修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

リアクションシステム の記事一覧

リアクション・システム価格決定しました

2010.06.03 (Thu)
リアクション・システムとローリングモーターアップグレードシステムの
価格について、キット価格、取り付け工賃込みにて

33500円税別(35175円税込)

にて決定いたしました

それなりの額になりますが、まあ作業工賃込みの価格ですので
こんなものかと…
一応ディーラー制のため、現段階では当店での取り付けのみとなり、
キット単品の販売については行えません

のちのち、各地のスキルのあるマリーナさんなどへ業販も考えにあります

100603_1.jpg

写真は当店にて新品のTR82デジタルを購入いただいたお客様に
プリインストールしたリアクション・システム

TR82デジタル購入+修理屋さんバージョン加工と同時にリアクション・
システムの取り付けをご依頼の場合は上記の価格から5000円税別マイナスの
28500円税別(29925円税込)にてご用意いたします

このふたつ目のスロットルがキモ
100603_2.jpg

上の一枚目の写真の、つま先付近にある銀色の押しボタンスイッチが
リアクションモードのON/OFFスイッチ

足で踏むことを前提にしたスイッチのため、大型のスイッチを採用してます
OFF状態ではまったく普通のエレキになります

ONしますと、自動で標準のスロットルのスピードでペラが回転しつづけます
(つまり従来で言うCONモード状態)
で、さらに足でモーメンタリースイッチ(マイクロスイッチ)部を踏むことで
2枚目の写真の第二のスロットルのスピードでペラが動作します
もちろん各々のスロットルは調整、変速できます


使いこなせば無限大の可能性!
使うまでは「???」が多いです、わたしもそうでした

一度リアクション・システムがついたエレキを踏むと世界が変わります
取り付けや在庫の確認などのお問い合わせはこちらのメールフォームから
お願いいたします
スポンサーサイト

リアクション・システムの効果

2010.05.28 (Fri)
先日案内をアップしました、リアクション・システム トローリングモーター
アップグレードシステム


多くの効果が見込まれるので難しいのですが、その特徴を一言で言い表すと
「エレキの音、波動はこんなにも魚に悪影響があった」ということを
体感することができるアイテム、でもあります

エレキのONとOFF時に水の中では船上では想像もつかないような
とても大きな「変化」が起きてます

皆さんも一度や二度は経験されたことがあるはずですが、エレキを
ONした瞬間、また逆にOFFした瞬間に、見えバスがサッ!と姿を消して
しまうということ

この「変化」に対してバスやベイトフィッシュが非常に過敏に反応し
その結果、本来ボートを自在にコントロールして魚へアプローチするための
エレキの動作そのものが、プレッシャーという一言で片付けられてしまう
釣れない状況へ大きな原因となっており、トップのトーナメントプロや
熟練したガイドほど、いざという時にエレキを踏まない、
惰性でのアプローチを心掛けてるという事実があります


で、リアクションシステムを使うことでこの水の中での「変化」
必要最小限に抑えてバスへのプレッシャーを軽減させる効果があります

エレキのペラが0から動き出すのと、リアクションモードON時で
ある程度回転し続けてる状態からふたつ目のスロットルのスピードへ
変速する
のとで、水の中でのプロップの音、波動の変化は少ないのは
当然と言えば当然です

先日取り付けさせて頂いた近畿圏のリザーバーを得意とする
フィッシュアロープロスタッフの三宅プロは関西屈指の難関リザーバー
津風呂湖で、その効果をさっそく体感されたと報告頂きました
これから増えてくる、難易度A級、IQの高い中層を回遊する見えバスも
今までのONとOFFしかないエレキとは違ってプレッシャーを与えることなく
追走して釣り上げることができたそうです


先日はこの人のガイド艇に取り付けをしてきました
2010052801.jpg

琵琶湖のプロガイドである、松下雅幸プロです
取り付け後、数時間で釣りに誘って頂きましたが
「これ、めちゃくちゃアリですよ!」
お褒めの言葉も頂戴できました
2010052802.jpg

ゲストへの価値ある一匹で評価される、現役プロガイドさんだからこそ
こちらの品の効果も理解いただけたようです

本商品はキット単体での小売は現在のところしておりません
当店にて取り付け作業を行っております

モーターガイド ツアーTR、フレッシュウォーターFW各シリーズの
デジタル無段モデル
ミンコタ マクサム、マクサムプロ、フォートレックス各シリーズの
デジタルマキシマイザーモデル(マイクロスイッチレスタイプ)
以上に対応しております

お問い合わせについてはこちらのメールフォームからお問い合わせください

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

お知らせ【リアクションシステム】取扱い開始しました

2010.05.18 (Tue)
この度、リアクション・システム社のトローリングモーターアップグレード
システムの取扱いを開始致しました

リアクション・システム社 Re-Action System
http://www.re-actionsystem.com/
100518_4.jpg

どういった品か、言葉で説明するのが非常に難しい上に私の説明がヘタ
なので判りづらいと思うのですが、まず取り付けができるエレキは
モーターガイドのTR、FW各シリーズのデジタル無段モデルと
ミンコタのマクサム、マクサムプロ、フォートレックス各シリーズの
デジタルマキシマイザータイプ(マイクロスイッチが使われないタイプ)
のみとなります

これら以外の無段変速モデルや五段変速モデルは非対応です


既存のエレキのペダルに、システムのキットを取り付けすることにより
既存の変速ボリュームスイッチとは別に、もうひとつの変速ボリュームと
モード切替スイッチ
が取り付けされます
100518_3.jpg


このモード切替スイッチをONすると、リアクションモードONとなり、
もう一度モード切替スイッチを踏むことでリアクションモードはOFFとなり
通常のエレキと同じ動作をする状態に戻すことができます
100518_1.jpg


ではリアクションモードONになると、エレキはどういった動作をするのか
元々付いてるボリュームスイッチの速度でペラが自動で回り続けてくれます
わかり易く説明するなら、今までのCON(コンスタンス・オン)モードの
動作となります

そしてモーメンタリースイッチ(元々ついてるON/OFFの足で踏むスイッチ)
を踏むと、新たに取り付けした2個目のボリュームスイッチの速度で
ペラが回転を始め、モーメンタリースイッチを踏まない状態だと、また
元々のボリュームスイッチの速度に自動回転をするようになります
もちろんそれぞれの変速ボリュームスイッチはお好きな速さへ自由に
調整して使うことができます
100518_2.jpg


つまり無段変速の変速ボリュームスイッチが2個、ペダルについた状態に
なり、従来同時に使うことができなかった、CONモードとMONモードとを
同時に使える
状態になり、それぞれを速度を簡単な操作で
使い分けする事が可能
になる非常に優れたシステムです


ボートから釣りをする人であればいろいろな場面でこのシステムの
有用性が思い浮かぶと思います

風の中で小移動しなら釣りをする場面
リザーバーや河川でカレントに逆らいながら釣りをする場面
バンクにそって移動しながら釣りをする場面
広大なウィードエリアを流しながら釣りをする場面


今までですと元々付いてる変速ボリュームの決められた速度でしか
エレキを動作させることができませんでしたので、例えば
流していると魚がヒットした、あるいは根がかりした、という場面で
いちいち変速を手や足で変えて、ボートコントロールしてましたが
このシステムを取り付けることによって、そういった場面での
ボートの動きを即座にコントロールすることが可能になります


このシステムのメリットはボートコントロールだけではありません
メーカーHPをご覧になれば動画なども出てますが、「魚を釣る」という
単純なアソビに真剣に取り組むことでいろいろなメリットが
つめこまれたシステムです
追って紹介をしていきたいと思います


なおお値段については現在調整中です、システムキット、取り付け工賃
込みで35000円程度で考えております

一応すでに商品は在庫しておりますので近日中にご案内致しますが
「はやく欲しいぞ!」て方はこちらからお問い合わせください
すでに身近な人たちには取り付けしてお使い頂いておりますので…

購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg
 | HOME |