修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

最近思うのですが

2007.10.26 (Fri)
お世話になります。
このブログを見てくださってる方ってそう多くはないと思います。
エレキのみに特化した商売をしてますので、

「エレキなんかどーでもええわ」

てな方にとっては、とても面白くない内容だと思います。


バスフィッシング、ボートフィッシングを行うにあたり、エレキという
グッズの位置付けがどの位上の方にあるのか、考えたことありますか?

どんなに立派で、大きな船外機を付けたボートであっても、移動を終えて
竿を握って魚に近づく時にはエレキだけが釣り人の足になります。


私が始めてボートからバスを釣った時、ビニールボートの手漕ぎで
今まで岸からだとどう考えても届かなかった沖の立ち木に近づいて行って
立ち木の真上からワームを落として釣った小さいバスは
今でも忘れることができない思い出となってます。
カルフォルニアワームのリトルシャークのテキサスリグでした。

それから数年、今でも親交のある先輩がジョンボートに旧エビンルードの
フットエレキを持っていて、何度も何度もお願いしてやっとの思いで
和歌山の椿山ダムに連れて行ってもらいました。

椿山ダムは結構広さのあるリザーバーで、何箇所かあるスロープの内の
一つから出船したのですが、26ポンド3段変速のフットコンだけでは
当然なら目に見えてる範囲内でも満足に回ることができません。

「あの岬の向こうにはどんな風景があるんやろ?」
「流れ込みまで行ってみたら水はキレイやろか?」

自分の手の届かない釣り場で釣りができるはずのボートフィッシングなのに
まだ手が届かないエリアがあることが悔しかったです。
(まあそれでも当時はメチャクチャ沢山釣れましたが…)

その内に小さいながらも船外機を手に入れたりしながら、
そういったジレンマも解消されていったのですが
ある時その先輩とこのような会話を交わしました。

「船外機とエレキ、どっちか片方しか使えないってのならどっち?」

当時の私は迷わずに「船外機」と答えましたが、先輩は「エレキ」でした。
純粋に魚を釣るという行為を考えた時、やはり最後に頼りになるのは
エレキであるということを、その当時から先輩は知っていたのです。

今はその当時と違って、エレキもボートも船外機もたくさんの種類が
多くのお店で販売されており、しかも当時の値段とは比較にならないほど
安く買うことが出来ると思います。
お金さえ出せば、立派な船外機、エレキが付いたアルミボートを
すぐに買うことが出来る世の中ですが、果たしてそれは幸せかどうか?
今のようにインターネットもなく、釣り場の情報源は雑誌のみ。
名前もないようなリザーバーを地図から探し出して、宝探しに行くかの
ように夜中から車を走らせていました。

当時、ムリして買ったシーニンフのジョン、ミンコタのハンドエレキで
アチコチの釣り場へ行きましたが、どの釣り場もとてつもなく広い広い
釣り場でした。

楽しみ方は人それぞれ。
苦労してやっと手に入れたボートやエレキを車に積み込んで、
情報もバスが居るのか、ボートは下ろせるのか、全く情報が無い幻の
釣り場に行くことができる、という幸福感は残念ながら今の日本では
もう誰も手に入れることができないのかも知れません。
スポンサーサイト

今日の作業 07.10.23 リトルゲーターマウントカット加工完成

2007.10.23 (Tue)
■リトルゲーターマウント 33インチシャフト仕様完成
先日のブログで掲載しました、標準の42インチシャフト用の長さの
リトルゲーターマウントの加工、終わりました。

カットされて返却された部品を組んで
071023ritoge00.jpg


カット面には塗装をして
071023ritoge02.jpg


ロックピンのインナースライドも当然33インチ仕様にカット加工
071023ritoge01.jpg


んで完成の図!
071023ritoge06.jpg


このエレキ、33インチシャフトにしたFW54ですよ。
ヘッド部を目いっぱい下げてマウントのセットした状態でモーターが
ちょうどマウントの先に乗る長さです。

ちなみにリトルゲーターマウントですが、マウントを上げ下げする時の
ロックピンの解除が硬くて解除しづらいことがよくあります。
ゲーターマウントシリーズの特徴でもありますが、とりあえずロックピンが
収まる前後の溝付近にグリスを塗ることで多少マシになります。

↓この部分ね
071023ritoge05.jpg


またエレキのアウターチューブをつかむドアのねじ部分、モーターガイド、
ミンコタ問わず、このねじ部分にはしっかりグリスを塗っておきましょう。
メス側のネジがダメになるのを防いでくれます。
071023ritoge04.jpg


あと、メス側のネジがダメになりやすいのは、上の写真にありますように
マウントが完全に、あるいは水平に近い状態に寝かせた状態でエレキ本体を
セットされた場合です。

必ずこの写真のように、少しマウントを持ち上げた状態で、マウントの首と
エレキ、ドアのノブを締め付ける際にムリに力が入らない状態で行ってください。
071023ritoge07.jpg


ドアノブを締めこむ時に力がいるような角度は間違いです、そんな時は少し
持ち上げてみて、力が入らない角度で締めこみましょう。

今日の作業 07.10.18 リトルゲーターマウントカット加工その他

2007.10.18 (Thu)
■リトルゲーターマウント ショートカット加工
好評のマウントカット加工です。
シャフトを短くしたら次はマウントも、ですね。かなりコンパクトになりますよ。

今回はFW54の42インチシャフトを33インチシャフト換装に合わせて、
マウントも同時にご依頼を頂きました。
071018lilga_00.jpg

071018lilga_01.jpg


さくっと分解して後は専門の加工業者に切断加工を依頼します。
完成が楽しみですね。

■ツアーTR変速ダイヤル破損、交換
旧ツアーTEや現行TRも同じなんですが、ダイヤルがクルクル回転してしまって
最小~最大位置で止まらなくなってしまうことがあります。
実際のスピードと、ダイヤル表示位置が狂ってしまい、低速と思って
スイッチをONにしたらいきなり高速でエレキが動いてビックリ!
なんてことイヤですよね。

原因はこちら
071018TRdia_00.jpg

071018TRdia_01.jpg


ボリュームスイッチの差込穴が割れてしまっているのがわかりますか?
穴が広がることで止まらなくなってしまうのです。
よくこの穴の外周部分をタイラップで縛って応急処置してるエレキを
見ますが、すぐにダメになります、ダイヤルの交換で対応できますよ。

中古TR82売れました お買い上げありがとうございました

2007.10.16 (Tue)
■中古TR82 売約済みとなりました
お買い上げ頂きましたお客様、お問い合わせを頂きましたお客様、
共に誠にありがとうございました。
071016_07.jpg


中古の在庫については流動的ですが、入荷予定がわかり次第、このブログに
紹介させて頂きますし今後はアルミボートや船外機の中古情報についても
紹介をさせて頂こうと考えております。

今回お買い上げ頂いたエレキ、ヘッドカバーやペダル部をリペイントし
あえてモデル名のシールなし、ソルト用のブルーインジゲータを加工して
取り付けしております。
071016_06.jpg


アダプタカラーもブルー、シブいぜ、お客様のセンスが光ります
071016_02.jpg


一応便宜上は中古品ってことにしておりますが、せっかくのツアーエディション
高額商品ですので、数え切れないくらいたくさんの部品を新品交換してます。
元々アナログモデルだったので新品のデジタルキット換装、ステアリング
ワイヤー、82ポンドモーター、モーターハウジング、ノーズキャップなどなど
の外装、モーター部などの他、写真のプーリーピボットもそうです。
071016_04.jpg

071016_05.jpg


ペダル部のステアリングワイヤーのプーリーを支えてるアルミ部品なのですが
劣化して朽ち果ててます、これじゃ適切なステアリングテンションをかけると
破損してしまうでしょうね。

あとベアリングも新型のシールドタイプの物で用意させていただきました。
071016_02.jpg


新型に交換するには、ベアリングコーンもシールドタイプ対応の物に交換が
必要で、キットになってます。

で、キットの説明書きを見てみたら、こんなこと書いてます。
071016_03.jpg


いつの間にか、固定用のイモネジ(セットスクリュー)の位置が決まってた
みたいですねえ、以前はこんな指定無かったと思うのですが…

TR82シャフトカットモデル セールやります

2007.10.12 (Fri)
■セールのお知らせ
レンタルローボートなどにオススメのモーターガイド社TR82の
シャフトカット済みコンプリート仕様を期間限定の特別価格にて
ご用意させて頂く予定です。

ノーマルの45インチシャフト状態のストック価格である158500円にて
・シャフトカット お好きな長さに加工
・アウターチューブカット シャフトに合わせて適切な長さ
・アダプタカラー取付け お好きな色をご選択ください
・延長ケーブル取付け ボートの種類に応じてペダル内部からお好きな長さ
・お届け送料込み!(沖縄、離島は別途ご相談ください)

以上の改造を行って

お値段はそのままの158500円

にてご用意します。
付属のマウントは標準装備の21ゲーターマウントです。

商品は海外からの直輸入品となりますので日本での正規代理店様での
保証などはございませんが、修理は私どもにて責任を持って
対応させて頂きます。

お問い合わせ、ご注文はこちらのメールフォームよりお願いいたします。

■TE784 デジタルSEモジュール交換
いつもお世話になったりお世話したりの金やんガイドサービスさんのエレキ修理です。
1年半くらい前に旧のアナログから現行のデジタルへ換装作業させてもらった
エレキなのですが、突然動かなくなったとのこと。

結果的にデジタルSEモジュールの内部破損が原因のようで費用的にかなり
痛手となるSEモジュールの交換で動作改善しました。
071012kaneyan_02.jpg


まあデジタルモデルは部品構成がシンプルすぎて壊れる所は限られてる
と言うか、ほとんどがココに集約されてるので仕方がないのですが…

故障の原因については残念ながら理由がわからず…セルバッテリーと
エレキバッテリーを共有してるなどの場合、エレキ側に過電圧がかかるなど
して不具合が出るなどのケースがあるようですが、今回は不明。

ついでと言ってはなんですが、今後の金やんガイドサービスに影響が
出ないように他の部分も点検とOH作業させて頂きました。

SEモジュール交換にあたり、モーターハウジング内部の洗浄は必須ですね。
1年半前にデジタル化したのにもうこの状態です、さすがガイド艇、
使用頻度が違いすぎますね。
071012kaneyan_00.jpg

071012kaneyan_01.jpg


案の定マイクロスイッチブーツも完全に破れてます、スイッチ内部に
浸水してしまいますよ、これじゃ。
071012kaneyan_03.jpg

071012kaneyan_04.jpg


ツアーエディションの場合、ペダル上のスイッチプレートが2箇所、
ペダル側にツメで引っかかってますのでこれをペダル裏から外すことで
マイクロスイッチブーツの状態をしっかり確認することができますよ。
071012kaneyan_05.jpg


今回交換させて頂いた部品類です。
SEモジュール
マイクロスイッチ&ブーツ
モーターハウジングのOリング×2個
スルーボルトのOリング×4個

071012kaneyan_06.jpg


琵琶湖南湖のガイドは金やんガイドサービスへ!
豊富な情報量、リーズナブルな料金、フレンドリーな人柄
ボートは名艇Ranger482VSで安心して釣りができますよ。

やりたくないんです、ホントは

2007.10.10 (Wed)
20071010204013
モーターガイドTR82デジタル
ブラシへの電源ラインを標準のものより太い8sqのものに交換し、通電効率を良くしようと言う試みです

一応、理論上ではこうすることで標準の配線と比較してバッテリーの電圧を下げることなくモーターへ伝えることができるようになるはずですが実際にはどの程度の違いとなるでしょうかね

今まではお断りしていた作業メニューですが今後は要相談と言うことでお願いします

写真はTOP50の秦君お買い上げのエレキで次回の弥栄戦にてデビュー予定です

こんな商品いかがでしょう?

2007.10.10 (Wed)
前々回に紹介しました、ミンコタRT55AP/PDの60インチシャフト仕様ですが
元々付いてる48インチのシャフトを取り外して、新しく60インチシャフトに
交換するっていう作業となります。

古いシャフトを再利用してどーたら…ということを質問頂いたんですが
以前にも書きましたとおり、MGと同じくモーター側へはねじ込みされてる
わけですが、素材が樹脂製ということで接着剤で固定されてます。

よってシャフトを外した段階で、ねじ山部分がこんな感じになっちゃいます。
071010MK02.jpg


再利用なんてとてもムリです。


ちなみに新しいシャフトのねじ山のアップ
071010MK01.jpg


絶対にムリってのがご理解頂けましたでしょうか?
希望されるのであれば、エレキと一緒に返却させて頂きますが、
再利用や転売などが可能と思われるMGのステンレスシャフトや
修理の際に交換した部品は全てお客様へ返却させて頂いております
が、
今回のような再利用できない上に長モノであるミンコタのシャフトは
お返ししてもお客様にて処分にお困りになると思いますので勝手ながら
私どもにて処分させて頂いております。

あ、もちろん希望があればお返ししますので…
最後に48インチ→60インチへ変更した場合、こんだけヘッド側に
伸びることになります。
071010MK03.jpg


■入荷情報 番外編

デュアルプロ オンボードチャージャー
071010dualpro00.jpg

071010dualpro01.jpg


「オンボードチャージャーって何やねん??」

ボート内に取り付ける、据え置き型のバッテリー充電器です。
大きなバスボートとかのバッテリーストレージ壁面に取り付けされてるのを
よく見る、アレです。

要するにボートを自宅保管される環境がある方には大変ありがたい代物で
このチャージャーから出力されるリード線を常時バッテリーの端子へ接続
しておけば、バッテリーをボートから降ろすことなく、家庭用の100Vの
延長コードをボートまで引いてくればこのチャージャーのコンセントを
繋ぐだけでバッテリーを充電してくれるという代物です。

今回取ったオンボードチャージャーは2バンクと言って、バッテリー2台を
同時に充電できるもので、1バンク~4バンクまでさまざまなタイプがあります。

アメリカでは普通に扱われてる商品のようですが、日本ではあまり馴染みがない
このオンボードチャージャー、理由のひとつとしては日本とアメリカの
使用電圧の違いがあります。

US  → 120V
日本 → 100V


ですので、オンボードチャージャーをそのまま日本の100Vコンセントに
繋いでも残念ながらほとんど充電できません。
日本で使うためには100Vを120Vへ昇圧する変圧器を間に介して
使わなければフルに充電できないのです。


今回、製品の動作確認の意味も含めて自分のバッテリーで色々試した結果
結論が出たと思うのですが、チャージャーからバッテリーへ流れる電流量が
100Vそのままの時と変圧器を介して120Vへ昇圧した時では全然違ってました。
機会があればこの辺りの話も紹介したいのですが、間違いないと思います。

一部のコアな人達の話の中では、120Vでも100Vでも同じようにバッテリーを
充電できるから問題ない!なんて事を聞きますが、少なくとも今回
私どもが試しました内容からは、とてもとても…
たぶんバッテリー容量の半分も入らないのではないでしょうか。
もちろん、昇圧器を使って120Vに変換してオンボードチャージャーを
使えば普通のチャージャーのようにしっかりと充電が行えることも
今回確認済みです。


オンボードチャージャーは何もバスボートオーナーだけでモノではありません。
むしろ日本でバスボートを自宅保管なんかできる方って極々少数ですよね。
でもサウザーやステーサー400や420クラスの中サイズ艇なら
自宅ガレージで保管なさってる方は多いのではないでしょうか。

夜遅く釣りから帰って、ボートからバッテリーを何台も降ろして自宅内に
持って入って…よりも、自宅から延長コードだけ引っ張ってきて
チャージャーに繋ぐだけ、って方がカッコイイし楽チンですね。

アメリカではいろんなメーカーのオンボードチャージャーが販売
されており値段や性能も色々あるようです、今後調査する予定です。

早い話、こんな商品もご相談(販売)に乗りますよ、ってことです。
アメリカで販売されてるボート関係のエレクトロニクス系商品だったら
たいてい何でもイケますよ。

お土産頂きました

2007.10.09 (Tue)
20071009234627
関東から琵琶湖へ遠征してこられたむらちぇさんから頂きました
ヤバいよ、うめえ、ミソのピリ辛が焼酎にマッチし過ぎや

むらちぇさん、ホンマにありがとう

今日の作業 07.10.04 ミンコタRT55APロングシャフト換装

2007.10.04 (Thu)
■ミンコタRT55AP/PD 60インチシャフト換装
湾内などでの流し釣りで普及してる、ミンコタのRT55AP/PDのシャフト延長です。
標準では48インチのシャフトのためソルト用のボートでは若干シャフト長が
足りずお困りであるとのことで相談を承りました。

RT55AP/PDは12Vモデルなのですが、この上のRT70APやRT80APなどの
24Vモデルになると、最長で60インチまでのシャフト長が選ぶことができます。

今回はこれら24Vモデル用の60インチシャフトをRT55APへ取り付けさせて
頂く作業で改善を図りました。

シャフトを交換するには全てを分解しての作業となります。
071004RT55_00.jpg


モーター側のコーンハウジングだけの状態にして、チョチョチョイと
既存のシャフトを外します、ミンコタのシャフトの場合素材が樹脂製という
ことで、コーンハウジングにねじ込みする部分に接着剤が塗られてます。
普通に外そうとしてもシャフトが割れるだけで取外しはできないです。

秘策を講じてシャフトを外しても、コーン側のねじ山は汚い…
071004RT55_01.jpg


接着剤の残りカスとかが、ねじ山を埋めてしまってます。
これじゃ新しいシャフトを入れるのも苦労するどころか、新しいシャフトの
ねじ山も一緒にダメにしてしまう恐れがあります。

でスペシャルツールの登場です、ミンコタ純正のタップです。
これがないと、精度の高い作業は見込めません。
071004RT55_02.jpg

071004RT55_03.jpg


キレイになったコーンハウジング側のねじ山部分、↑の写真と比べてください。
071004RT55_04.jpg


これで新しいシャフトをスムースにねじ込むことができるようになります。

■商品入荷案内
モーターガイド 各種プロップ入荷予定あります。
NINJAプロップ#12 4200円
マチェットⅢ   4700円
グレーマチェットⅢ 6200円(日本名称:マチェットⅢハード)


すべて、新型プロップナットとシャーピンがセットで付属してます。
またミンコタマクサム55などへの取り付け希望の方には加工および
取り付けに必要なスペーサー等のキットも用意ございます。
マクサム55であればNINJA#12、マチェットⅢいずれも取り付け可能です。
速度重視!とにかく最高速を!という方ならNINJA#12
速度もそこそこ、静粛性も!という方ならマチェットⅢ
という使い分けでしょうか。

こちらのメールフォームよりお問い合わせください。

今日の作業 07.10.03 モーターガイドTR82シャフトカット

2007.10.03 (Wed)
■モーターガイドTR82 シャフトカット
中古で購入された45インチシャフトのモデルを36インチ仕様へカット加工です。
早速作業を開始した所、色々問題点が発見されました…
071003TR00.jpg

変速ボリュームの信号線をヘッド部で接続してる部分です。
通常圧着端子で接続しますが、熱収縮チューブで覆われてるのを
ドキドキしながらはがしてみたら…
071003TR01.jpg


銅線をネジってるだけ。せめてハンダ付けしましょうよ。
2本ある信号ラインが断線したら、エレキは動きません。

071003TR02.jpg

シャフトトップのピニオンギアとシャフトの固定も折り曲げたピン状のもので
引っ掛けてる状態ですね、本来リベット固定の部分です。
プライヤーで簡単に折れました。
071003TR03.jpg


電源ライン、信号線とも被覆が破れて中の銅線が見える状態で危険ですね、
上でも書きましたがオレンジと緑の信号線が断線すると
エレキはどのモードでも動作しなくなります。
071003TR04.jpg

071003TR05.jpg



悪い所は全て修繕の上作業継続です。
ピニオンギアの固定はステンレスのリベット2本で固定します。
071003TRA01.jpg


45→36インチということでアウターチューブも短くカット加工を行い
アダプタカラーは限定カラーのオレンジをチョイス頂きました。
071003TRA00.jpg

071003TRA02.jpg


アダプタカラーですが長らく欠品していましたブラックも入荷しました。
現在のところ、レッド、ブルー、ゴールド、オレンジ、パープル、ブラック
が在庫ございます。
もちろん一般小売並びに他の純正パーツなどと同様にショップ様への
業販も承っております。


 | HOME |