修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

本年の営業を終了しました

2016.12.28 (Wed)
以前にご案内してましたが、昨日27日をもって年内の営業を終了し、本日28日は
職場のワークスペース、事務所周りの大掃除と残務処理で本当に年内の営業を終える予定です。

明日より年末年始休暇となり、また正月明けすぐに遠方にて法事に参加予定のため年始の
始業も10日より、と今年はかなり長期の休暇となってしまいます。

お知らせしてますとおり、この間の通販でのお買い物、メール問い合わせ等は
ご利用頂けますが、お買い物商品の発送などの実作業は10日以降となりますので
当店オンラインストアをご利用のお客様におきましてはこの点ご容赦頂けますようお願いします。
メール返信についても基本的には同様ですが、あんまり溜まると10日以降の業務に支障がでますので時間があればモバイルより返信するかもしれません。


年内最後の作業はこちらの二台を平行で作業をしました。
TR82デジタル無段、最終型。
当店でお買求め頂いたお客様ですが、エレキレイク利用のためOH作業、まだ購入頂いてから日も浅く、全体的に状態は良好でした。





ベアリングやシール材、スイッチなど消耗部品類として考えますパーツの交換と各部調整などはもちろん、お持ちのエレキがどういった具合であるか、についても分かるのが当店のOH作業。
今後の使用法などについての指針にもなると思います。


こちらは15年前に新品購入されてワンオーナーでお持ちの旧ツアーTE754V。
恐ろしく状態がキレイ、中身ももちろんすばらしいコンディションでした。





シャフトカットとOH作業、この際なのでワイヤーなども短いタイプへ交換などなど、多数の作業をご用命頂きました。
年始以降の作業予定でしたが、少しでも早くお返しできるよう、わずかですがシャフトのカット加工までは済ませて続きは年始の作業とします。


年を明けますと、すぐに二月のキープキャストが待ってます。
今年は昨年以上にパワーアップしたブースと、出展内容についてももう少し、当店の本業である「修理屋」らしいことで皆様を楽しませれるように考えてます。

では2016年もたくさんのお客様、同業者様にお世話になり、ありがとうございました。
来年2017年もこれまで同様によろしくお願いします。

エレキの修理屋さん 
代表 河野真輝
スポンサーサイト

年末年始の営業について

2016.12.22 (Thu)
年末年始の営業について、ご案内します。

年内の最終営業日 27日(火曜)
当日正午までの通販利用は年内出荷手配いたします。
正午以降のご注文分については、下記にて案内します年始の仕事始め以降の出荷となります。

28日(水曜)から年始9日(月曜)まで休業日となります。
仕事始めは1月10日(火曜)より。

少し長い休業日なのですが、お正月休み明けに遠方にて法事があるため、申し訳ありませんがご了承ください。
休業日の間の通販利用分については10日火曜以降の出荷対応となります。
休業日の間のメール問い合わせについても同様に10日以降の対応となります。
時間があれば休業日の間にメール返信のみはするかもしれません。


年末にかけてもエレキ作業は毎日毎日続いております。

ミンコタ2017モデル、RT55BT/i-Pilot。
今回は60インチシャフト換装。

とにかく、ながーーーい。







逆にこちらはモーターガイドX5-80。
シャフトカットで32インチへ、レンタル仕様製作。






年内最後のマウントショート加工も上がってきてます。
本日現在、X3マウント、ミンコタエッジマウント、それぞれ新品加工済みで複数台在庫ありますよ。



ウルトレックス 第一便が入荷しました

2016.12.09 (Fri)
大変お待たせしてます、ミンコタ2017年話題のニューモデル、ウルトレックス112が入荷しました。




今後、コンスタントに入荷してくれることを祈ってますが、どうもそんなにスムースにサプライが続きそうになく、まだまだたくさんのバックオーダーが残ってる状況。

そうは言っても、とりあえず第一便が日本に入ってきて、ご注文頂きましたお客様に納品ができたのは大きな第一歩ですね。


ウルトレックスについて、細かい特徴などは後日改めてご案内するとして、現物が届いてわかったことを案内します。


ヘッドのデザインが少し変です。




どちらかと言うと、ソルト用のモデルに近いです。



マウントのロープ、最初からワイヤーです。




Gフォースハンドルなどに変える必要がありません。


ペダルのデザインが大きく変わります。




スポットロックやオートパイロットのボタンも、付属の無線リモコンからでなくとも、ペダルから操作できます。



ペダルのサイズ、従来型とほぼ同じです。






ボートメーカー純正リセスにも、おそらく入るはず。
気持ち程度、従来型より大きい程度ですね。


修理が早いのが自慢です

2016.12.03 (Sat)
よく驚かれるのですが、当店は修理に要する時間が圧倒的に短く、特にハイシーズンに予期せぬ故障で、今シーズンはもう終わりかな…と諦めてたらまさかこんなに早く修理が上がってくるなんて!と喜びの声を頂くことが多いです。

一般的に、という前提の話ですが、ある程度のパーツ在庫を持つのは修理業者として当たり前のことなんですが、残念ながら業者によってここに力を入れることによる在庫負担を嫌うこともあり、マチマチなことが多いです。

当店は逆に、とにかく部品在庫はできるだけ沢山持って、万一の際にとにかくタイムリーに対応ができるよう努めてます。


今回はミンコタソルト用i-Pilotの修理。
電源が入らない、とのことでメインコントロール基板が回路不良を起こしてました。

原因はこちら。







マウント部手前に配置されてるメインコントロール基板とは離れた、エレキヘッド部にあるi-Pilotの受診モジュールの不良。
よく見るとケース内が焦げてススで汚れ、細いリードがショートしてますね。

こちらが原因となり、メインコントロール基板も破損させてました。

i-PilotモジュールはヘッドASSYがメーカーから出てる最小の交換パーツです。






メインコントロール基板の交換はいつも通り、接着剤付きのシュリンクチューブで防水処理がメーカー指定のやりかた。
ここを疎かにすると、ソルト使用ではあっという間に端子が劣化してトラブルの原因となります。


お客様には痛い出費となりましたが、これら二点のパーツ交換で修理完了となりましたが、当店はこの二点のパーツを在庫していたことで、作業をご依頼頂いてから二日でお返しすることができました。

手前ミソではありますが、日本中探してもこれらのパーツを在庫して修理ができる業者さん、メーカーさんを入れても五人も居ないと思います。

モーターガイドTRシリーズ 販売を終了しました

2016.11.29 (Tue)
長きに渡って販売してきました、モーターガイドTRシリーズ。
最後の一台が売れ、制作、納品いたしました。



大変残念ながら、次のモデルであるXシリーズとなり、以後TR系の入荷予定はございません。


当ブログを読み起こしてみると、2005年から当店では販売してたんですね。
この間、何度か細かいマイナーチェンジを経て最終型ではかなり完成されたカタチで廃盤はもったいないのですが…。


今回はショートシャフト加工と、ブルドックマウント取り付けという、かなり珍しいスタイルでの加工となりました。







こんなことまで出来てしまうのが、当店の強みです。

ブルドックマウントは新型のXシリーズには対応してませんが、従来どおり、ショートシャフト加工、ショートマウント加工、電源ケーブル延長など、日本オリジナルスタイルであるカスタマイズは行えますので、今後も新型でご利用頂けますよう、お願いいたします。


 | HOME |  Next »