修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

琵琶湖釣果報告 の記事一覧

カエル劇場!

2012.09.22 (Sat)
お休みの本日土曜は地元の釣り場へ出撃してきました

本日のMVPはこちら




釣った時は55くらいかな~なんて思いましたが、測ってみるとひさびさの60

普段やらないエリアで超ゴージャスなウッドカバー+ウィードの先でド迫力バキュームバイト!

別にフロッグやトップで釣るのがエライとかすごいとか、バカげたことは思いませんが、例えばこの魚、このポイントでねこリグ投げてたらどうなっていたのか?
答えはだれも解りませんが
フロッグでしか誘い出せない魚というのは存在してると思います





サンキューブラックバス!
スポンサーサイト

釣りってホントーにいいですね!

2010.11.28 (Sun)
金曜、土曜と連休を頂いて、琵琶湖へ釣りへ行ってまいりました
関東からの遠征メンバーさんたち、そして琵琶湖で釣りをしてきて
友人となった人たちと、夜はちょい早い忘年会

釣りという共通のアソビで知り合ったメンバーで、いい年して
遅くまで飲み語り・・・ほんとに楽しい時間を過ごすことができました

関東からレンジャーを牽引して毎年琵琶湖へこられるヘンタイさん
そー言えば、今年は八郎へもたった一人で牽引して、秋田空港までボクらを
迎えに来てくれてましたねえ


釣りの神様はちゃんとそんな苦労を見てくれてました
2010112713450000.jpg

見事なビッグバス
フッキングした瞬間、ロッドが起きず「コリャ来たな」でお見事です
去年もそうでしたが、この時期はこの場所で地味な釣りでスンマセン


2日も遊んできたモンで、日曜の今日は朝からしっかり仕事してきました
で、例の21ゲーターマウントショート加工、施行者の某氏が
突然「今日行くわ」でマウント持参

「早くエレキセットしてみたいねん」
そりゃそーです、ボクも同じでしたから
2010112815330001.jpg


全国のレンタルボートユーザーさん、とうとうやりましたよ
リトルゲーターマウントの時のように、1インチ刻みで設定できませんが
写真のように、30インチシャフトのエレキを「ちょい上げ」セットすれば
モーター部もマウントにしっかり乗りますね

写真のようにエレキをマウントに上げ下げでき、さらにロックピンも
しっかりと収まる溝部分も設けてます
もちろんゲーターブレイクアウェイ機能も機能し、当店のポリシーである
純正時の機能はすべてそのままに残し、全体を短く、そして結果的に
軽量化が計れるスーパーマウントの完成です

お問合せはこちらのメールフォームよりお願いします


購入はこちらからの当店オンラインパーツストアから
rogo_shop1.jpg

アクマ?

2010.04.02 (Fri)
今日は琵琶湖、2010年の初釣りです
あの人と行くから、よかったらどう?」とGRANBASS氏が誘ってくれました

前日~本日未明まで大阪は台風直撃並の大荒れの天候
船出せるんかな?と一応待ち合わせのマリーナまで出向くも、風雨が強く
とりあえず近所の喫茶店にて待機&作戦会議

気づくと風雨ともに小康状態になってたので9時半ごろから出船
それでも船を進めるとやっぱり北からのうねり、ちょうど台風通過後と同じ
「吹き返し」によるうねりと近いような湖面状況

まあ釣果についてはあの人のブログのブログに詳しく出てますので、ご確認ください
今日の琵琶湖の天候で、エリアはもちろんあの人の職場である北エリアで
これだけ出れば、十分の結果だと思います

前後しますが、今回の目的
あの人のブログでもあるように、ここ最近、アクマの某に目覚めた模様
本日ももちろんアクマパターンでハメる予定なんですが・・・

なんとか到着したファーストエリアで開始早々、すぐに魚の反応が
すぐにワタシにもバイト→去年12月以降のフルパワーフッキングで
悲しいことにバラシ・・・涙

「今年の初釣りはこのまま終わってしまうのですか、神様?」

その後うねりをかわしながら、釣りができるエリアを絞って何度か
移動する内に、待望のファーストフィッシュ
何年釣りをしててもその年の初めてキャッチする魚は特別にうれしい
たぶんこれはこの先も普遍のような気がします

しばらく時間を置いて2本目もキャッチ
IMGP2318.jpg


結果、ワタシは2本だけでしたが、2本とも、悪魔のスイムベイト

世にたくさんあるルアー、タックル、リグからその日の状況にマッチした
取捨選択をして、ベストと思われるタックルで釣るのがバス釣り

片や、自分の思うタックル、釣りたいルアー、リグで釣るのもバス釣り

最近ワタシのバス釣りは後者で楽しむ傾向が強くなりつつあります
10歳の頃、加古川市の猫池で初めてバスを釣ってから26年過ぎましたが
釣った時の感動は今でも変わりません
やっぱいいなあ、バス釣りって

ひさびさの釣りだ~

2009.12.07 (Mon)
金曜の午後から近場の業販先へのあいさつ回り、夜には琵琶湖入りして
いつものメンバー+関東から遠征に来られた以前にお客様になって頂いた
方とそのお連れさん方との宴、そして久々の琵琶湖で土曜一日釣りと、
二日ほどお休みを頂いておりました


東日本と西日本と、距離の壁はあっても同じアソビを持つ物同士で
飲み食べ話すのは楽しいですね、ぜひ今度はこちらから遊びに行きたいです

で、土曜の釣り
私は9月以来の琵琶湖、関東からボートを引っ張ってこられた方も
ポイントなんか判りません、私の過去の記憶を頼りにこの時期の釣りを・・・

冷たい雨がシトシト降りつづける中、かじかんだ手でアタリを待つこと
約1時間半ほどでしょうか

まずは私が一発目、南湖ではディープと言える6.5mほどのボトムから
おお~バイトの出方や出るタイミングも昔と一緒や~
P1020197.jpg

同行のGRANBASS前田氏から例のエア抜き針「ベンズメンダー」借りて
エア抜きしてみる、たしかに簡単に作業できるね
P1020200.jpg

プス~ってすかしっ屁みたいな感じで簡単にエアが抜けるのが判ります
普段バスをキープしない私なんであまり気にした事がなかったんですが
今回釣った全てのバスはこのエリア、6m~6.5mほどのディープボトムへの
ジグ放置プレイでのバス、当然ボトムで食う魚なんですが、試しに
ライブウェルに魚を入れてみたところ、腹を横に向けてしまうようなことは
ないものの、魚の背中が水面から完全に出てしまうような状態、
手で背中を押して魚をライブウェルの底へもってやっても、すぐにプカンと
浮き上がってしまうのですが、エア抜きをしたところそういったことは
なくなって普通に水槽などでみかけるような魚の状態になりました


しばらく沈黙の時間が続きましたが、今度は関東から来られたボーターさん
P1020201.jpg

ナイスサイズ!なんとか琵琶湖らしい魚、よかったよかった
せっかく琵琶湖に来たんだったらやっぱこの位のサイズがないとね

今回のヒットルアーは全部P.D.チョッパーとP.D.チョッパーJrに
スイートビーバーのトレーラーで比較的ディープよりで周辺には
あんまりウィードが生えてない、でもたまにジグにウィードの元株が
かかってくるようなところでした

また遠征に来られる際はぜひ誘ってやって下さい

イカ~日本海音海

2009.09.10 (Thu)
おおっ!怒ってるのかあ?
食べごろサイズや~

2009090907120000.jpg


うわ~キレイやなあ
ポニョに出てくるイカみたいな色やん

2009090915240000.jpg



「デフレエギ vs 高級エギ対決」
今回勝負は引き分けに終わりました

朝一番にワタシがデフレエギの雄、TACTICS ENJOY製イカエギ
この時期では大きい胴長20アップを釣り、このまま逃げ切り体制に
ところがここから一気にトーンダウン

ポツポツとコロッケサイズをリリースしながらサイズを狙いますが
最後には禁断の果実、YAMASHITAのエギ王に手を出す始末
写真の美しいアオリちゃんで大会終了宣言となりました

結局お持ち帰りした2杯の胴長15センチ~20センチはそれぞれ
デフレと高級でゲットということで、デフレエギ専門家としては
最後の高級エギに納得ができませんので残念ではありますが
今回の勝利は辞退させて頂きました

高いエギに体が慣れちゃう前に、TACTICS ENJOYのみ持って日本海に行きたいです
 | HOME |  Next »