修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

マウントカット の記事一覧

ウルトラショートマウントとバウデッキの取付について

2017.12.22 (Fri)
先日に続いてウルトラショートマウントのお話。

今日はバウデッキへのマッチング、お取り付けについてです。
短くなったマウント、せっかくですのでレンタルバウデッキも専用のちっさいタイプがおすすめです。

以前はなかなかそういった品は少なかったのですが、最近だとサウザーブランドからアルミ製のものがマスプロダクション化されてます。
世の中で最も簡単に手に入る小型バウデッキ、それがサウザーショートバウデッキです。

この他にもFRP製でかなり凝った作り、カラーリングオーダーが可能な物などもありますね。
これらは各地のカスタムショップさんがオリジナルに製作されており、納期は覚悟する必要があるようですが完全にお好みのオーダーメイドで製作してもらえるようです。

当店では主にサウザー製のものを中心に取り扱いしてありますが、サウザーのショートバウデッキには最初から各メーカーのマウントの取り付け用にビス穴が空いています。
しかしながら、ショートカットしたマウントの取付穴とはマッチしませんので、必要に応じてバウデッキ側へ追加で穴あけ加工が必要になります。


今回は当店で一番人気のウルトラショートX3マウントをサウザーショートバウデッキへ取付する方法を順を追ってご案内します。

サウザーショートバウデッキはショートカットしたマウントだけの商品ではなく、標準長のマウントでも使えるよう、デッキ上面にチャンネルがビスで止まっております。
まずはこれを撤去して、小さいバウデッキだけの状態にします。




2番のプラスドライバーと、7mmのソケットレンチが必要です。


続いて既存で空いている取付穴の確認です。
指で指している穴、この位置の2か所の穴はウルトラショートX3マウントの手前側の取り付け用穴として、そのまま使えます。
サウザーショートバウデッキであれば、商品に付属のM6のビス、ナットで固定できます。




問題はマウント前方側の2か所、これは追加で穴加工が必要です。
当店ではこういったテンプレートを用意して作業を行ってます。
マーキングし、ポンチを打ってドリルで穴をあけますが、前方側の2か所、このようにバウデッキのかなり先端に位置します。






どういったことを考える必要があるかと言うと、前方側の2本については、ビスをマウント側からバウデッキ方向へ向けてビスを下ろし、バウデッキ裏でナットで固定しますと余ったビスの先がバウデッキ裏から飛び出してしまいます。
つまり、バウデッキ先端にあるため、バウデッキ裏に出たビス先がレンタルボートのガンネルに干渉したりする可能性があります。
ですので、前方側2か所については、通常と異なりバウデッキ裏からマウント方向へビスを出し、マウント側でナット固定する必要があります。




そのビスも、こういった皿ビスを使って、穴自体も皿加工を行ってバウデッキ裏の面とビスの頭がフラットになるよう作業を行っております。
この皿ビスはサウザーショートバウデッキの付属ビスには含まれておりませんので、必要に応じて別途お買い求めいただく必要があります。
M6×20mmという規格のサイズで、広く一般的なホームセンターなどで販売されております。







こうすることでボートのタイプによってバウデッキの固定位置の前後が変わってしまってもビス頭がガンネルに干渉することがなくなり、どの湖のどのボート屋さんであっても、同じようにお使いになれます。

手前側は普通にマウントからバウデッキ裏へビスを下ろし、バウデッキ裏でナット固定。



前方側はバウデッキ裏から皿ビスでマウント方向へビスを抜き、マウント側にてナット固定。
バウデッキ裏はフラット。
余談ですが、当店ではすべて緩み止め付きのナットを使用しております。






当店で販売します、ウルトラショートマウントシリーズ、サウザーショートバウデッキいずれも、オプション設定でこの穴加工を追加いただけるようにしております。
若干ですが3000円税別のお代金を頂き、この内容の作業をさせて頂いた上で納品できますし、ビスなども別途買うのがめんどうだ、という方にはもう3000円税別頂けましたら、マウントとバウデッキも取付した状態での納品も承っております。




スポンサーサイト

ウルトラショートマウントシリーズ よくある質問集

2017.12.21 (Thu)
当店オリジナル ウルトラショートマウントシリーズ。
今日現在、ウルトラショートX3マウントと、ウルトラショート21マウントは在庫がございます。

先日加工分もさっそく組み立てました。




人気なのはやっぱりサウザーショートバウデッキとのセットで、取り付けまで済ませての発送。
すぐに釣り場で持っていけますね。



今となっては当たり前の存在となりましたちっこくカット加工したマウント。
いつからこんなこと始めたんだろ?と思って自分のブログを見返してみると、なんと2005年にその存在が。
自分でもビックリですね、12年もかあ。。て感じ。


そこで、現在と古いものとで少しずつ進化、変化していることもありますし、よく頂く質問など、まとめて案内したいと思います。

■今現在販売しているor加工ができるマウントの種類は?
現在のところ、当店で新品加工済みとして販売してますのはこちらの4タイプとなります。
モーターガイド 21ゲーターマウント
モーターガイド X5マウント
モーターガイド X3マウント
ミンコタ エッジマクサムマウント


この内、21ゲーターマウントについてはXシリーズになるより前のTRツアー系、FW系など以前のモデル用です。
X3/5マウントはフットコンのアウターチューブ径が太くなっており、TR系とは互換性はありません。
X5-80/105にX3マウントを使うことについても、レンタルローボートであれば特に問題はありません。
より軽量、小型化ができ、ご満足いただけると思います。

エッジマクサムマウントについては主にミンコタフットコン用で、かなり古いモデルでもお使いになれます。
現行品ですとマクサム80L&Dなどでも問題なくお使いになれます。

まだ余談ですがX3/5系フットコンと、ミンコタのフットコンとはアウターチューブ径が実は同じです。
よってエッジマクサムフットコンをX3マウントで使う、などということもできちゃいますし、逆ももちろんできます。


持ち込み加工については、上記の4モデルであれば対応しております。
これ以外のマウントについては対応をしておりませんし、以前には行っておりました01/07マウントやリトルゲーターマウントについても現在は加工作業を行っておりません。
ご了承ください。


■上げ下げは完全開閉できますか?
これもよくいただく質問のひとつです。
現在販売、加工してます上記の4モデルについては、すべてのモデルで180度までマウントを引き上げることができます。

これについては一部のモデルで初期のころは開閉について特にご要望が少なく、途中までしか引き上げしない仕様で販売や加工を承っておりました。
その後、そういったニーズを頂くことが多くなり、仕様変更いたしました。

完全に開き切る必要はないから、安く作れない?という声も頂くのですが、申し訳ありませんが加工作業をスムースに進めるため、個別の対応は致しかねます。



この写真のように開き切るようになっておりますので、この点に重きを置く方、ご安心ください。


■カットしたら、何インチシャフトのエレキ用になりますか?
これについてはお答えのしようがありません。
カットしたマウント、極端に短いです。どの長さのシャフトのエレキでも取付してお使いになること自体は可能です。
ですがエレキを引き上げた際にモーター部がマウント先端にキレイに乗るようなことは絶対にありません。
この点はそういった商品であるということでご理解いただくしかありません。

上の写真のとおり、エレキの固定ドア下からマウント先端まで500mmほどしかないですので。


■カットしたところはどうなってますか?
カット面はマウントと同じ艶消しブラックで塗装しております。
以前はマスキングして刷毛塗りしてましたが、これだと見た目がイマイチな仕上がりでしたので、こちらも仕様変更で現在はガン吹き塗装で仕上げております。
おそらくよく注意してみないと、どこをカットしたのかもわからないほどです。



■加工の納期、価格は?
新品加工済みの商品については、こちらの当店オンラインストア ウルトラショートシリーズに各モデルの販売価格を掲載してあります。
持ち込み品の加工納期については、3週間~4週間ほど、お時間を頂いております。
加工価格についてはマウントのモデルによりますが、33000円~35000円税別となっております。

同じようなことをやってらっしゃる他のショップ様に比べて高めの価格となっておりますが、加工の精度、仕上がりは負けてないと思います。
当店のマウントカット加工ですが、バウデッキへの取り付け用穴以外のすべての加工でマシニングセンターを用いて作業しております。
人の手で何か作業を行うことはほぼ無いですので、毎回必ず同じ物が仕上がってくるのが自慢です。

そういった高度な機材を用いて作るため、加工費が高くなってしまいます。



変更されている仕様と、よくある質問としてはこんなものかな?と思います。
あとは実際手に取って、見て頂くのが一番手っ取り早いです。

直近ですと、3月の名古屋キープキャスト。毎年ですが当店のウルトラショートシリーズは展示させて頂いているだけではなく、実際に手に取って、開いたり閉じたりしてもらえるようにご用意をしております。
関東地方でしたら、毎年秋の恒例行事、バサーオールスタークラシックでも同様の展示を行っております。

ウルトラショートX3マウント、ウルトラショートエッジマウントについては千葉のミシマ釣り具さんでも在庫販売を頂いております。
お近くの方は店頭にて、クオリティをお確かめ頂けたらと思います。







当店オリジナルウルトラショートエッジマウント

2016.09.29 (Thu)
レンタルユーザー向けのカスタマイズの中で、最近最も問い合わせの多いマウントカット。

シャフトカットは当たり前、次はマウントもジャパンユースで適した長さに短くカットですよ。




今回は千葉のミシマ釣り具さんからご注文頂きました。
遠方の方でしたら、ミシマ釣り具さんでも当店商品をたくさんお取り扱い頂いております。
キャビプレなどはいつも在庫販売頂いてます。


今回のミンコタ用ウルトラショートエッジマウント、エッジマクサム55用のマウントを約半分にダウンサイジングしたものです。
24Vモデルのマクサム/フォートレックス80などにももちろんお使い頂くことができますので、どーしてもオイラはミンコタ!な方にとってはついに出た!的なナイスアイテムですね。



どれくらいチッコイのか、ですが、バウデッキへの取り付けベースが300mmありません。
人気のサウザーショートバウデッキにもベストマッチです。



もちろんエレキ引き上げの際はほぼ180度、開ききりますよ。


当店オリジナルウルトラショートマウント各種取扱店様

ウルトラショート21ゲーターマウント
ウルトラショートX3マウント
ウルトラショートエッジマウント

千葉県 ミシマ釣り具様
岐阜県 バックラッシュ様
三重県 ボート&タックル クルーズ様
滋賀県 セブンパームス様

一部のショップ様では展示見本品も置いて頂いてますので、詳しくは最寄りのショップ様にご確認くださいませ。

入荷情報 ウルトラショーt21ゲーターマウント在庫あり即納できます

2014.08.22 (Fri)
お待たせをしました
人気のウルトラショート21ゲーターマウント、本日入荷をしております



すでにご予約注文を頂いておりますお客様へはご連絡、発送を本日行いました
在庫残りが1台のみ、ございます

↓↓↓ 「カートに入れる」ボタンから直接お買求め頂けます♪ ↓↓↓



専用のショートバウデッキも、ブラックとレッドであれば在庫がありますので
即納OKでございます


次回入荷は9月中旬ごろに複数台予定です

マウント上がってきました

2014.06.19 (Thu)
本日加工元より帰ってきたウルトラショート21ゲーターマウント



塗装も済ませましたので、明日には組み付けできます
ご予約を頂いてますお客様には個別に連絡の上、発送致します

今回四台ですが、まだ完売しておりませんので、ご検討の方、今なら即納可能です

TR82デジタルも在庫ありますので、お得なセットでの購入も可能です

ウルトラショート21ゲーターマウントのお買求めはこちらの当店オンラインストアより
お得なTR82デジタルとのセット販売はこちらの当店オンラインストアよりどうぞ
 | HOME |  Next »