修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

今日の作業 2007.3.29

2007.03.29 (Thu)
■最近の作業
モーターガイドF43V 修理及びオーバーホール
ペダル裏より煙が上がった、とのことで修理依頼。
ミンコタ、モーターガイド問わずペダル内部の配線や各スイッチは
ダメージを受け易い箇所ですし、今回のエレキのように、一回煙が上がっても
一旦落ち着くとまだ使用することが出来たりしますので発見が遅れたり、
騙し騙し使い続けたりしてより状態が悪化してしまうことがあります。

ペダルをかかと側へ大きく踏み込んだ状態にすれば、内部の配線などの
状態は目視で充分点検できますので、まだ煙が上がってない方でも
注意しましょう、特に夏場など気温が高い日は要注意ですよ。

マイクロスイッチ、トグルスイッチ、その他ハーネスと接続されてる
短い配線が焼損しておりました。
0329_F43Vpedaru00.jpg

さらにマイクロスイッチのボタン部を防水する、カバーも見事にトップが
破れております、時間の問題です。
0329_F43Vpedaru01.jpg

スイッチ本体とカバーを新品交換、焼損した配線を新たに作成して交換です。
0329_F43Vpedaru02.jpg


続いてヘッド部のチェックへ。
ここもよくやられてますね、基板へのプラス線の入力端子部分
カバーと端子付近の配線が焦げてしまってます。
基板までダメージが及ぶ前にココも交換です。
0329_F43Vpedaru03.jpg


次にモーター部へ。
全て分解して内部のチェックと洗浄です、写真に見える黒い粉?みたいなのを
キレイに洗い流します、当然部品は全て1個までばらしての作業です。
0329_F43Vcap00.jpg


舐めることができる位にまで、を目標にキレイキレイします。
0329_F43Vcap01.jpg

0329_F43Vhousing.jpg


モーター部の防水を行うOリングや各種シールも新品交換します。
0329_F43VOring.jpg

0329_F43Vseal.jpg

左:元ついてたOリング等
右:新しいOリング等
以前は黒でしたが、現行はオイルシール以外、青色に着色された物です。

旧アナログ無段モデルの変速制御を行うデュラアンプモジュールの放熱面へ
新しいシリコングリスを塗布して組み上げします。
0329_F43VDAM.jpg


ブラシカードもキレイに洗浄済みで気持ちイイです。
0329_F43Vcapkumi.jpg


写真にありませんが、モーターのブラシが当たる相手面、コミュテータと
呼ばれる電極部分も研磨作業にて新品同様の状態へ復活。

ついでにモーターの方向転換サポートをするベアリングも交換します。
0329_F43Vbearing00.jpg

0329_F43Vbearing01.jpg

左:元ついてた古いベアリング、サビが始まってます
右:新品のベアリング
写真のシャフト中央部とヘッド部に挟み込むように設置されてます。

少々古いモデルでも、リフレッシュされて気持ちよく使うことができます。
安易な新型への買い替えより、少々のことならオーバーホールすることで
新品同様の使い心地に戻すことが可能です。
今回の作業全てで総額20200円の作業費用となりました。
スポンサーサイト

お金ばっかり掛かるなあー

2007.03.26 (Mon)
ついにこの時が来てしまった。船舶免許の更新である。
あまり馴染みが無いかも知れませんが、5年ごとの更新で自動車のように
簡単な講習を受ければ次期の5年間分の免許証がもらえます。

しかし・・・
自動車だと最寄の警察署か運転免許センターで3000円程度の講習料を払って
1時間程度の講習を受ければすぐに新しい免許証がもらえるのですが
船舶の場合はもう少し面倒が多いです。

まず費用が高い
講習の申し込みに約4500円程度、これはネットからも申し込みできるので
その点は良心的かな。さらに後述の別途かかる費用が大きい。

講習日が少ない
次に講習の日程を予約する、これもネットから可能。
しかしあまり選べるほど日程に余裕はない、仕方ないので大阪の直近の
日曜を選んでみた。
平日とかもあるにはあるけど、少ないなあ。

最後に免許の申請?が別途必要
これはナゼ??なんですが、後から判ったこととして、講習を行う団体と
免許を発行するのは別組織のようです。
で、講習を受講した、って証明を元に国土交通省の直下組織である
免許発行所へ発行申請を別途行う必要があるみたい。
さらに申請は当日にはできないようで、別日程を設けなければならず
めんどくさいことこの上ない。

面倒だ、って人には海事代理士さんへ依頼して代行もしてくれるそうな。
しかしこれに手数料がまた4500円ほど、さらに細かい申請手数料やらで
総額で1万円ほどにも膨れ上がる費用。。。
頭にキタが時間がもったないので代理士さんへ代行依頼することに・・・


講習時、先生はしきりに自動車免許の更新と同じように簡易的になってきた、
と仰ってましたが、まだまだじゃないですか??
以前と比べたら楽チンになってきてるのでしょうけどね。
自動車免許の更新に掛かる費用は半分以下でしょ?
どーも要らない組織が間に介在してるおかげで中間搾取されてるような
気がしてならないんですがねえ。

免許証のカタチは自動車免許そっくりや。。。
0326hune.jpg



最後に最近取得した牽引免許(2tまでの条件アリ)
0326kennin.jpg

俺達。氏のヘルプもあって奇跡の飛び込み一発合格。

目標ですわ

2007.03.23 (Fri)
琵琶湖に通うようになって実はまだ数年・・・
それまでリザーバー野郎だった私ですが、全く違う世界に最初は戸惑い、
そして釣れる魚の大きさに驚き、のめり込んでしまった異次元世界。

南湖中心なんですが、浚渫などを除けば深いところでも6mほどで
ただただ広ーい、横の面を釣るイメージでリザーバーの縦の思考から
シフトするのに時間が掛かりました。

色々な釣りをやり込んでる内に自分なりのスタイルってのも何となく
出来てきて、人のやらないエリア、釣り方でそれなりの結果を残せる
ことが判って来たんですが未だ満足な結果が出せない釣り方・・・

それはプラグの巻き物系

070323crank.jpg

今年はコイツをマスターしたい、って言うか絶対にすると決めました。
買い物にも気合が入りすぎ・・・財布が辛いぜ!

ご無沙汰しております・・・

2007.03.21 (Wed)
ハアハア・・・で最近とても忙しい、これもひとえにお客様あってのことと
いい方向に解釈して毎日お仕事に邁進しております。
今年は暖冬ってこともあってバスの方もシーズンインが例年より
半月以上は早いのかな?
3月に入ってから作業のご依頼が急増、ちょっと手が回らないような
状況になってましたが、先週1週間を集中作業ウィーク?にしまして
休みなく7日間作業し続けました結果、現在は通常レベルまで
落ち着きました。

最近の修理屋さんの行動をここで報告致しますと・・・
3月4日 琵琶湖へ初釣りへ
嫁の友人の旦那さんと一緒に言ってきました、この方、昨年も4回ほど
ご一緒してるんですが、驚異の50UP率を誇る勝負運の持ち主、昨年は
4回中3回、50UPを仕留めてます。
事前の情報ではシャローへ上がる前の魚のコンタクトポイントとなる
マンメイドや、その少し沖の漁礁でイイのが出てるとのこと。
特に漁礁については期待できるようなので、当日は漁礁を数箇所廻ろう!と
意気込んで出船してみたら、魚探を全て持って来忘れたことが発覚。。。

プランを180度変更して、狙いをシャローのみに絞って南湖~北湖の
代表的なスポーニングエリア付近をただひたすらジグ打ちすることに。
幸いこの日は穏やかな気候で
「昼前後にはシャローの水温もかなり上昇する?」
「ほしたら気の早いバスもシャローに差してくるんとちゃいますか?」

などととにかく全てをイイ方向に勝手に解釈しながら修行のように
ジグを打ちまくる・・・やっとワンバイト、しかし丁度携帯で喋ってる時
という運の悪さ、当然フッキングできずにサヨナラ~。

さすがに夕方になると肌寒くなってきた、しかし他に自信を持ってやれる
ことなどないのでそのままシャローを流す・・・でやっと出たのがコチラ
07hatubass.jpg

水深50センチ位のどシャロー、近づくと底は丸見えの所
3/8のアーキージグ+リアクションのスイートビーバーのちょん掛け
あ~ヨカッタ!坊主は逃れた~、やばかった!

ちなみに同行の旦那さんは残念な結果に・・・しかしこの翌週土曜の10日も
半日だけ出てやはり超シャローにて40ちょいを同じジグにて仕留めました。
このままポカポカ陽気が続けばもっと沢山のバスが差してくるに違いないと
思えるようなイメージだったのですが・・・

3月14日 岐阜のダイナランド&高鷲スノーパーク
何やら天気予報によると再び冬型の気候に逆戻りとか。
こりゃシャローに居たバスさん達は辛いだろうな、ほうほう、日本海側や
山間部ではまとまった積雪がある・・・こりゃ釣りよりボードやな。
ネットで情報を見てたら
ココに来てやっとシーズンイン?
フカフカの膝上パウダーがどーたらこーたら・・・

うむ、妄想が妄想を呼ぶ言葉の羅列やな、こりゃ山に行くしかないでしょ。
で急遽14日の平日に先輩と嫁妹の3人で出撃。
0703dyna.jpg


ダイナランドと高鷲SPは同じ山の隣同士で一部ゲレンデが思いっきり
隣接してるとこもあってネットで仕切られてるだけ。
3月に入って突然、共通リフト券なるものを試験運用を開始したと
聞いていたので少々値段は張るが共通券4500円でダイナと高鷲を行き来
してみたが、両方滑れるのにこの値段って割安に思えたんですがどうでしょ?
ぜひ来年も同じ試みをやってもらいたいですね。

んで期待通りのフカフカ片栗パウダーで転んでも痛くなーい♪
転んだら雪の粉?がプワーって舞い上がる♪
歩くとキュッキュッって音が出るような今年一番のゲレンデコンディション
を満喫することができました。

■最後に一応最近の作業
いつもご利用ありがとうございます。九州のお客様です。
TE780 アナログ→デジタル換装 その他OH
デジタル化はかなり大掛かりな作業で、写真のペダル部など、外回りのみ
残して内部の各スイッチ、各ハーネスは全てデジタル用へ交換となります。
070320TEpedaru.jpg


ベアリングなども腐食し切っていたので交換をしようと思ったのですが、
写真のシャフト中央付近のベアリングカラーをシャフトへ固定している
イモネジが見事にサビて固着してる上に六角レンチも頭に入りすらしない
状況で、別の場所からアクセス、残念ながらこの部分は部品交換させて
頂くことにしました。
070320TEkara.jpg


TEやTRなどのツアーエディションモデルは、ヘッド部とアウターチューブが
ステンのリベットで3箇所固定されてます。
リベットですので使用を重ねるうちに緩むこともあります。
アウターとヘッドを手で捻ってみて、カタカタとなってるなら要注意。
ヘッドからアウターチューブが外れてしまうようなことは起きないですが
エレキの方向を変える度にカタ、カタっとなってると集中もできないです。
今回はあまりにひどかったのでリベットの打ち直しをさせて頂きました。
070320TEribet1.jpg

070320TEribet2.jpg

今日の作業 2007.3.8

2007.03.09 (Fri)
★お知らせ
こちらのブログで入荷のご案内をしております「リトルゲーターマウント」
ですが好評につき、そろそろ在庫が少なくなってきました。
メールでお問い合わせを頂いておりますお客様には全てご返信させて
頂いておりますが、お客様より購入の意思表示を頂きませんと
取り置きなど致しておりませんのでご検討の方はお早めにメール下さい。

★★★最近の作業★★★
■ミンコタ エンデューラ36ハンドコン
突然動かなくなったとのことで作業依頼を頂きました。
作業前に一旦動作テスト、ほんとうに動かないのかな・・・で
やっぱり動かない、けど微妙に動き出しそうな感じでモーターシャフトが
ピクッ、ピクッとしてます。

ハウジングを軽く叩いてやると動き出した・・・どうやらモーター内で
何か接触不良が起きてるっぽいようです。
で、モーターハウジングを分解すると、やっぱりコレですわ。。。
070307MK362.jpg


浸水してサビが発生、ブラシとブラシの当たり面であるコミュテータが
汚れで接触不良、さらにブラシスプリングも固着しててコミュテータ側へ
ブラシがしっかりと押し当たってないのが原因です。

浸水した水分中に含まれる細かい微粒子や砂などがブラシに付着すると
しばらくは問題なく動作しますがブラシの磨耗が非常に早くなり、
偏磨耗から接触不良などの原因となります。

浸水してるかどうか、ってのは外からでは全くわかりませんがモーター部を
分解しなくても、固定してるスルーボルトを外してスルーボルト表面を
見れば一目瞭然です。

写真の上2本はこのエレキのスルーボルト、真っ黒です。
下の1本は参考に並べた別のキレイな状態のもの、汚れもありません。

070307MK361.jpg


■ミンコタRT40-S ハンドコンSW対応モデル
偶然にもこちらも浸水からの不動修理で、まだ状態としてはマシな方でした。
不動の原因は写真にありますように、ブラシが切断されてました。
海水はやはり消耗が激しいのでしょうか。
070307MKRT403.jpg


お客様が梱包する際に、エレキを寝かしたらヘッドから水があふれてきた、
とあり、モーターに溜まった水がヘッドまで流れてきたようです。
ヘッドにも汚れがこんなにも・・・
070307MKRT401.jpg


■ミンコタ 40ATフットコン
延長ケーブルの設置とOH作業のご依頼です。
ご要望があるそうで、ペダルのかかと側よりバッテリーのケーブルを取り出し
して欲しいとのこと、よく考えたらアルミボートやレンタルボートなら
操船する人の後ろにバッテリーがありますので、通常のつま先側から
ケーブルを取り出しするよりかかと側から出した方が邪魔にならないのは
ごもっともな意見ですね。

MGのツアーTR等以外のモデルの場合、ペダルの上下左右いずれの方向にも
ケーブル取り出し口の穴が開いてて好きな位置へ変更が容易ですが
ミンコタのペダルの場合はつま先側しか穴が空いてません。
よって今回はかかと側に新たに取り出し口の穴を新設することにしました。
お客様、ご満足頂けましたでしょうか?
070307MK40AT1.jpg

070307MK40AT2.jpg

中古エレキ 入荷情報追加【ブルート756】

2007.03.07 (Wed)
■格安!中古24Vフットコンエレキ入荷
モーターガイド ブルート756 42インチシャフト
56ポンド 12/24V切替 5段変速
20ゲーターマウント付属
新品マチェットⅢプロップ、シャーピン、ロックナット、バッテリー間
ジャンプケーブル1本

価格 48,000円(送料別)

16ft程度までのFRPボートなら充分なパワー&スピードが期待できます。
もちろんシャフト換装、延長ケーブル設置などのチューンナップで
レンタルローボートでの高速エレキ戦にもお使い頂けます。

56ポンド出力ですが、FW54などの12Vの54ポンドとは比較にならない程の
パワーとスピードです、やはり24Vモデルは違いますね。

当然すべての部位を分解、点検、マイクロスイッチやベアリング、
各シール材などの消耗パーツ類は全て交換を行い、次のオーナー様の元で
活躍できるよう作業を行った上で納品です。
元々バスボートに付いていたエレキですのでヘッドカバーなどの傷も
ほとんど無く、状態も極めて良好です。

お問い合わせはこちらのメールフォームよりお願いします。

※※※3/8更新 写真追加します※※※
お客様よりお問い合わせがあり、
「写真ないの?」ということですので写真を追加します。

ペダル部は内部配線のほぼ全て、マイクロスイッチ、ブーツを交換
モーターコアのコミュテータも研磨

070307bru1.jpg


モーター部は傷、塗装の剥がれが一部にあり
Oリング、ボルトシール、オイルシールは新品交換済み

070307bru2.jpg


ヘッド部はほとんど傷はありません、キレイです
070307bru3.jpg



■今日の作業 モーターガイドF43
お客様より、特定の速度のみ動作がなく、他の速度域は問題なく動作する、
とのことで修理預かりです。
070306MG5F1.jpg


5段変速モデルでこのような症状の場合、大抵ヘッドカバーの配線の
焼損、短絡か、写真の変速スイッチの内部焼損が原因です。
今回の場合、配線は問題なくスイッチの交換で症状が改善しました。
交換したスイッチをよく見てみると・・・
070306MG5F2.jpg


写真の配線の差込端子付近のケーブル被覆が焼損しかけてますね。
つまりこれだけの発熱が起きてスイッチ内部も焼損が起きた、と判断できます。
原因としては、やはり高速度域での連続航行、ペラにゴミやウィードが
絡んだ状態で無理やりペラを廻して航行するなどが多いです。
特にMGの5段変速モデルはペダル内部配線の焼損→不動が多いですので
5速での長時間の連続航行は避けましょう。
モデルや出力、季節によりますが、大体目安としては15分、5速で
連続航行を行うとペダル内部の各スイッチ、配線は手で触れることが
できない位、チンチンに発熱してますよ。

■ミンコタ ニュータイプシャフト&ベアリングレースキット入荷
ミンコタフットコンシリーズのウィークポイントだった、弱い弱い
コンポジットシャフトを強化する新しいキットが入荷しました。
070306newmax.jpg


特に大型のモーターのモデルでよくある、モーターの重さにシャフトが
負けて、突然シャフトがスッポ抜けるというトラブルに対応したキットです。
写真のレース部分をシャフトに差し込んで、横穴からビスで固定される
仕組みなのですが、旧タイプは皿ビス2本、それもシャフトに直接ビスを
打つ仕組みだったのが、新しくシャフトの上にカラーを挟んで、ビスを
打つようになります、ビスの本数も4本となり、より強化されてます。
070306newmax1.jpg

070306newmax2.jpg


ミンコタの大型モデル(マクサム55以上)をトレーラー等で運搬されてる方は
この部分からシャフトに亀裂やビス抜けが起きてトラブルになりやすいです。
シャフトとレースキットにて交換対応が可能です。

入荷情報 中古エレキ 値下げします

2007.03.05 (Mon)
お世話になります。
中古、新品エレキ用品の入荷情報のご案内です。

◆中古ハイパワーエレキ 入荷情報 → 値下げします 送料込み120000円
モーターガイドFW71Vデジタル 24V71ポンド 新品パーツ多数交換済み
シャフト長 現状42インチ → 新品の30、33、36インチから無料で変更可
マウント ノーマル01マウントをシャフト長に合わせてカット加工
ヘッドカバー上下新品新品デジタルキット換装済みで安心
新品アダプタカラー、新品antiキャビテーションプレート、新品マチェットⅢプロップ
ペダル内部より新品延延長ケーブル加工3m、新品ジャンプケーブル1本
モーターハウジング全モーターハウジング全塗装済み、71ポンドモーターコア新品
その他新品部品多数使用ほとんどの構成パーツに新品を使用しました
書ききれません!新品同様の仕上がりに多数のオプションをお付けして
この価格にてご用意しました。

お値段 135,000円(お届け送料込み)

120,000円(お届け送料込み)

別途にてリトルゲーターマウント新品もチョイス可
大型ボート向けに20ゲーターマウント中古もチョイス可(お値段そのままで)

◆リトルゲーターマウント
まだいくらか在庫ございます。
もちろん新品です、以後入荷の予定はありません。
おそらくこれが本当の最後の品でしょうね。

お値段 28,500円

お問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ
 | HOME |