FC2ブログ
@erekinet
2006/09/28

新兵器・・・かな?

半年ごろ前からアメリカで流行ってる、ホットなアイテムを買ってみました。
biosonix.jpg


BIO SONIX FISH ACTIVATOR(バイオソニックス フィッシュアクティベイター)
WEBサイトはこちら http://www.biosonix.com/

サイトを見る限り結構有名プロも使ってるようです、バンダム以外はちょっと
昔の方々のように思えますが・・・

魚探くらいの大きさの高さのあるハコ?のような装置でケーブルを介して
水中へスピーカーを落として使用します。
要するに、魚の喜ぶ音を発する装置でスイッチを入れると色々なパターンで
妙なサウンドを発するのをボートの上からでも確認できます。
バスのスイッチを強制的に入れてしまう、魔法のようなアイテムです。

パターンは4通り位、プリインストールされており後から自分で好きな
サウンドをインストールもできるようです・・・未確認ですが。

感じとしては、よく水中の生き物とかをカメラマンが撮影してテレビで
放映してるような番組ありますよね、あの時に聞こえる水をかく時の音、
アブクの音って感じですね。
またパターンによってはShad Feardingとかあります、
シャッドがエサを食べる時に出す音って、一体どんなんやねん!
と思う方、ぜひ買ってご自分の耳でご確認下さい。


気になる効果ですが、1回目を9月16日に使用してみました。
仲間内でミニ大会、これのおかげとは言いませんが見事2位!
2回目は9月27日に使用、なんと充電し忘れで使用できず、しかも
そのせいとは言いませんがボーズ同然の釣果・・・

使った時は2位で、使わなかったらボーズってことは・・・
やはり効果があるのか!?

たぶん来年ごろには日本でも手に入りやすくなるのでは?という情報も
ありますので効果のほどは皆さんでご確認頂けると思いますよ。
スポンサーサイト
2006/09/19

10月8日イベント まだ参加募集してますよー

こちらのページで案内しておりますエレキ計測会イベント、
いよいよ迫ってまいりました。

当日は日吉ダムレンタルボートサービス様の協力を賜り、一般のお客様に
迷惑が掛からないよう、イベント用スロープの利用許可を頂いております。

よく頂く質問ですが、参加費用とかは一切頂いておりません。
ですが日吉ダムレンタルボート様へスロープ利用料はお支払い頂く
必要はありますのでお間違えなきようお願い致します。
現在交渉中ですが、一般スロープ利用料金が一日2500円ですが
少しお安くしてもらえるかも?です。

9月22日更新
日吉ダムレンタルボートサービス様のご好意より
スロープ利用料金 1500円
入漁料 400円

以上にてご利用頂けることとなりました。


一般スロープ、レンタルボートからのイベント参加もOKですが、
参加希望の方はこちらのメールフォームより必ずお申し込み下さい。
お申し込み無しの当日飛び込み参加、イベントスロープの利用はできません
のでご注意下さい。

なおイベントは10月8日開催ですので
参加申し込みの最終期限は10月1日(日曜)AM0時までの申し込みとさせて頂きます。


当日ですがハンディGPS貸し出しによるスピード計測の他、新たに
エレキのプロップ貸し出しも行うことにしました。
よく言われてます、
NINJA#12 2枚プロップが最速!ってホント?
マチェットⅢとマチェットⅢハード ホントはどっちが速い?

などなどを皆さんで検証しましょう。

当日持参予定のプロップはマチェットⅢ、マチェットⅢハード、NINJA#12
これらをモーターガイドはもちろん、ミンコタマクサムシリーズでご利用
になれるよう加工した品を用意致します。
(一部モデル非対応あり)

あと話題の魚探ハミンバード981Cを間近で見ることもできますし、
未定ですが、あるGPS関連の超速新製品レビューもあるかも?

食べ物がないと寂しいと思いますので簡単な調理器具、湯沸し位は
用意しますので、参加者様で水とラーメンを持参頂ければ
暖かい食事はお約束致します(笑)
9月22日更新
火気の使用について許可を頂きましたのでBBQやります!
調理器具等は持参しますが、原則自分の食べる分は持参で。
肉、足りなくなると野菜とウィンナーばっかになるかも。。。
2006/09/07

イベントやりますよー

かねてより考えておりましたが、来る10月8日(日曜)に京都府日吉ダムに於きましてエレキ計測会を開催いたします。
日頃よりお世話になっております皆様のボート、エレキセッティングの検証、またユーザー同士の情報交換の場になればと思います。
特にコレといって催しは予定はしておりませんが非常にお問い合わせが多い、スピードアップについて考えた結果、まずは皆様のエレキのスピードは一体何km/h出てるのか?
これを検証するため、お一人様10分程度を目安にハンディGPSを貸し出し致します。
ハンディGPSは持ち込んで普段どおりボートを走らすだけでリアルタイムに、しかもかなり精度の高い速度計測ができます、またMAXスピードを自動でメモリします。
皆様の一番気になる
「オレのボートは何km/hで走ってんのやろ?」
が相対比較することができます。

果たして36Vエレキが本当に早いのか?
24Vフロントのみと12V前後2機掛けどっちが早い?
12Vフロントのみ最速マシンは何km/hでるのか?


なども参加者が多くなればより詳しいデータを共有することが可能になります。
その他簡単なエレキ相談も承りますし、当日は艤装の鬼の知人が話題の3D魚探、ハミンバード981C持参でやってきます。
魚探革命と言われるマシンを間近で見ることのできる絶好のチャンスです。

当日は日吉ダムレンタルボート様の協力により、通常開放をしてないイベントスロープの使用許可を頂きました。こちらのスロープを会場と致しますが、計測会参加の方のみご利用を有料使用を可能とさせて頂いております。


参加する人数次第ですが太陽の低い時間はせっかくなので釣りを楽しみたいと考えてます。
ダレ始めるだろう10時頃にスロープ集合、計測会開始!にしたいと思います。
便宜上「計測会」と呼んでおりますが、肩肘張らずに皆様が楽しく過ごせ、尚且つ共通の趣味を持った者同士で情報交換ができる場にしたいと思います。
計測会参加希望の方はまずはこちらのメールフォームよりお問い合わせ下さい。

2006/09/07

◆入荷情報 9/7

サイトの更新情報ってとこにも掲載しておりますがスピードオタの人たちに
絶大な人気のある、「グレーマチェットⅢ」が入荷しました。
日本の正規代理店様での名称が「マチェットⅢハード」ってやつです。

価格:6200円(送料別)にて用意させて頂いております。
普通のマチェットⅢも4800円(送料別)にて在庫ございます。
数量僅少入荷のためお早めにこちらのメールフォームよりお問い合わせ下さい。

普通のマチェットⅢよりスピードアップする、とか噂のプロップなのですが
正直な所私自身の比較データがないので、あくまでも噂ってことです。

ナニが違うのか?
プロップを形成してる樹脂素材に違いがあるようです。

普通のマチェットⅢ → 樹脂オンリー
グレーマチェットⅢ → グラスコンポジット樹脂


ということらしいです。
で、実際に比較してみる。
指でブレードをコンコン弾いてみると明らかに音が違う。
別にどっちがイイってワケではないのですが、やっぱり音が違うってことは
素材の違いなんでしょうか。

しかし、私の感覚だけで言わせてもらうと普通のマチェットⅢの方が堅いように
感じ、逆にグレーマチェットⅢの方は柔らかく感じました・・・不思議。
来月あたりエレキ測定会を近畿圏内でのリザーバーで開催する予定なんですが
マチェットⅢ vs グレーマチェットⅢ 速度比較して検証することにしますわ。


あとこのブログにも度々登場する友人がやっとこさ重い腰をあげて
ブログを始めたようです。

GRANBASS Loud Mouth Diary

アメオタにはタマラン内容となる予定?彼自身が多数のアメリカンプロを
友人としており、日本ではなかなか表にならない裏話もあるかも?
2006/09/04

カエル軍団メンバー補強

20060904155127


ヒシモなどのカバーゲームで大活躍のフロッグ。
このブログで何度も紹介してるReaction innovetionsのSwamp Donky
は完成されたフロッグである、と思ってます。
飛距離、フッキング、丈夫さ、使いやすさなど全てストレスなく使える領域と
なっており、「バス用フロッグもここまで来たか!」でな感じですかね。

何も浮き草周りだけじゃなくとも、リザーバーのオーバーハング下、ブラッシュ
パイル周りなんかも飛びぬけたウィードレス性能でスナッグフリーな釣りを
余裕で展開できますよ。


で、ここらで他社製品もレビューしてみようかな?と二つほど新たに購入を
してみましたので紹介します。

1:サザンルアー社 トロフィースカムフロッグ 5/8oz写真中央
バス用として主に小型のフロッグが多かったスカムフロッグシリーズ。
小型ゆえにキャスト性能や飛距離で問題がありましたが、その反面少々
バスが小型でも口に納まることで「獲れる」数は多かったように思います。

しかしコイツは流行の大きさ、投げやすそうです。

しかーし!実際に日曜に使ってきましたが2投目はありませんでした・・・
フック穴が不必要にでかいので1投目でボディーが完全に浸水、サスペンド状態。
ヒシモの上でしかダメなようです。
さらに5/8oz表示ですがかなり軽そう・・・投げづらいです。



2:スプロ社 ディーンロハス ブロンズアイ 5/8oz写真向かって左
B.A.S.S.エリートシリーズでおなじみのディーンロハスモデルのカエル君。
ディーンロハスはフロッグ使いとして結構有名、試合でもフロッグを使ってる
シーンを見たことあります。

コイツは結構しびれましたね、いいです。オープンエリアでの首振りが
かなり簡単にできます、ウェイトも5/8ozとなってますが上記のスカムとは
ぜんぜん違って逆に重めに感じます。
しかし一点問題が。
水抜き穴が開いてないので使い続ける内にボディーに少しづつ浸水した水は
手動で抜く作業が必要です。


3:リアクションイノベーション社 スワンプドンキー 多分5/8oz写真向かって右
実ウェイト、首振りのしやすさ、フッキング、スナッグレス・・・
大変使いやすく、これらの「フロッグベイトとしての基本性能」は十分。
さらに従来品でよくあったラインアイ金具のずり抜けも解消。
フックもボディにあわせて専用にデザインしたため、フッキングと同時に
フックポイントがフロッグボディ内側へ刺さりこむ、ということも皆無。
ブロンズアイとは違い、水抜き穴も始めから設けてありしかもキャスト時に
自動で抜ける構造。
カエル使いなら「ウンウン」とうなずける大変優れたフロッグです。

バスのフロッグゲームをこれから始められる、と言う方には自信を持って
2と3をお奨め致しますよ。
2006/09/01

リトルゲーターカット加工

20060901080319
30インチ仕様へカットに伴い純正のリムーバブルマウントもカット加工
そのままだと10センチ以上飛び出して不細工な所、こんな感じに。
加工や船体取付位置の都合から新品リムーバブル購入の方のみ加工承ります。