_1.jpg

オリンピックは終わっちゃいましたが、D.I.Yでシャフトカットにチャレンジ!て方には
こちらから購入頂くことができます

エレキ持込でのシャフトカット、シャフト換装は
シャフトカット
インナーシャフトカット、アウターチューブカット、アダプタカラー
お好きな色取り付け込みで工賃総額23000円税別

シャフト換装
30インチ 8300円税別
33インチ 8900円税別
36インチ 9300円税別
39インチ 10000円税別
の各シャフト部品代金と、
シャフト換装作業工賃 12500円税別
そしてアウターチューブカット加工、アダプタカラー取り付けが
別途3000円税別

以上にて承っております。
シャフトがカットできるか、シャフト換装になるのかについては
こちらのブログに詳しく記載してますが、2009年夏ごろ以降の
ツアー82などから、カットができなくなってますのでシャフトを換装
するというスタイルになってます

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg