修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

指定期間 の記事一覧

無段変速

2005.05.27 (Fri)
こんばんは。今週末は釣りに行く予定の修理屋さん河野です。
3月末から記録更新をし続けていた「毎週釣行」も先週でついに
途切れ、「俺って釣り行かんでも生きて行けるやん・・・」的な変な
感覚に陥ってましたが、

「やっぱ釣り行きたいんです!」

でもって、日曜に出陣予定です。

皆さんのエレキの変速は無段?5段?
最近は圧倒的に無段のエレキが増えてきて5段のモデル自体がかなり
少ないように思えます。
私もかつては故障の少ない、または故障しても簡単に修理ができる、
または修理費用も抜群に安く済むということで5段変速派でしたが
やはり無段の微妙な速度調整にはかないませんでした。

今メインで使っているエレキは

ツアーエディションTE777V

という、ツアーエディションと言うモデルが発売された初期の
モデルで黒でもなく、白でもなくグレーのエレキです。もちろんマウントまでグレーでお目立ち度は非常に高いです。

もう一台もブルート改の無段ですので無段しか使ってないって
ことになりますね。


さらにもう一台の無段変速・・・
VFSH0002.jpg

ウチの掃除機はバリアブルです!
三菱電機、やるやん!
スポンサーサイト

B.A.S.Sマスターツアー

2005.05.20 (Fri)
こんばんは。最近皮膚科で水虫?と診断された修理屋さん河野です。
ぜんぜん自覚症状がなくて別件でイボの除去治療に行ったら
「あなた水虫だわよっ!」と年配の女医さんに宣告されました。
これで大人の仲間入りかな?などと気楽に思ってますがこれも
よく言うカユミとかの自覚症状が一切ないからでしょうか・・・
これから細く永くお付き合いになるんでしょうかね~

最近HDレコーダーとやらを買いました、これがまた優れもの。
元々テレビっ子ってわけじゃありませんでしたが、ウチって
ケーブルテレビ入るようになってまして、その中でESPNって
アメリカのスポーツチャンネルの局があるんです。
で、アメリカのプロトーナメント団体であるB.A.S.Sのバスマスターツアーって
番組を月一位で放送してるんですね。
DSC02235s.jpg

↑この番組ね

でこれが最高にオモロイんですわ。
なんて言うか、アメリカのニオイがぷんぷんと漂ってくるような
感じと言えばいいですかね、とにかく見逃せない番組になってます。

あまり試合の形式は理解してませんが4日ほどの内はじめに予選が
あって残り2日(だったかな?)がスーパー6とか言って決勝が
あるんです。広い広いトーナメントレイクにたった6人で釣りをします。
なんかそんなの見てると狭い南湖で船団の一人担っている自分が
「なんだかな~」って思えますよね。
そうそう、オモロイのがもう一つ、決勝で使うボートがまた楽しいんです。
どうも自分の船じゃなくてB.A.S.Sのスポンサーをしている各社の
ロゴとか入ったボートなんです、Triton、Skeeterなど色とりどりの
各社のロゴの入った船体にカラーリングされてます。
DSC02237s.jpg

↑Triton社カラー 
ボートメーカーだけでなくてSnickersなどの食品もスポンサーに
なっているみたいでSnickersだけあって船体からデッキカーペット
からドライバーズシートまでブラウン系だったのは笑いました。
皆さんも機会があればご覧になれば最高に楽しめすよ。
6月はついにモリゾー氏が2位になった試合が放送です。

チューンドTR82台数限定で販売します!

2005.05.17 (Tue)
皆さんこんばんは、ブログの更新はいつもこの時間の修理屋さん
河野です。
今日は大事なお知らせがあります。
かねてから要望の多かった新品チューンドエレキの販売を開始
することにしました。
でも何台売れるか判りませんからとりあえず初回分は少なめで
用意しました、と言うことで台数に限りがあります。
20050517230102.jpg

やっぱりステータス製と実際の使いやすさ、速さでモーターガイド
のTR82を数台用意しております。
こいつに、
・シャフトカット お好きな長さ
・もちろんアウターチューブカット加工とアダプタカラーお好きな色
・延長電源ケーブルペダル内からお好きな長さで
・さらに送料までサービス!

と至れり尽くせりのサービス内容で15万5000円で用意しました。
バスボートなどで使用するのでストック状態でええのに・・・って
方はもっと値引きができますから交渉下さい(笑)
興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。

FW54Vデジタル→FW71Vデジタル チューンナップ

2005.05.16 (Mon)
皆さんこんばんは、最近食欲が旺盛な修理屋さん河野です。
齢30歳を過ぎて、本当なら食生活も落ち着きはじめる頃合と
思うのですが、どうも止まりません(笑)
下腹部など、まるで水木しげるのマンガに出てくる妖怪のように
見事にぽっこりと出始めてます、逆三角形のマッチョ体系どころか
普通に三角形です、ハイ。

今日は始めての試みでモーターガイドFW54Vデジタルの24V化
チューンナップです。
最近ハイパワーエレキが流行りのせいか、「今持ってる54Vを24V
電圧で使ったらどうなる?」みたいな問い合わせが多いです。
もちろんそのままでバッテリー2個直列に繋いで使用したら即壊れます、
絶対に止めてくださいね。

で、FW54Vデジタルをどうしても24Vで使用したい、速度アップしたい、
って場合ですが、実は比較的安価にチューンナップできます。
実は12V仕様のFW54Vと24V仕様のFW71Vって、モーターコアとブラシカード
以外は共通パーツなんですね。
ですので上記の2点を交換するだけでFW54VがFW71Vへ変身するんです。

FW71Vと言いますとあまりなじみの少ないモデルですが24V電圧の
71ポンドの推進力のある、いわゆるハイパワーモデルです。
実際にチューンナップ後にテストタンクで動作テストをしますと
はっきり言って強烈です、ツアーの82クラスに比べても遜色ない位
パワーがありました。

たった2点のパーツの違いで24Vの強烈なスピードが得られますよ。
ご興味のある方はお問い合わせお待ちしております。
20050516220733s.jpg

↑のパーツの違い、わかりますか?

デジタルTR82

2005.05.13 (Fri)
こんばんは、調子に乗って2日に一回のペースでのブログ更新を目指す
修理屋さん河野です、いつまでもつかは定かではありませんが…

今日はデジタルモデルのツアー82の修理です。最近行き渡った
感のあるデジタルモデルですがやはり機械モノ、故障はつき物です。
今回の修理や自然に壊れてしまったのではないようでオーナーさんが
かなりお詳しい様子でご自身で分解作業をなさってた際にうっかりと
電源ケーブルを繋いだままで作業してしまい、これまた運悪く逆接
してしまったようで写真のブラシカードが焼損してました。
DSC02210.jpg


不幸中の幸いでしょうか、高額なデジタルモジュール自体は生きている
様子でしたのでまだ被害金額は少なめで済みました。


ついでと言っては何ですが、写真にありますモーターコアシャフトの
付け根部分にありますシール、ここもグリスアップ重点個所ですよ。
DSC02209.jpg

デジタル、アナログ問わず白い樹脂ワッシャーを外すとゴム製の
シールが見えます。
「あんなプラスチックのワッシャーで水入らんのか??」と疑問の
諸兄も多いはず、ちゃんと後ろにシールが控えております。
で、白い樹脂ワッシャーとシールの間にたっぷりとグリスを充填して
白い樹脂ワッシャーでフタをしてあげましょう、そう!白い樹脂ワッシャー
の役目はグリスキャップなんですね。
グリスがしっかりと充填されてるとヘタにモーターコアシャフト付近
からの浸水の可能性も格段に低くできるはずですよ。

皆さんペラは外して確認してますか?

2005.05.10 (Tue)
こんばんは、エレキの修理屋さん河野です。
写真は琵琶湖の某レンタルボート店のレンタル艇に装備されている
ミンコタのマクサム55です。
レンタル艇にマクサム55ってそれだけである意味ゴージャスなんですが
残念なことにペラを外してみるとあらら~って状況でした。
minnkota.jpg

一応修理預かりなんですが、この状態はよくないですね。
写真では判りづらいのですが、ラインがモーターコアのシャフト軸に
巻きついているのにそのまま使用するもんでラインがシャフトシール
に巻き込まれてモーター内部まで入り込んだ状態でした。
特に最近はライトラインを使用する方が多いのでこういったケースは
非常に多いです。
釣りが終わったらペラは外して知らないうちに巻き込んだゴミやラインは
キチンと取り去る!基本ですね。

60ゲット

2005.05.08 (Sun)
今日はOFFで琵琶湖で釣りです。
いつもは自分のボートで行くのですが師匠のダウザー俺達 秦氏に依頼し
日々のガイド業でお忙しい氏のガイドがない日を狙って一緒に船を出しました。

ここ最近の琵琶湖ですが春ということで50クラスはほぼ毎回出る
のですが今回はそれ以上を、と言うことで出船。
久々に降った雨で南湖の北エリア半分は濁りが多く、エリアを南に
絞って釣りをしました。

で、お昼過ぎついに出ました!

050507_01.jpg

6年ほど前に池原のサイトで釣って以来、「もう2度目はないやろ」と
思ってた60です。

状況が悪い中でも魚の動きを熟知し釣りをするエリアを選定する
ガイドの凄さを見れました。秦君に感謝です!
はっきり言って琵琶湖は週代わりで魚の動きが変わってます。
先週釣れたポイントが翌週もOKということは殆どないです。
ボートを出してもマメサイズであれば簡単に釣れますが50センチ~
の大型になると全く判らない状況だとまず無理でしょう。
ヘタにレンタルボートを借りるくらいなら絶対に秦君のような
ガイドサービスを利用することをお奨めします。


琵琶湖を熟知しているダウザー
俺達 秦氏のガイドは

090-3943-7303

までお問合せ下さい。


琵琶湖大橋から北上すぐの西琵琶湖マリーナからの出船で一日
楽し1日が過ごすことができます、流行のインチワッキーの極意も
教えてもらえますよ。

 | HOME |