修理屋さんの日々の戯言

修理屋さんの日々の作業日報、入荷情報、キャンペーンお知らせなど日々の更新情報はこちらから

最近のお仕事 三連発

2017.03.25 (Sat)
お買い求め頂きましたウルトレックス80、アルミボートでお使いになるとのことで、フロントデッキ真下のバッテリーまで、ビミョーに足りないバッテリーケーブルの延長加工をご依頼頂きました。



ペダル裏のプレートを固定するビスと、コントロール基板固定用のビスのレイアウトも、旧モデルから少しだけ変更されてますが、基本的には同じ。







基板周りの電源の入出力も旧モデルと基本的には同じ、ウルトレックスには各種センサーが追加されてるのと、ステアリングサーボモーター用の小出力の電源出力が追加されてます。

なので、電源ケーブルの基板からの交換についても、旧モデル同様、お好きなように加工が可能です。

完成写真、撮り忘れました…。


続いてこちらは旧モデルとなってしまったフォートレックス。



少し小さめのバスボートでお使いになる、バウも浮きが少なくシャフト長を短くしたい、とのことで不可能を可能にするのが当店です。



ヒジョーにビミョーなシャフトレングスな、38インチ。


最後はいつものレンタルローボートユース。
ナイスチョイスなモーターガイドX3-70ポンド。



関西代表レンタルローボートレイクである津風呂湖でお使いになるとのことで、シャフト長33インチへカット。



電源ケーブルは最近人気の専用コネクタ仕様。
エレキの持ち運び時にケーブルがかさばらず、よりスマートに。
しかしコネクタから先のケーブル自体を忘れてしまうと釣りができませんので、ケーブル自体はバッカンなどに必ず忍ばせましょう。


マウントとバウデッキも定番のウルトラショートX3マウント+サウザーショートバウデッキ。





フルカスタムでご注文頂きました。
ご利用頂きましたお客様方々、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

ミンコタエレキ本体各種入荷しました♫

2017.03.21 (Tue)
久しぶりの雨天となった大阪、本日はエレキ本体やパーツの入荷からスタートです。






皆さんお待たしてますウルトレックスですが、今回は24V80ポンドの52インチが入荷です。
早速検品と動作確認しまして、発送いたします。




今回はめずらしいモデルも。



RTテローバi-Pilotのシャフト長72インチ!
ウルテラではなく、手動でマウントへの上げ下げを行う旧タイプですが、こちらも2017年モデルから嬉しい新機能が追加されてます。



見慣れないこちらの部品、中にゼンマイ状に金属のプレートが内蔵されてます。




プレートはシャフト上の溝に這うように伸び縮みするようになっております。

これは何のため?と言いますと、重たいエレキの上げ下げ時に、金属のプレートの巻き込む力を利用し、上げる際のモーターの重さを軽減させる仕組みです。




80ポンドクラスならまだ重たさもガマンできるレベルですが、今回のような112ポンドはモーターのサイズも爆弾のように大きく、そして重量も筋トレレベルの重たさ。。アメリカ人でも音を上げたんでしょうね。
こんなゼンマイなのに意外なほど、重たさを軽減させてくれてますよ。



ハミンバード2017Newメガイメージ

2017.03.18 (Sat)
滋賀県にありますセブンパームスさんとハミンバード正規代理店の岡田商事さんの、ハミンバードメガイメージ魚探実演会にお邪魔しております。

会場はセブンパームス能登川店ウラの井関貸し舟店さん。



今シーズンの大雪で壊れた桟橋も、立派に復活!


メガイメージですが、従来までのサイドイメージモデルで使われている、455/800キロヘルツという周波数帯からさらに上の、1200キロヘルツという高周波帯を使う、まったく新しいサイドイメージが登場したということです。




周波数帯は従来型の455/800キロヘルツとメガイメージの1200キロヘルツとを切り替えして使用できます。

メガイメージである1200キロヘルツ時と、従来型の455/800キロヘルツとで、同じ対象物を写した際の違いはかなりハッキリしてました。


よく言われる、メガイメージは魚がサカナの形に映るという話。







ちょいとボートを流しただけで、こんなのが映りました。





ウルトレックス操作体感イベント開催?&ウルトレックスについての100の質問

2017.02.23 (Thu)
先週末のキープキャスト当店ブース内で展示と操作体感イベントを開催しました
ミンコタの2017年新型のフットコンエレキ、ウルトレックス。

二日間の会期中、非常に数多くのお客様から問い合わせやご相談を頂き、当店としても
無理して一台展示してよかったなあ、二台あったらもっとインパンクトあったかも?
など余韻に浸っております。

IMG_6729.jpg


実は展示のウルトレックス、キープキャストの期間に十分間に合うタイミングで発注を
出してましたが、なかなか入荷せず、結構ギリなタイミングでの入荷でした。
しかも数に余裕がなく、普段お世話になってます茨城県のハーツマリン様のデモ機用で
ご注文いただいてましたものを無理をお願いし、お借りしたものでした。

そしてこの週末、ハーツマリン様にて気になるイベントが開催されるかも?とのこと。
こちらのハーツマリン様FBページをご覧ください。

まだ決定ではなさそうですが、順調にいけば今週末、ハーツマリンさんで実際にバスボートへ
取り付けしたウルトレックスを実際にフィールドで操作体験できるかも?


そして今回ブログで触れたいのは、ウルトレックスについての100の質問。
ではありませんが、いくつかのよくある質問に対しての回答です。
キープキャスト会場などで意外と多く聞いた質問や勘違いなど箇条形式で記載します。



1.モデル構成は?
24Vの80ポンド、36Vの112ポンド。そしてシャフト長が45インチ、52インチ、62インチ。
52インチと62インチシャフトモデルは、マウントもロングタイプが付属します。
そして通常モデルのi-Pilotモデルと、魚探とネットワークしてより高度な操作ができる
i-Pilot Linkモデルとがあります。

2.魚探と接続してネットワークできる?
i-Pilot Linkモデルに限り、ハミンバード魚探とネットワークして、魚探からエレキの操作指示を出したりできます。
普通のi-Pilotモデルは単体でしか使用ができません。
ハミンバード以外の魚探とは、ネットワークして使うことはできません。
またハミンバード魚探でも対応したモデル、ソフトウェアが入ったものでなければなりません。

3.じゃあi-PilotモデルはGPS受信しないの?
いいえ、します。i-Pilotモデルであっても、エレキ本体にGPS受信体が内蔵されてます。
よってi-Pilotモデルで単体でも、GPS受信してスポットロックなどの自動操船機能を使えます。

4.モーターに振動子が内蔵されてるみたいだけど?
ウルトレックスは全モデル、モーター部に200kHzの水温センサー内蔵振動子がついてます。
これを使うには専用のアダプターケーブルが必要で、ローランス、ハミンバードなど各社
向けの物があります。
200kHz振動子ですので、通常の2D魚探画面専用でサイド/ダウンはもちろん機能しません。

5.レンタルボートで使いたいんですが?
シャフトカット加工はできそうですが、マウントが従来型のフォートレックスと
同一タイプで、モーターガイドのエレキのようにエレキとマウントがドア式で取り外しできません。
小さなヘックス頭のボルト1本でマウント側とエレキ+マウントブラケット部を固定しており
レンタル店で朝夕に工具を持って付け外しするという行為は現実的ではないと思います。
またフォートレックスのようにブラケットを外してエッジマクサム等の軽量マウントで
使うということもできません、ウルトレックスはブラケット部にワイヤー終端や
エレキの方位を変えるモーター部が内蔵されてますためです。

6.ウルトレックスはマウントが自動で上がり下がりしますか?
半年ほど前にSNSなどで拡散してました動画、バスボートをランチングする男性、
降ろしたバスボートは無人なのに、牽引車からリモコンを操作すると自動でエレキが
降り、そして自動で桟橋へ横付けされる、というアレ。
あれはウルテラ(ULTERRA)という別のモデルです。
ウルトレックスは従来型のフォートレックスと同一のマウントで、手でハンドルを持って
マウントを引き上げて上下架させますので、従来型のエレキと同じです。

7.通販したいけど、取り付けができそうにないです
当店は全国のボート店様へ卸売りもしております。
お近くのボート店様を紹介することができますし、当店と同じ値段でお買求め頂くこともできます。

8.並行輸入品のようですが故障などの際の対応は?
当店は修理業を始めて17年目です。これまでも何度も新型の登場を目にしてきてます。
エレキに限って言えば、部品在庫は日本一だと自負しております。
ウルトレックスについてもすでに部品の注文を行っておりますので、仮に故障が起きたとしても
最小限の時間で使えない期間、お客様に迷惑をかけることがないよう日々努めております。

今日の作業 X5マウントのドアノブロック

2017.02.21 (Tue)
キープキャスト2017、大盛況でした。
ご来場頂きましたお客様には御礼申し上げます。
また当店ブースまでお越し頂き、いろいろご質問など頂いたお客様、時間の制限などもあって
ゆっくりとお話もできない時もあり、ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

今回のイベントについては、現場から随時、当店FBページにて更新をしておりました。
ブログよりも、最近だとFBの方が更新などもしやすいですし、リアルタイムでホットな情報は
ぜひ当店FBページをいいね♪でご覧ください。
今回の展示の目玉だった、ウルトレックスの動画なんかもありますよ。


キープキャストが終わればいよいよシーズンインに向けてのいつものお仕事。

モーターガイドの新型X5のマウント、バウマウントロックの実装完了しました。



ボルトの長さが短くないといけませんので、OPで選んでご注文ください。


続いてはX3-45のOH作業と一部修理。
こちらはヘッドカバー上のインジケータ破損があり、お客様の希望で交換作業。



残念ながらインジケータ単体でパーツが出ておりません、ヘッドカバーごとの交換となります。
たくさん在庫してありますので、ご希望の方はぜひお問い合わせ下さい。
 | HOME |  Next »