修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

エレキ全般 の記事一覧

2018年の営業もスタートしてます

2018.01.06 (Sat)
皆様新年あけましておめでとうございます。
今年も淡水、ソルトユーザー様のボートフィッシングのお役に立てるよう、色んな提案ができるよう努力して参りますのでよろしくお願いします。

新年の営業は5日金曜よりスタートしており、年末年始休暇中に頂きました問い合わせメールの返信、通販利用分については5日のうちに全て対応させていただきました。


年末の作業になりますが、ソルトでは圧倒的なシェアとなるミンコタi-Pilot、その中でも高級モデルとなるRT/STテローバモデル。

特に不具合は感じられないとのことですが使用期間も長く念のためOH点検を、とのことでお預かりしました。




全体的に丁寧にお使いの様子でしたが、ここだけはどうしようもないウィークポイント、ステアリングサーボモーターハウジング内への浸水です。

密閉されてますが、シャフトが貫通している部分ですし、どうしても海水が入りやすいです。




ギア周りのグリスも乳化して負荷がかかり、モーターを焼損させてしまいます。

ギアのシャフト自体も錆が出ており、このままだとギアそのものが固着しますね。





実はハウジングを固定してます8本のボルト、2本を折ってしまいました…。
緩める際に固着している感触があったため、時間とラスペネでかなり丁寧に作業したのですが、どうしようもない状態。

折れこんだボルトもなんとか外す事までできましたが、ボルトのメス側となるハウジング側はアルミで、腐蝕も激しいだろうとお客様へは報告と提案し、今後も長く安心して使えるようハウジングASSYでの交換修理となりました。





ハウジングそのものの内側もこのような状態。
乳化したグリスや汚れはOHで新しいグリスにすればいいですし、折れたボルトや錆びたギアのシャフト、負荷でダメージを受けたモーターなど、部品単体で交換ができ、その方がコストは安く上がりますが、今それでいいのか、コストは高くても今回の作業でまた何年も安心して使えるようにしたいのか。

お客様のお財布事情が一番だとは思いますし、より良い提案、作業ができるように納得、理解を頂けるようとことん説明させてもらいますよ。
スポンサーサイト

当店のOH作業でわかること ツアーワイヤー固着

2017.12.14 (Thu)
オフシーズン中のエレキオーバーホール作業、絶賛受付中です。
日本のフィールド下でもっともユーザー数が多いと思われる、モーターガイドツアーTRシリーズ。
使用感の良い2ワイヤーシステムで使い心地がいい、とされますが、ノーメンテナンスだとどうでしょうか。

今回は、OH作業をご依頼頂いたお客様のエレキで、作業の中でわかったワイヤーの不良を動画で比較します。

使えている、というだけではなく、ちゃんとした状態で使える、ということが当店のOH作業の最終目標です。



もちろんこの動画の状態はエレキを組んだ状態ではわかることではありません。
ワイヤーのヘッド部側終端の組付けをいったん外し、フリーにすることでワイヤーの状態を確認できます。

こういったことも当店のOH作業の中ではチェックさせて頂き、必要であると思われることは提案させて頂いております。

当店のオーバーホールはここが違う!
少々古い記事なのですが、2013年に3回に分けて、当店が実際に行ってますオーバーホール作業を細かく公開したブログです。
現在はこれにプラスアルファが加わってよりグレードアップした内容の作業となります。

エレキのOH作業 当店の作業内容 その1
エレキのOH作業 当店の作業内容 その2
エレキのOH作業 当店の作業内容 その3


お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします。


モーターガイドフットコン、レンタルボートカスタムモデル
クリスマスセールも絶賛開催中です♪

シャフトカット、マウントカット込みで最大20000円OFF!





ローランス正規品アウトレットセール開催中

レンタルボートユーザー向けのアイテムも充実
振動子サイドマウントポールRAMマウント各種も常時在庫あり!
一緒にいかがでしょうか?

お支払はクレジットカード、ローンも取り扱いしております。

オフシーズン中のオーバーホール作業、絶賛作業中!

2017.12.09 (Sat)



今年も12月。多くの方がオフシーズンとなるバスフィッシング、シーズン中に酷使してきた愛機のOH作業のシーズンです。

早い方はもう動かれてます。

TR82デジタル
状態としてはかなりヤレてました、OH作業と同時に若干不安要素があったモジュール交換も、とのご希望で作業させて頂きました。





こちらもTR82デジタル
こちらは状態が良く、エレキレイク用ですがブラシ、ブラシリードもこのコンディション。
丁寧に使えばブラシリードが焼けない、といういい例です。





よく整備されたツアーは使いやすい、というのが業者間でよく言われますね。


例年、12月中はマシですが、1月後半から3月にかけて、オーバーホール作業の超繁忙期となります。
またこの時期は当店が出展しますイベントの準備などもあって、お客様をお待たせすることが多くなる時期でもあります。
よって、当店でのOH作業をお考えの方はお早目に作業をご依頼頂ければと思います。

2月後半~3月にかけては、お客様が思うようなタイミングでお返しができなくなることが多いです。
逆に早いタイミングにお預けを頂き、使わない時期だからのんびり作業して、3月ごろに返してくれたらいいよ、的なことを言われる方も多いのですが、こちらも保管スペースがあるわけもありませんのでそういった返却タイミングに合わせて作業を進めることは承ることはできませんのでご了承ください。


当店のオーバーホールはここが違う!
少々古い記事なのですが、2013年に3回に分けて、当店が実際に行ってますオーバーホール作業を細かく公開したブログです。
現在はこれにプラスアルファが加わってよりグレードアップした内容の作業となります。

エレキのOH作業 当店の作業内容 その1
エレキのOH作業 当店の作業内容 その2
エレキのOH作業 当店の作業内容 その3


お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします。

ハイガーハンドコン24V100ポンド ご注文を頂きました。

2017.11.21 (Tue)
ハイガー24V100ポンドハンドコン、好評を頂いております。





こちらはシャフトカットのみを持ち込みにて承りました。
大胆に29インチほどへカット加工。
オーナーさんは釣り目的ではなく、複数人乗りのSUPの補助としてご利用とのことです。

続いてこちらは当店で新品購入を頂いたお客様。
シャフトカット30インチ、二機掛けリア用/通常使用ハンドコン切替仕様、そしてスロットルバーも標準長ではなく限界カット仕様でのご注文ということでフルOPとなりました。








メーカーさんへ追加オーダーしまして即入荷、本日現在複数台在庫がございます。
ご注文頂ければ即納できますので、よろしければご検討ください。

ミンコタエッジマクサム修理【配線&ブラシ焼損】

2017.11.16 (Thu)
お客様からの話しでは、

時々動作しなくなる
しばらくすると普通に動く
スピードが落ちた気がする


とのことで、いつものヘッド部接続端子の焼損かと思いきや、端子はメーカー標準の物からちゃんと突き合わせの圧着端子に変わってて問題ナシ。


じゃあ、てことでモーター内部に浸水?
いや、こちらも浸水はない…、でより細かく見ていくと原因が判りました。



モーター先端のコーンハウジングに固定されているブラシホルダーの裏。
ブラシにつながる電源ラインがどちらもまあまあな焼損。

ブラシリードもよく見ると、何やら変色してない?






この辺りも見逃してはなりません。
配線を直しても、その先のブラシリードが焼損してたら同じことの繰り返しです。

よく、
モーターガイドは配線が弱くてミンコタはそんなことはない

なんて話がありますけど、そんなの15年くらい前の話。
最近のモデル、特に12V55ポンドクラスはむしろミンコタの方がよく焼けてないかな?て思います。
無段の同じクラスならモーターガイドが配線焼けた、てあんまりないような…。
五段階はこの限りではありません、どちらも同じように配線はウィークポイントですね。

 | HOME |  Next »