FC2ブログ
@erekinet
2006/10/30

雑魚釣り

最近巷で静かなブームとのウワサの釣り、それは雑魚釣り!
実は僕もはまっていて、日曜の夕方少しだけ時間が空いたので
近所の用水路へ出かけました。

自分が子供の頃に親しんだ、モロコ、クチボソ、オイカワ、タナゴなんかを
じっくりと狙って、ゆくゆくは自宅に水槽を構えて日本産淡水魚の飼育を
実現させたいなあ。
熱帯魚とかのハデでキレイな奴らじゃなくて、地味な雑魚、コレがいいの。

で今日はいつものポイントが堰が開放されてチャラ瀬になってたので
新規開拓、新しい堰付近へ。
D1000019.jpg


愛用のロッド、静嶺330(笑)
D1000022.jpg


10分ほどで小さい玉ウキがピョコピョコ、カワムツかな?
D1000023.jpg


申し訳ないですが少しの間だけキープさせてもらいます。
このケースで横から魚を眺めるのがまた楽しい。
D1000020.jpg

D1000021.jpg

たまにはバス以外の魚をじっくり腰据えて狙うのも楽しいですよ。
スポンサーサイト
2006/10/16

Re:こうたりさん

こうたりさん、ちゃんと反映されとりますわ・・・
koutari.jpg


「全裸」なんてネタ、書いてないはず!とおもったら例のバークレー社
Go!Naturalのアイクとスキートの全裸CMの記事・・・ちょっと安心しましたわ^^


アイクネタでひとつ、↑にも検索ワードにあるように来日が予定されて
いたマイケル・アイコネリですけどどうやら来日中止になったとか、
なりそうとか。。。


◆今日の作業
D1000009.jpg


久々にアナログ無段の作業。
現行のデジタル無段と違って配線の結線部分が圧倒的に多いモデルです。
最近はデジタルばかり作業してたものでアナログの配線が
判らなくなることも実はしばしばあることですー(笑
こんな時は資料をめくって確認、と。
2006/10/13

なぞの検索ワード・・・

比較的IT革命?が遅れがちと思われる釣りの世界。
私の友人、知人の周りでもやっとこさブログを始めたって人間、数人います。

始めた頃は簡単にアップできるっていう特徴もあって盛んに更新しまくって
楽しいもんだと思いますが、友人らはいつまで続くのやら・・・と微笑ましく
見守っております。


1日に何人位の人が見てんねやろ?
どこから飛んできたんかいな?
とかも解析する機能もあるので管理する側はそういった面も楽しみではあります。


昨日も某ぢぇね氏が
「一日のアクセス数が・・・」
とか
「解析が・・・」
とか、普段決して使わないような難しい単語を口にしてたのもあって
久々に最近のウチのブログの状況を確認してみました。

FC2ってとこのブログなんですが、アクセス数やらどのリンク先から
飛んできたかとか以外にも、どの検索エンジンでどういった検索ワードで
ウチのブログに飛んできたか、なども判ります。

「フムフム・・・まあいつもの単語やな・・・」

と見てると、見慣れない言葉を発見。
それは


「プロップパウダー」


20061013132716.jpg


11日に検索されてウチのブログへ来られた方、コレは一体何かぜひ教えてください(笑)
2006/10/11

御礼 イベント参加ありがとうございました

D1000011.jpg

8日の計測会&BBQイベント in 日吉ダムは無事に開催致しました。
ご参加頂いたお客様も、(私の口車に乗せられて)運営サイドへ回って頂き
お手伝いを頂いた方々も、とにかくありがとうございました。
IMGP0515.jpg

計測の結果ですが、近日中に集計しましてアップする予定です。
風がちょっと強めだったんで、じっくりとプロップチェンジテストとか
できなかったのが残念でしたねえ。
次回は来年春ごろかな?


で、イベント当日に持参した秘密兵器バイオソニックス、皆さん
興味津々の方、端から眉唾モンだろ?って目で見てた方、反応がまちまち
ではありましたが、気付くとバイオソニックスからタプタプって嫌や音が。

ケースを傾けたら、案の定ツツーっと水が・・・あ~、こないだ大雨の中、
ボートの上で半日置いてたせいでケース内に雨水が溜まってしまったようです。


っちゅーことで番外編、バイオソニックスのOH、解体だ!
ってエレキほど大した構造ではなく、ビス数本で本体パネルを固定してるだけ、
パネル裏にボードがまたビス固定されてて、これがメインユニットになってるだけ。
D1000007.jpg


D1000009.jpg


D1000010.jpg


あとのスペースは内臓の12Vバッテリーと水に落としても沈まないようにする
って目的か判りませんが、発泡の浮力体があるだけ。なんじゃこりゃ??

数日乾燥させてハイ、出来上がり!となる予定。
2006/10/06

お知らせ&南湖情報

いよいよ今週末日曜、計測会&バーベーキュー大会です!
心配だった台風2発も何とかなりそうで一安心、持って行くもの
早く準備せなアカンなあ。

皆さんもボートや釣り道具だけじゃなくて、お昼ご飯のバーベキューで
食べるお肉は各自1人前はご持参下さいね、肉以外に焼きたいものが
あればOKです、焼くための機材やテーブルはこちらで用意してます。
あ、あとイスかイスの代わりになりそうなクーラーや飲み物も
各自持参でよろしくです。


話は変わって琵琶湖情報。
お盆明け位からずーっと続いてる減水のせいかどうかわかりませんが
コンスタントに釣れてた沖のウィードが調子悪い様子。
9月30日土曜もとりあえず南湖南エリアのボディウォーターへ。
開始すぐに同船者が51センチをゲット、こりゃ幸先よいなあ。

しかしボディウォーターとは言えエレキで横断しながら延々とウィード
の間へテキサスを放り込むこの釣りは忍耐が要ります・・・とエレキで
横断しながら西へ行くと途中から途端に水が悪くなります。

どうも湖流が少ないためボディウォーターの幅がとても狭くなって
水の生きてる範囲が狭い様子。


なるほど、と納得してここから情報収集開始。
沖がダメならシャローかな?と秦君から聞いた情報を頼りに180度戦略を
変更してシャローカバーを狙い撃ち、これが大当たりで二人で
52を頭に10本ほど、それも最低でも40センチ。

火曜にガイドに出たカネヤン氏も
「シャローじゃ、シャロー♪」
しかもこの日はアユの接岸も重なって相当いい思いをしたらしいです。
カネヤン氏の話があったので急遽5日木曜にも出撃してきたのですが
やはりエリアは大体同じで表層系のバズワーミングでグラス周りを
攻めるだけで飽きない程度に反応があります。

D1000003_1.jpg

MAXは写真の52センチ、同船のGranbass前田氏も同クラスをひとつ、
それ以下も13本位は釣ってました。
サイズも大体40ちょっと位がアベレージかな?
D1000001.jpg


ルアーは全てReaction Innovationsのトリキシーシャークと新製品の
スキニーディッパーの2種類。

D1000002.jpg

写真のようにノーシンカーでも十分な飛距離を出せる自重と
5/0の巨大オフセットフックでもキレイにリグれるデザイン。
エリアの見極めが大変重要で、バスが居ればすぐに反応あります。
雰囲気や水色がとても悪い所でもカナリのバスが確認できた場所も
あったのでこれからしばらくが楽しみです。