修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

入荷情報 エレキ関係 の記事一覧

即納可能!ウルトレックス80ポンド45インチ 在庫分入荷します

2017.06.27 (Tue)
グッドなお知らせから本日はスタートです。
人気のウルトレックスですが、相変わらず品薄の状態が続いており、需要に対して
入荷が追いついてきてなかったのですが、ここに来てサプライがかなり安定してきており
6月末~7月中旬にかけて3回に分けて、入荷が確定いたしました。

ultrex.jpg


この中から、24V80ポンド45インチシャフトについてはとうとう在庫分に回せる状況となり
ご注文を頂ければ入荷し次第即納が可能となります。

モデルは通常モデルのi-Pilotモデル。
単体でGPS受信を行い、スポットロックはもちろんあらゆる自動操船を行うことができるモデルです。

↓↓ お買求めはこちらのオンラインストアよりどうぞ ↓↓



さらに、少し特殊なモデルとして36V112ポンド52インチシャフトのi-Pilot Linkモデル、
こちらも1台のみですが月末に在庫分として入荷をいたします。

こちらはオンラインストアに掲載してございませんのでこちらの当店メールフォームから
お買求め頂けます。

価格は440000円税別(475200円税込)送料込。

i-Pilot Linkモデルは通常のi-Pilotモデルと違い、ハミンバード魚探の対応したモデルと
ネットワークを組むことができ、双方から操作指示を出したり、ウェイポイントを登録したりと
かなり高機能なモデル。
さらに付属のリモコンも大型のタッチパネル液晶タイプ、バッテリー充電も付属のUSBケーブルで行えます。
すでにハミンバードHELIX系や99x、119x系モデルをお使いであればネットワークして使えます。
(別途ネットワークケーブル、ハブなど必要になるケースがあります)

安心の検品、動作確認、ウルトレックスのウィークポイントであるワイヤー調整など済ませた状態で納品となります。

当店デモマシンにも、こっそりと24V80ポンドモデルを搭載したのですが、
先日地元の大型河川で使用してきたところ、スポットロックはもちろん、バンク沿いに
クランクやチャターなどを撃ちながら流す際にオートパイロットモード+コンスタンスON
にすることで、一定方向へ自動で船を進めることができ、エレキ操船から足を離して
釣りに集中することができます。
APモード時、バンクからの距離が微妙にずれてもその時だけエレキの向きを微調整すれば
APモードはそのまま継続されますので、エレキのペダルを踏む作業から開放され
非常に楽チンでリトリーブの速度に集中できるなど、すべてが楽チンでした。

少々高額ではあるウルトレックスですが、その機能は価格以上の価値があります。
当店で取り扱いを始めて半年以上、ずーっと入荷予定分はすでに売約済みでしたが、今回は初となる在庫分です。
よろしければお早めにご検討、ご注文ください。
スポンサーサイト

今年の新規取り扱いアイテムをどーんとご紹介!

2017.06.23 (Fri)
久々のブログ更新となってしまいました。
おかげ様で今年はシーズンインからこれまでずーっと忙しい日々で、デスクワークに
割く時間があまりありません。

今年はいろいろと新規取り扱いの品も増えていており、本当は皆さんへ案内をしていかなければ
ならないのですが・・・笑


という訳で新商品をずらずらーっとご案内です。

1.ガーミン社製魚探 取り扱い開始
echoMAP95SVをご注文頂きました。

IMG_7275a.jpg

もちろんその他モデルも多数ご用意いたします。
今回はレンタルローボート仕様ということで、振動子サイドマウントポールへサイドビュー振動子
をお取付しまして納品いたしました。

IMG_7277a.jpg

さらにローランスPoint-1も、ということでPoint-1 for レンタルシステムも製作!

IMG_7278.jpg



2.オプティマ ブルートップ 取り扱い開始
ディープサイクル、マリン用のブルートップです。

IMG_7288.jpg

主にバスボートなどのクランキング用としてのニーズが高まっている27サイズですので、
従来型のボイジャー105AM27MFとバッテリーサイズも同じです。

よく見かけるイエロートップの新古品と違って、バッテリーターミナルもスタッドボルトが
最初から付いてますので、ボート電装の電源としてそのままご利用になれます上に新品保証付き。

最近はボート電装も魚探の大型化、複数化が歯止めが利かず、電気の使用量が増える傾向にあります。
今回導入のオプティマDC5.0L、CCA値は脅威の1100超え。

IMG_7281.jpg


ボイジャーM27MFが定格CCAが550で、実際値で700いけば御の字ですので、この値はかなりすごいと思います。

IMG_7280.jpg



3.ウルトラショートX5マウント 完成!
いよいよ待望のX5マウントのウルトラショートモデルが実用化しました。

IMG_7283.jpg

X5モデルをお買求め時の新品OPでも、すでにお持ちのX5マウントの持ち込み加工でも、いずれでも対応いたします。

IMG_7287.jpg

IMG_7286.jpg


4.ガイア アルミボートラダー 取り扱い開始!
低価格なら、質感も高級感のあるブラック塗装、そしてベーシックなラダーとしての機能も
しっかりしているおすすめ商品。

IMG_7260.jpg

ボート船尾へ取り付けすることでフィン部がしっかり水をとらえて不安定なレンタルボートの
直進性はもちろん、カーブ時のオシリの横滑りを抑えてくれますので安心できます。

IMG_7289.jpg


クランプ部なども非常にしっかり作られており、この価格でいいの?と思うほどです。




ミンコタエレキ本体各種入荷しました♫

2017.03.21 (Tue)
久しぶりの雨天となった大阪、本日はエレキ本体やパーツの入荷からスタートです。






皆さんお待たしてますウルトレックスですが、今回は24V80ポンドの52インチが入荷です。
早速検品と動作確認しまして、発送いたします。




今回はめずらしいモデルも。



RTテローバi-Pilotのシャフト長72インチ!
ウルテラではなく、手動でマウントへの上げ下げを行う旧タイプですが、こちらも2017年モデルから嬉しい新機能が追加されてます。



見慣れないこちらの部品、中にゼンマイ状に金属のプレートが内蔵されてます。




プレートはシャフト上の溝に這うように伸び縮みするようになっております。

これは何のため?と言いますと、重たいエレキの上げ下げ時に、金属のプレートの巻き込む力を利用し、上げる際のモーターの重さを軽減させる仕組みです。




80ポンドクラスならまだ重たさもガマンできるレベルですが、今回のような112ポンドはモーターのサイズも爆弾のように大きく、そして重量も筋トレレベルの重たさ。。アメリカ人でも音を上げたんでしょうね。
こんなゼンマイなのに意外なほど、重たさを軽減させてくれてますよ。



ミンコタウルトレックス入荷!

2017.02.09 (Thu)
冬型の気圧配置で朝から雪の舞う大阪。
今年に入ってから少しずつではありますが、コンスタントにデリバリーが始まってます。




本日は4台、黙ってましたが先週には2台入ってます。
やっぱ足りない~~!


店頭デモ用でお買い求め頂いた業者様であるハーツマリンさんの協力で、この中から一台をキープキャストで実際にモーターアシストのステアリングワイヤー駆動を体感してもらえる展示、体感イベントに使用します。


THE KEEP CAST

会場マップはこちらをクリック

会場中央付近の少し上、肉&グルメコーナーへの出入り口付近の8-3ブースです。



ultrex.jpg


で、このウルトレックス、全モデルで200kHzの振動子がモーター内蔵となってます。
ハミンバードはもちろん、ローランスの標準振動子として使えますが、そのためには各社モデル用の変換ケーブルが必要です。



その辺も在庫してありますのでご安心くださいね。


------------------------------------------
ザ・キープキャスト 2月18日土曜、19日日曜 9:00 ~ 17:00 (両日)
入場料 一般 1,000円(税込)/高校生以下 無料
会場 ポートメッセ名古屋 第3展示館 近隣アクセスマップはこちら
お得な前売りチケットの購入はこちら

ウルトレックス 第一便が入荷しました

2016.12.09 (Fri)
大変お待たせしてます、ミンコタ2017年話題のニューモデル、ウルトレックス112が入荷しました。




今後、コンスタントに入荷してくれることを祈ってますが、どうもそんなにスムースにサプライが続きそうになく、まだまだたくさんのバックオーダーが残ってる状況。

そうは言っても、とりあえず第一便が日本に入ってきて、ご注文頂きましたお客様に納品ができたのは大きな第一歩ですね。


ウルトレックスについて、細かい特徴などは後日改めてご案内するとして、現物が届いてわかったことを案内します。


ヘッドのデザインが少し変です。




どちらかと言うと、ソルト用のモデルに近いです。



マウントのロープ、最初からワイヤーです。




Gフォースハンドルなどに変える必要がありません。


ペダルのデザインが大きく変わります。




スポットロックやオートパイロットのボタンも、付属の無線リモコンからでなくとも、ペダルから操作できます。



ペダルのサイズ、従来型とほぼ同じです。






ボートメーカー純正リセスにも、おそらく入るはず。
気持ち程度、従来型より大きい程度ですね。


 | HOME |  Next »